ペットの猫は成長記録として。本は印象に残った一節や感想など。あとは我が家のご飯とか・・・
2017年03月28日 (火) | 編集 |
一生懸命だと、

知恵が出る。

中途半端だと、

愚痴が出る。

いい加減だと、

言い訳が出る。

by:武田信玄



いつもありがとうございます
スポンサーサイト


2017年03月27日 (月) | 編集 |
今日は父の命日だったんですが、

祖父母や叔父伯母・そして父に兄貴も亡くなっているので

皆んなまとめて食事をしながら偲ぶ会をしてきました。

今も介護問題が多くありますが、

私は高校生の頃から下の世話をしていたので、

どちらかと言うと介護には慣れている方。

昔はケアマネとかヘルパーさんも充実していなかったので、

とっても家族の負担が大きかった。

兄貴に至っては大学に入ってすぐに癌になったし、

同時に父親が入退院を繰り返していたし、

祖父が付き添いの必要な介護になったしで、

考えてみると忙しい日々だったわけですが、

母が元来が明るくてのんびり屋さんで、

あまりキリキリと神経質にならない性格のお蔭で

介護が大変だったと記憶にない。

オムツ交換やら清拭やら入浴やらと

母と二人で淡々とこなしていた。

父が亡くなり、祖父が亡くなり、祖母が亡くなり、

兄貴が亡くなり、叔父叔母が亡くなり・・・

続いたなぁ~

さすがに父が亡くなった時は

タオル一枚がぐっしょり濡れる程泣いた。

葬儀の時に友人達が多く来てくれてそれでまた泣いた。

そんな思い出話も含めいろんな話で盛り上がりました。

生きている人が無事故で元気でいるのは亡くなった家族が

見守ってくれているお蔭。

常々母が言うので耳にタコ。

実感しています。

特に母が元気でいる事に感謝です。

祖父母も父も兄も叔父叔母も、

お世話してくれた母への恩返しに元気でいさせてくれていると

思っています。

今日の食事会もこれだけの品数をほとんど口をつけていました。

こちらのお店は残ったお料理を折詰にして下さるので

残したお料理は持ち帰って来ました。

味がとっても美味しくてセンスの良い盛り付けと

お洒落な店内で我が家皆んなのお気に入り店(^^)

年に一度訪れるお店ですが、母は「来年も楽しみだネ」と言って

最後に出された日本茶を美味しそうに飲んでいました(^^)

まだまだ元気で長生きして下さいよ~お母さん!(^^)


タ


ツ


k_20170327231944338.png




いつもありがとうございます


2017年03月27日 (月) | 編集 |
思考に気をつけなさい、

それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、

それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、

それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、

それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、

それはいつか運命になるから。


by:マザー・テレサ



いつもありがとうございます


2017年03月26日 (日) | 編集 |
昨夜は飲み友達三人集まって17時から22時までゆっくり

食べて飲んで来ました(^^)

a_20170326183908e0e.png
Tさんはカクテル系を5~6杯。

Mさんはビール・カクテル・酎ハイとやはり5~6杯。

私は、ホット梅酒のみ3杯に熱いお茶(笑)

お腹いっぱい!

飲み放題でコース料理だったのですが、元を取ってまいりました(^^)

帰りは少しコーヒーを飲みたくなってファミレスに寄り道。

私とTさんはドリンクバーでコーヒー。

Mさんは、アサリのパスタを食べていました!

あんなに食べて飲んだのにま~た食べるの!と二人で驚き。

しかもMさんはスレンダーな体型で、

Tさんは肥満型。

私は小太り型。

痩せている人の方が食べるんだなぁ~

羨ましいわ~

楽しい夜でありました(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・

翌日である本日朝8時に昨日の痩せの大食いのMさんより電話。

「今日午後から手作り梅酒を持って行きたいんだけど良い?」

との事でしたので、せっかくなのでランチを一緒に食べる事にしました。

その後に肥満Tさんから痩せのMさんにラインが来たそうです。

肥満T 「いや~お腹いっぱいで今朝もお腹満腹だわ~」

痩せM 「そうなの?今日小太りCNとランチする事にしてたんだけど」

肥満T 「あっそ。仕方ない、食べてやっか」

と言う事でまた三人集まってランチ(笑)

b.png
肥満Tさんは、

「昨日の名残でお腹いっぱいで何にも食べられないなあ」

と言っていたのに、メニューを見た途端、

あれも食べたいこれも食べたいと言い始めて皆で大笑い(^^)

しかもデザートまで(^^)
c.png


飲み物は、紅茶。
d_201703261853261fc.png

結局また食べてしまった・・・(笑)

痩せる痩せないの話題で盛り上がるし(笑)

で、肝心の梅酒!
u_20170326185740055.png
5リットル入り瓶に8分目位です。

たっぷり! 超嬉しい(^^)

ホット梅酒一杯でぐっすり眠れます。

今夜も一杯やりながら眠りますかネ(^^)




いつもありがとうございます


2017年03月22日 (水) | 編集 |
三月書房より。
【三月書房の小型愛蔵本 。
1961年から56年以上ひっそりと着実な支持を得て出版され続けてきた三月書房の「小型愛蔵本」シリーズ。
しっかりと糸で綴られた本が、ひとつひとつ手仕事で丁寧につくられた函に収められた造本が魅力のひとつです。
多彩な執筆陣による珠玉の随筆が収録されています。】


012_20170322210337404.jpg
函から本を取り出す時に良さが実感できます。

するっと取り出せるんです。

絶妙の職人技です。




013_20170322210446bcc.jpg
函の背表紙文字は黒。

本体の背表紙は、銀色の文字刻印。

高級感が漂います。



022_20170322210642266.jpg
丁寧な手作業で製本されています。

一ミリの狂いもなく断裁され手縫いされ、

貼りつけされ、手触りが滑らかです。



021_20170322210725407.jpg
丁度文庫本サイズです。

本体は布張り。

函はザラっとした手触りの厚手紙です。


「小説の神様」と言われている志賀直哉の随筆集を

高級な本に一冊にまとまっています。

こだわりの本造りに感動します。

大事に読み大事に扱い大事に心に残るよう作られた

職人技の一級品と思います。

一冊2200円。

決して高い本ではないと思いました。

因みにワタクシは、中古本で購入でしたが・・・(^^)




いつもありがとうございます


2017年03月22日 (水) | 編集 |
また寒さがぶりかえして来たような一日でした。

日中は良いんですが、夕方になると風が強くて冷たくて、

お肌もカッサカサ・・・


今夜は、麻婆丼にしました。
006_201703222056172ef.jpg



超簡単、無限カニカマ
007_201703222056408c4.jpg
①キャベツを千切り。
②カニカマを細くほぐす。
③ツナ缶の油を切っておく。
④ボールにキャベツ・カニカマ・ツナを入れる。
⑤砂糖・めんつゆ・ごま油・塩コショーをいれ味付ける。
⑥よく混ぜて器に盛り、白ごまを振って出来上がり。


バナナヨーグルトを添えて。
008_201703222058424f8.jpg

今日もお腹いっぱい。

感謝であります(^^)



いつもありがとうございます


2017年03月21日 (火) | 編集 |
お天気に恵まれた三連休明けは、雨。

朝からシトシト。

少し気温も低かったです。

タイヤ交換をいつするか迷いますねェ。

もう一回位ドカンと雪が降るかなぁ・・・

・・・・・・・・・・・・・

今夜は、豚肉の味噌漬け焼き。
001_20170321202311428.jpg




値引き品のお刺身とバナナを添えて。
002_20170321202353bfd.jpg
これだけでお腹いっぱいなので、ご飯はなし。


・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の世界ねこ歩きをじっと見る白ミコちゃん。
006_20170321202521bdb.jpg
今回はシンガポール編だそうです。

仲良し2匹を羨ましそうに見ている感じですネ(^^)



いつもありがとうございます


2017年03月20日 (月) | 編集 |
本日の春分の日は、一日お天気が良くて気持ち良かったです。

で、お墓参りに福島へ行って参りました。

福島は相馬近くの「新地」あたりの景色。
003_20170320165923cea.jpg
震災で全てを流された地域。

行く度に緑が増えています。


お昼は道の駅で「ベーコンカツサンド」とピーチティ。
006_2017032017003131c.jpg
お天気が良かったので、

皆さん外のデッキで食事されていらっしゃいました。

すこ~し冷たかったけど、気持ちよい風でした。

墓園には多くの墓参客が訪れておりまして、

綺麗な花が鮮やかに青空に映えていました。

我が家のお墓を見ましたら、

親戚や知人の方々が既に墓参にいらしてくださったようで、

山のような菊やユリやカーネーションなどがお供えしてありました。

せっかくお供えして下さった花ですので、

持参した花は隅っこに活けさせてもらって、

菊の葉などを摘み取りすっきりと整理して来ました。

お線香跡が山のようになっていて、

皆さんに感謝でホロっとしてしまいました。

そんなに近くに住んでいないのに

わざわざ訪れてお線香あげてくださり、

本当に有難いと手を合わせて来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無事墓参も済み、まっすぐ帰宅予定でしたが、

ここ数日より体調が思わしくない母の為に

果物とチーズケーキをお土産にお店に寄り道。

果物はオレンジを購入。

チーズケーキは素敵なカフェのテイクアウト。
007_2017032017111753e.jpg



こちらのカフェは、チーズケーキとコーヒーor紅茶のみのメニュー。
013_201703201712132b6.jpg


014_201703201712369fb.jpg
マスター一人で営業しているカフェです。

自家製チーズケーキはマスター自信作。

きめ細かくしっとりとしていてまろやか。

午後の憩いのひと時といった感じで癒されました(^^)




いつもありがとうございます


2017年03月19日 (日) | 編集 |
006_20170319211910980.jpg
二冊読了。

一冊は動物を使ったストーリーが読めるお涙頂戴物語。

装丁が華やかで特に若い女子は手にとりやすい。

個人的にはライトノベル系の装丁が苦手。

ドラマ・映画にもなった作品も複数ある人気作家さんなので

好きな人は多いと思います。

感受性豊かな人には再読したくなる本と思いますが、

もう感受性も底をついたお年頃なワタクシには泣けませんでした・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一冊は登場人物とストーリーにひねりを入れているミステリー系。

こちらも人気作家。

ドラマ・映画にもなった作品も複数。

読み手を戸惑わせて、

「なになに次どうなるの?」手法の一気読み推奨本。

もって行き方は独特の世界観のある人なので

さすが人気作家さん、工夫があると思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

世間の書評ではどちらも高評価。

失礼ながら、わざわざ題名も出さず裏に臥せているのは・・・

単純に私の好みではなかったからです(^^)



いつもありがとうございます


2017年03月19日 (日) | 編集 |
松浦弥太郎

「どんなことでも楽しむための工夫をしてみる。
工夫をするとコツが見つかる。
コツは魔法となって、
わたしたちの暮らしをきっと美しくしてくれるだろう。」
◆仕事を楽しくする方法
◆人づきあいのきほん
◆食べ物の味わい方
◆大人の服の選び方
◆50歳からの幸せな生き方・・・など


・・・・・・・・・・・・・・・・

日本蕎麦は音を立てて「すする」のが普通。
しかしある名高い東京の老舗蕎麦屋のご主人が、
「蕎麦はわざわざ音を出してすすって食べるのが
良いとされているけれど、それは違う。
すすることでうまくなるうんちくがあるらしいけれど、
単に蕎麦は、食べる時にすする音が出てしまっても
許される料理とされて来ただけ。品良く食べるのが良い。」


・・・・・・・・・・・・・・

日本料理のお椀の掟。
料理人としてはとにかくお椀が本題。
あつあつのお椀を召し上がって頂きたい。
お椀が出たら、どんなに大事な話しをしていても、
それはひとまずおいて、
お椀をいただかなければならないという掟がある。
最初に出す、つきだしとか、
先づけというようなものは、
まさにあつあつのお椀を
美味しく食していただくための
前準備のようなものである。
ということで、日本料理における、
お椀の掟は守らなくてはいけない。
「お熱いうちにどうぞ」とはそういう事。

・・・・・・・・・・・・・・・

暮らしの手帖初代編集長、
花森安治さんが残した実用文十訓。
①優しい言葉で書く。
②外来語はさける。
③目に見えるように表現する。
④短く書く。
⑤余韻を残す。
⑥大事なことは繰り返す。
⑦頭ではなく、心に訴える。
⑧説得しようと理詰めで話しを進めない。
⑨自己満足をしない。
⑩一人のために書く。
たどたどしくはあったとしても、
読んだ人の心にいつまでも残る文章は、
ありうると、この十訓は教えてくれている。




いつもありがとうございます


2017年03月19日 (日) | 編集 |
今日の仙台はお天気が良くて気持ち良い一日でした。

ちょっと風がありましたけど寒くはなかったです。

そんなお天気の気持良い日、午前中仕事・・・

まぁ良いけど・・・

就業後はキッチャ店で休憩タイム。

本日我がクラブボラメンバーさんが

里親希望者さんへ猫ちゃんをお届けするとの事で

途中で待ち合わせて飲み物を差し入れ。

資料作りをしていたのでそのファイルも渡しました。

ゆずシトラスティーなる飲み物。
ゆずシトラスティ-

はじめて飲んだんですがとっても美味しいですね。

果肉とゆずの皮が入っています。

美味しいなぁ~。


居心地の良い雰囲気の屋外席。
スタバ
もう少ししたら青葉が色濃く賑わい、

更に雰囲気が良くなりますネ(^^)


いつもありがとうございます


2017年03月18日 (土) | 編集 |
三連休ですねぇ。

ワタクシは午前中のみ仕事。

お昼はラーメン屋さんで豪麺と言う名の味噌ラーメン。
002_20170318185620213.jpg
チャーシューが2㎝位あります。

ホロホロと崩れて柔らかいチャーシューが美味しかったです。

麺も調整出来て私は少な目をお願いしましたが、

麺は少なかったけどもやしが多くて多くて・・・残してしまった・・・

味噌が薄味でこの歳には丁度良い。

お若い方々はテーブルに置いてある調味料で調整出来ます。

ご年配の女性店員さんが二人。

笑顔で優しくて気遣いのお二人の接客に

さらに美味しさが加味され、また行きたいと思いました(^^)

。。。。。。。。。。。。。。。

こちらは米粉パン屋さん。
004_20170318190920267.jpg

店内には3つテーブルがあって、

無料のコーヒー飲み放題でパンを食べる事が出来ます。

ふわ~っとモチモチのパンです(^^)

揚げパンが人気のようです。

次回購入しようと思います(^^)
006_201703181902557a5.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・

お昼も食べてパンも買って、

その後はゆっくりと図書館で読書三昧。

カフェが併設しているのでお気に入りの席でゆっくりして来ました。

お休みの日と言う事もありますが、

ご家族やカップルやお一人様で満席。

お茶を飲みながらお気に入りの本を読む一日を

皆さんも満喫していていました(^^)




いつもありがとうございます


2017年03月16日 (木) | 編集 |
無題

アルフィーの坂崎幸之助さん(62歳)の野良猫への意識改革のお勧め本です。

と~っても読みやすいエッセイです。

あっという間に読み終えます。

一時間もかからない位です。

誰にでも分かりやすく優しく書かれています。

坂崎さんご自身、保護猫・里親探し・餌やり・

地域猫への啓蒙活動をされていているんですねぇ。

猫エイズ・猫白血病・伝染性腹膜炎などを発症した瀕死の猫を

自宅で終生飼育し、何匹も腕の中で亡くしているそうです。

現在も飼っている猫や亡くなった猫・保護猫の思入れと愛情ある物語が

写真と共に表現されています。

写真もプロ級なのでみんなモデル猫のようですヨ(^^)

坂崎さんは「秘密結社」と自分でつけた名前の

「地域猫の餌やりおばさんボランティアグループ」の一員としても

参加して活動しているとの事。

いろいろ勉強になる一冊でした(^^)



いつもありがとうございます


2017年03月15日 (水) | 編集 |
今夜は、洗い物節約の為ワンプレート。
003_20170315184658cb0.jpg
コロッケ・かきフライ・かにかまサラダ・ほたるイカの醤油漬け・

わらびのお浸し・きくらげのすまし汁・イチゴ。

コロッケとかきフライはお惣菜屋さんで購入。

生きくらげはお刺身でも美味しいみたいですが、

おすましにして溶き卵をまわしかけて作りました。

きくらげって全食品の中でビタミンDの含有量がダントツ一位だそうです。

骨や歯・免疫力を高めて糖尿病やガンの抑制にも優れた食品だそうです。

精神安定にもつながるのでうつ病にも効くそうですヨ。

きくらげばっかり食べてはいられませんけどね・・・

中華料理などの時に積極的に取り入れようかなぁと思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この細い足でその体を支えているのも大変ですなぁミコちゃん(^^)

004_201703151857516c5.jpg




いつもありがとうございます


2017年03月14日 (火) | 編集 |
小学校時代からの大親友三人集まり食事会。
004_20170314214753730.jpg
手前に写っている大きな海老乗せ「春のパスタ」が

とっても美味しかったです。

オムライスとステーキはお肉が柔らかい。

オムライスは1/3程残してしまい三人でも食べきれませんでした。

こちらのお店はピザも美味しいです。


008_20170314214958754.jpg
デザートは冷たいアイス系。

ドリンクバーなのでお茶・紅茶・ココア・カフェラテと

4杯もおかわりしちゃった(^^)

店内にお客様が数人のみでつい長居してしまいました(^^)

何だかんだとおしゃべりが盛り上がり、

気が付くと5時間もいました(笑)

あ~楽しいひと時でした~!

明日からまた元気に頑張ろう!



いつもありがとうございます


2017年03月13日 (月) | 編集 |
簡単だよって教えてもらったので早速作ってみました。

007_20170313213923966.jpg
①新たまねぎに十文字に切れ目を入れる。
②炊飯ジャーにたまねぎ・ウインナー・ベーコン・
  水3カップ・鶏ガラスープ。
③スイッチON。
④出来上がりにブラックペッパーをちょいと振りかけて出来上がり。

玉ねぎが超柔らかくて甘くて歯茎だけの人でも食べられます。

ウィンナーが赤いので出来上がったスープの色がイマイチでした。

粗挽きウインナーとか皮なしウインナーとかだと

綺麗な色になると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

010_20170313215237979.jpg

「おひけ~なすって」




いつもありがとうございます


2017年03月10日 (金) | 編集 |
昨夜はもつ煮込み。
無題
①鍋のお湯に白もつを投入。
②アクを取りながら5分。
③ざるにもつを移し水で本当は丁寧に洗う。(私はザザッで終わり)
④大根・人参をいちょう切り。ごぼうは斜め薄切り。
⑤鍋のお湯にもつ・大根・人参・ごぼうをドバっと入れる。
⑥お出汁いらないヨ。
⑦アク取りする。
⑧10分位したら味噌投入。
⑨ここからコトコトじっくり煮込み(2時間位)
⑩私は、30分位で出来上がりとしました(待っていられなかった・・・)

無性に食べたくなる時がありまして

白モツが値引きになっていたので購入。

大根と人参とごぼうのしなびけたのがあったなぁと思いだして

モツだけ買って帰りました。

味噌は「まつやのとり野菜みそ」。
G_201703101056451bd.png
このお味噌のお蔭で超楽に煮込み出来ます。

お出汁も入っているし味がすこぶる美味しいですもんネ(^^)

石川県名産品ですよね。

普通に生協で売っていて嬉しい一品です(^^)

じっくり煮込むともっとモツが柔らかく味がしみ込んで美味しいです。

私は適当にしてしまい、

味噌に助けられて、かろうじて食べられました(笑)




いつもありがとうございます。


2017年03月09日 (木) | 編集 |
夕べは、豚肉。
IMG_3124.jpg
①豚バラ肉に塩コショーと小麦粉少々を振る
②玉ねぎをみじん切り。
③ボールに醤油・酒・みりん・チューブしょうが・ハチミツ・
みじん切りの玉ねぎを入れ良く混ぜ合わせてタレを作っておく。
④豚バラ肉を炒める。
⑤タレを入れてからめる。
⑥器に盛ってみじん切りの水菜を散らして出来上がり。


らっきょう漬けで酢の物。
IMG_3125.jpg
①きゅうりを輪切りし塩少々ふって揉んだら少しほったらかす。
②タコをぶつ切り。
③出来合いの甘酢らっきょう漬けのらっきょうを薄切り。
④きゅうりを水洗いしてキッチンペーパーで水切り。
⑤器にきゅうり・たこ・生食用えび・薄切りらっきょうを入れる。
⑥甘酢らっきょう漬けの汁を入れて混ぜたら出来上がり。



かぼちゃのサラダ。
IMG_3126.jpg
①かぼちゃの皮を剥き柔らかくボイルしてつぶす。
②スライス玉ねぎを水につけて辛みを減らす。
③ボールにマヨ・砂糖・かぼちゃ・玉ねぎを入れて混ぜて出来上がり。


お稲荷さん。
IMG_3127.jpg

いや~満腹でありました。

ワタクシの名誉の為に申し上げれば、

稲荷寿司は3個しか食べられませんでした(ヘヘ)

残り3個は今日のお弁当に(笑)



いつもありがとうございます


2017年03月07日 (火) | 編集 |
002_20170307210332d48.jpg
先日セルフ型のキッチャ店に行った時の事。

私の後から入って来た高齢の男女4人のシニアーズが席につくなり、

男性シニア氏が・・・

「ねえちゃん!メニュー持って来い!」と言いまして、

店員さんにメニューを持って来させました。

店員さんは丁寧に

「お決まりになりましたら

カウンターにてお支払頂けますでしょうか?」と言うと・・・

シニア氏は・・・

「良いがらこごで金やっから!

年寄りを歩がせんな!」と言いました。

店員さんはいやな顏もせずお会計と品物を運んでくれました。

少しすると今度はシニア氏の携帯が鳴り響きました。

「おー!なにどごさいんのや?え?

なんだべ今皆んなしてお茶(じゃ)飲んでだんだ!

んだが!んであど少ししたら行ぐら待ってろ!」

と言って切りました。

ワタクシは背中にこのやりとりが全部聞こえていたわけなんですが、

思わず後ろを振り向いて睨みつけてしまいました。

女性シニアさん一人と目があって彼女は下を向いてしまいました。

結局あーでもないこーでもないと

声高におしゃべりをしたシニアーズは

10分位してガタガタと椅子やテーブルの音をさせながら

席を立って行きました。

とても年寄りとは思えないスタスタ歩きでした!

シニアーズがいなくなった店内はいっきに静かになりました。

ちらっと周りを観ましたらあのシニアーズ以外は若いお客さんばかり。

皆さん静かにおしゃべりしていました。

ワタクシはコーヒーの味も香りも楽しむことが出来ず、

半分以上残して席を立ちました。

すると、先ほどの店員さんがササっと近寄って来て

カップを受取ってくれました。

中身が残っているのを見た店員さんは、

「大丈夫でしたか?」と聞いてきました。

どういう意味か一瞬分からなかったのですが、

「大丈夫です。ご馳走さまでした」と言いました。

外に出てからあの店員さんは、

うるさくて落ち着いて飲めなかったのではないですか?

と気遣ってくれたのだなと気が付きました。

コーヒーを残すと言うのは不満の現れと思われたのですね。

かえって申し訳ない事をしたと自分も反省したというお話でした(^^)

001_20170307210346ccc.jpg


それにしても笑顔で丁寧な接客に感心しました。

「ねえちゃん」呼ばわりされてもよく我慢した素敵な店員さんでした。

また行ってみようと思います。

元が取れるほど長居するかも^m^



いつもありがとうございます


2017年03月04日 (土) | 編集 |
025_20170304223102e29.jpg





027_20170304223124aff.jpg






029_20170304223145485.jpg





いつもありがとうございます


2017年03月04日 (土) | 編集 |
今日は猫ボラ先輩Aさんと猫ボラセミナーに参加して参りました。

Aさんは啓蒙パネル展のお手伝い。

003_20170304203906b73.jpg

仙台市内と言うか県内のボランティアグループさんも

個人団体含め多く存在しておりまして、

多くのボランティアグループメンバーさんが道行く皆さんへ

殺処分ゼロ・TNR・保護活動・地域猫等の啓蒙活動をしていました。

募金活動もしていたのですが、多くの人の募金があったようです。

我がクラブ代表Aさんも啓蒙活動中(^^)
005_20170304204226bdf.jpg


写真家の小西修さんのパネルも展示していました。
009_2017030420431983f.jpg
今日の主催者は猫グッズ店経営者なのですが、

お店で小西さんのフォトカードも販売しているそうです。

多摩川の野良猫たちの悲惨な現実が多いものですから

道行く人の中には「見ると辛いから見ないで行く・・・」

と通り過ぎる人もいました。

012_20170304204728e42.jpg

心を痛める写真が沢山でした。

そんな猫を一頭でも減らす為にはどうしたら良いでしょうか?

と言う基本のテーマのセミナーをAさんと拝聴して来ました。

東京都千代田区は全国でも猫の苦情がほとんどない地区なのだそうです。

それは地域と行政とボランティアが連携した

猫との共存を成功させたからだそうです。

①猫は野生動物ではない。伴侶の動物。

②悪意のない終生飼育が野良猫を発生させる。
 ※外に出てしまい行方不明になった猫を探さず放置してしまうから。

③猫は交尾すれば100%妊娠する。

④戸外で生まれた子猫が生き延びるのは大変厳しい。

⑤殺処分される猫は年間10万超。そのうちの6割以上が子猫。

⑥優しい無責任が殺処分を増やしている。
 ※避妊去勢せず可哀そう可愛いだけで餌やりをし子猫を生ませてしまう。

⑦野良猫と言うのはいない。「飼い主のいない飼い猫と言うべき」

⑧東京都23区が避妊去勢助成制度がある。

⑨手術済の猫を「地域猫」と呼ぶ。

⑩TNR(捕獲→手術→元に戻す)後はボランティアではなく
 地域の人が餌やりをして猫と共存する事。

人によっては、ボランティアが捕獲して避妊去勢をして元に戻すなら、

そのボランティアが餌やりの責任をすべきだと言う人がいるそうです。

そういう人は大抵「猫嫌い」なのだそうです。

都会は特に餌やりさんが多いそうです。

地域に猫がいれば必ず世話好きの餌やりさんがいるので

地域の人に任せるべきとの事。

ボランティアは避妊去勢手術をする事に重きをおくだけにしなければ

必ずや崩壊するとの事。

経済的・精神的に追い詰められて崩壊したボラと地域を多くみているそうです。

保護して飼い猫にする事が望ましい。それはまた次の段階で勧める事。

野良猫が飼い猫になるまでには時間と労力がかかる。

ボラのキャパオーバーが現実。

まずは野良猫の絶対数を減らす事。

地域の人が地域猫の飼い主として共存する事を目指す事で

千代田区はモデル地区となった成功例との事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらにくわしく深くお話し頂きました。

仙台市の行政に対する物足りなさも痛感しました(笑)

それでも今年から宮城県も野良猫の助成システムが大きくなりました。

議員さん頑張って下さいました(^^)

いろいろ勉強になった一時間でした。

地域の人とのコミニュケーションの大切さも感じましたが、

人見知りのワタクシにはこれが一番の難題であります・・・


難しいと言えば難しいですが、

やれる事をやれる範囲でやる!

それで良いかなと思いながら拝聴致しました(^^)

帰りはAさんと上島コーヒーで2時間位いろいろ語り合って来ました。

と言うか復習がてら、いろいろ教えて頂いて来ました(^^)



いつもありがとうございます


2017年03月01日 (水) | 編集 |
今夜は、じゃがいもとにんにくの芽の炒め物。
005_201703011958275dd.jpg
①皮付きじゃがいもをよく洗い乱切りしレンジで6分。
②豚バラとにんにくの芽を適当に切る。
③油で豚肉→にんにくの芽→じゃがいもを炒める。
④醤油・砂糖・みりん・酒・ラー油で味付けて出来上がり。


玉こんの煮物。
006_20170301200142ae4.jpg
①玉こんを軽く湯がく。
②鍋に水・本だし顆粒をパラパラ。
③玉こんを入れてゆでる。
④するめ・醤油・砂糖・酒・みりんでコトコト煮る。
※水はたっぷりの方がお出汁が効いて美味しいヨ(^^)



007_20170301200456f35.jpg
まぐろのお刺身ときゅうりの浅漬け。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩合光昭さんの世界ネコ歩きを観ていたら・・・



008_201703012008056e2.jpg

私より真剣に見ている子が・・・(笑)




いつもありがとうございます


2017年03月01日 (水) | 編集 |
無題
大坂天満の呉服商「五鈴屋」の女衆だった幸は、
その聡明さを買われ、店主・四代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、
夫を不慮の事故で失い、十七歳で寡婦となる。
四代目の弟の惣次は「幸を娶ることを条件に、五代目を継ぐ」と宣言。
果たして幸は如何なる決断を下し、どのように商いとかかわっていくのか。
また、商い戦国時代とも評される困難な時代にあって、
五鈴屋はどのような手立てで商いを広げていくのか。
奔流に呑み込まれたかのような幸、
そして五鈴屋の運命は?大好評シリーズ、待望の第三弾!


・・・・・・・・・・・・・・・・・

一巻と二巻も読んだはずなのですが、おぼろになってしまい

イマイチどんな物語だっけ?と思い出しながら読みましたが、

それだけなんとなくモヤっとする今回のシリーズと感じています。

なんかちょっと幸が良すぎないか?

ここぞっていう時のポイントやアイデアを出し過ぎ。

控え目にしていながらなぜか幸の思う方向へ導くわけなんですが・・・

しかもどうしても幸のキャラクターがはっきり目に浮かんで来ません。

18~20歳になった幸が大変な美貌となっているのは分かるのですが、

そういう事じゃないんですよね。

物語としての幸の成長が見たいわけなんですよね。

夫婦となった惣次と幸の寄り添う愛情が老舗店成長の為だけって感じ。

残念な事ばかり言っちゃって~申し訳ないですm(__)m

何だかんだ言いながらも次巻も読むでしょう(^^)

頂いた図書カードで買った本なのに文句言ってすみません(^^)m(__)m



いつもありがとうございます


2017年03月01日 (水) | 編集 |
BSの「イッピン」と言う番組で紹介されていました。

山口県の萩焼。

400年もの歴史ある焼き物。

素朴な萩焼も素敵ですが、「金子司」さんの

ポップな色合いとデザインの萩焼がとても素敵でした。

http://www.saitoan-online.com/?mode=cate&cbid=750401&csid=0



いつもありがとうございます


2017年02月26日 (日) | 編集 |
今日は現在宮城県立美術館で開催中の

「ルノワール展」を鑑賞して来ました。

001_2017022619370846a.jpg
混んでいるかなぁと思いきや程よい人でゆっくり鑑賞できました。

少し風が冷たかったのですが、美術館から街なかまでそぞろ歩き。

緑の時期ではなかったのですが、自然を満喫(^^)

お昼はビルの地下の和食屋さんで。

004_201702261945024e0.jpg

何だか今頃お正月が来た感じ(^^)

とても味付けが良くて女性好みにしているように思いました。

005_201702261946466dc.jpg



006_20170226194709456.jpg



007_20170226194729a84.jpg



008.jpg



009_20170226194814bd9.jpg



010_20170226194832858.jpg

一つ一つが丁寧な作りでじっくり味わって来ました(^^)


趣のある店内でした。
013_20170226194919426.jpg


部屋も落ち着ける雰囲気で癒されました。
014_20170226195003e8b.jpg


お給料もらった後なので贅沢してしまいました。

明日から地味飯と質素に過ごして、

来月また月に一度の贅沢をしたいと思いました(^^)



いつもありがとうございます


2017年02月23日 (木) | 編集 |
今夜は白菜カレー。
002_20170223201050874.jpg
①白菜ざく切り。
②玉ねぎみじん切り。
③オリーブオイルでチューブにんにくとチューブしょうがを炒める。
④玉ねぎと白菜を入れて炒める。
⑤合挽き肉を入れて炒める。
⑥トマトジュース100cc位入れてフタをし、弱火で20分。
⑦カレールーを入れて弱火で10分。
ウィンナーがあったので一緒に入れました。
※味の調整は水とハチミツとか牛乳で適当に(^^)




いつもありがとうございます


2017年02月21日 (火) | 編集 |
風が強くて冷たくて雪もちらついた本日の仙台。

寒い夜は温かいスープ系が何より。

と言うことで簡単に・・・。
001.jpg

白菜・にんじん・しめじ・ブロッコリー・ベーコン・ウィンナー入り。

熱々~!うま~!(^^)


・・・・・・・・・・・・・・・

先日友人とファミレスに行きました。

店員さんに案内して頂いた席に座りまして

何気に通路挟んでお隣りを観ましたら・・・

6~7人のヤクザーズと言うかチンピラーズでした・・・

人数と風体の割に声も低く話していたのですが、

途切れ途切れの単語が不穏な言葉で・・・

少しして兄貴らしい人が登場すると全員立ち上がり挨拶。

もう耐えられなくなって店員さんにお願いして席を移動。

これで安心してお茶飲めると仕切り直しでドリンクバーに行きました。

コーヒーを淹れていると隣りにやって来たのは、

先ほどのヤクザーズかチンピラーズの一人・・・

チラっと顔を見てしまった・・・

幼い顔をしていました。

何だかなぁ~・・・

その人生で良いのかい?って聞きたくなってしまいました・・・






いつもありがとうございます


2017年02月19日 (日) | 編集 |
整列!

003.jpg







休め!

004_20170219201932b74.jpg




いつもありがとうございます


2017年02月19日 (日) | 編集 |
今日は我がボラクラブメンバー4人で会議後、

タイ料理でランチをして来ました。

実はワタクシ・・・

香草が苦手で食べられるか不安だったんですが・・・

まずは二種類のカレーを皆んなでシェアしながら頂きました。
002.jpg

タイ米に丸いスプーンで頂きます。

甘くて辛くて少し香草の香りと味・・・

手前のチキンカレーが美味しかったです。

奥のグリーンカレーがパクチー入りのようで一口頂いて挫折・・・


こちらは透明の麺ともやしとニラの炒め物かな・・・

ナッツも入っていて甘辛くてとても美味しくて私が一番食べました^m^
004_201702191923176c3.jpg


お次はトムヤムクン。
005_20170219192508eef.jpg
スープを一口飲んだだけで挫折・・・

パクチーが効いていて皆さんは美味しい美味しいと喜んでいました。


最後は野菜サラダ。
006_20170219192702a2a.jpg
サラダなんですが、ドレッシングと言うかタレが多く、

ご飯にかけながら食べるのだそうです。

ピリっと辛くてそれでいてさっぱりした味で美味しかったです(^^)

3人はかなりお気に召したようでご飯をお替りしていました。

お替わりのご飯がもち米で、おふかしですね。

それを手でちぎってサラダのタレにつけながら食べるのだそうです。

いろいろタイ流の食べ方を教えてもらいながら食べました。

スプーンとフォークを使っての食べ方なども勉強になりました(^^)

009_20170219193201225.jpg
店員さんみなさんがタイ人ですが丁寧で笑顔で素晴らしかったです。

とにかく良く動く。常ににこやか。親切。

偉いなぁ~と感心しきりでした(^^)

タイの人は一日5食くらい食べるのだそうです。

でも太っている人がほとんどいないのは、

一食が少ないのだそうです。

日本でうどん一杯はタイの人にとっては二人分位に思うそうですヨ(^^)

タイに長年住んでいたメンバーのAさんの話が面白くて、

皆んなでタイ旅行した~い!行こう!とまで盛り上がる程(^^)

香草の効いたタイ料理が苦手な私は行けないなぁと思っていたら、

なんと日本料理が豊富にあるのだそうで、

しかもとっても美味しいのだそうです(^^)

ホント猫ちゃんのお世話をしてくれる人を確保出来たら

行ってみたいなぁ~と本気で思った本日でありました(^^)



いつもありがとうございます


2017年02月18日 (土) | 編集 |
昨夜は半年に一度集まるメンバーでの会食でした。

昨年はそれぞれメンバーの都合が合わずに会えないでいましたので、

久しぶりで和やかに盛り上がりました(^^)
2_201702181417224c3.png
2時間飲み放題で一人4,000円なんですが、女性はいつもご馳走になるので、

お返しを用意して置きます。

今回は女性メンバーさんに頼んで用意してもらいました。

グリーンのタオルなんですが、高級タオルで、

貰ったら嬉しいけど自分では買わないという品物(^^)

表がインド綿のような肌触りで裏がパイル地なんだそうです。

言われても思いつかないんですが・・・(笑)




1_20170218141744f34.png
旅行会社に勤めているメンバーTさんがいまして、

冬なのに日焼けしていました。

先日はタイからのお客様を京都観光に案内したそうです。

100人位の観光客への添乗員として引率するのは大変だったでしょうに、

お客様に楽しんで頂くよう計画して喜んで頂いた事を

にこやかに話していて、

とても仕事を大事にしているなぁと感心して聞いていました。

しかも今年の7月に退職するメンバーOさんがメンバーTさんの旅行会社の

顧問として再就職するのだそうです。

それも旅行会社Tさんからのたってのお願いで顧問になるそうです。

良きご縁が繋がっているようで皆で乾杯!(^^)

帰りは代行で帰って行くメンバーさん達をお見送りして帰路へ。

寒い夜も心温まる会食会に風の冷たさも心地良い夜でした(^^)




いつもありがとうございます


2017年02月16日 (木) | 編集 |
白ミコは朝台所に私がいると必ずやって来ます。

邪魔はしません。

こうして窓を開けてあげるとず~っと外の景色を眺めます。

今朝は窓を開けても気持ちの良い風が入って来ました。

FullSizeRender (7)


「ごはんだよ~!」と言うと・・・

IMG_2933.jpg

「は~い!」って感じですかネ(^^)



いつもありがとうございます


2017年02月12日 (日) | 編集 |
無題


今回のサライは猫についての歴史、

猫好きで有名な著名人も紹介されていたので

早速購入。

また「猫の寺」として有名な

福井県越前市の「御誕生寺」や

「猫の島」として有名な

宮城県石巻市の「田代島」、

歌川国芳の浮世絵で描かれた

多くの個性的な猫絵も紹介されていました。

大の猫好きな室生犀星、夏目漱石、

池波正太郎、長谷川町子、赤塚不二夫など…

猫との関係性が微笑ましいです。

室生犀星と愛猫の写真では、

火鉢に前足揃えてチョコンと立っている猫と

それをにこやかに見つめる室生犀星が

とても可愛いです。

付録に歌川国芳の一筆箋が付いています。



いつもありがとうございます






2017年02月04日 (土) | 編集 |
今日は、友人4人で仙台の街の中心部にあるラーメン屋さんでランチ(^^)
1_20170204212812ca3.png
土曜日だけ縮れ麺もあるとの事で全員縮れ麺にしました。

こちらのお店は味噌ラーメンが主流。

和風出汁が効いていてとっても美味しかったです。

店内の隅々まで綺麗で清潔。

働いている方々が女性ばかりでした。

行き届いているな~と感心しました。

2.png
ラーメンを食べるのが早いと言うKさんが奥から二番目。

まだ私とお隣のSさんが半分位なのに既に完食。

しかも一番奥のAさんと休みなくおしゃべりしながら食べていました。

Kさんには、ラーメンを食べる時のこだわりがあるのだそうです。

「麺が伸びないうちに食べ切る事!

麺をすすったら途中で噛み切らずに食べる事!」

なんだそうです(^^)

私は啜る力が弱くて咳が出るので途中で切ったり・・・

邪道な食べ方だわ・・・

さて大満足のラーメンを食した後はコーヒーを飲みにお気に入りの茶店へ!

3_20170204213604401.png
今日はカフェオレにしました。

お一人だけチョコ何とかコーヒーと言うのを頼んだのですが、

そのコーヒーには板チョコが付いて来ます。

コーヒーに板チョコを入れたらかき混ぜないで飲んで行って、

溶け始めた頃にチョコだけすくい取って食べるのだそうです。

チョコ何とかコーヒーを頼んだSさんが言われた通りに飲んだ感想は・・・

「何だべあめくてうめーごだ~」と言っていました(^^)

「何と甘くて美味しいこと~」と言う意味です(^^)

コーヒーと一緒に頼んだのがアップルパイ。
4_2017020421441648a.png
バニラアイス付。

焼いたリンゴとミルフィーユです。

マスターが丁寧に作るので少々お時間かかりますが、

待つだけはあります。また食べたいと思いました(^^)

ラーメンの後に甘いコーヒーとバニラアイスにアップルパイですからね~

別腹って有難いわ!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の午前中の早い時間にお客さんがいらっしゃって、

その方の弟さんが先日大きな手術をしたのだそうです。

心臓の手術で10時間以上の大手術。

心配な家族に手術担当医師が言った言葉が・・・

「大丈夫です。

失敗しないので!」

だったそうです。

笑う所ではないはずなんですが、笑ってしまったと言っていました。

もちろん担当医師は冗談で言ったのではなく

真面目に言ったそうです(^^)







いつもありがとうございます


2017年02月03日 (金) | 編集 |
ここ数日、雪降りの仙台です。

夕べは寒かった~

帰りの駅のホーム・・・
駅
残業して遅くなったと言う事もありますが、

だ~れもいないホームは雪降りも重なり、

とても寂しい風景でありました。

帰宅して食事を作る元気もなく、

納豆と豆腐でいいやって思いながら玄関を開けますと、

元気にお出迎えしてくれたお二人(^^)

お腹すかしていたんでしょうねぇ、

いつにない大きな「にゃ~!にゃ~!」でありました。

着替えもせず即効でお二人のご飯を用意。

お皿に入れた矢先から突進して来た二人。

珍しく並んで夢中で食べていました(^^)
ミコとメイ

お腹いっぱいになると二人共それぞれのお気に入り場所に行きました。

白ミコはタンスの上の猫ベッドへ。

黒メイは天袋のハウスへ。

夜中に私の布団の上に乗っかって来るのが白ミコ。

布団の中に入って来るのが黒メイ。

ポカポカぬくぬくです(^^)



いつもありがとうございます


2017年01月29日 (日) | 編集 |
先日のテレビで放送されていたキッチンの排水管の掃除。

【用意する物:雑巾のみ!】

まず、雑巾で排水管にフタをする(流れないよう注意!)

シンクにお湯(40℃くらい)をためる。

お湯(40度弱)がたまったら雑巾を抜くだけ!

お湯で汚れを浮かび上がらせ、

水圧で汚れを洗い落とすのだそうです。

早速我が家でもやってみたのですが、

驚き桃の木山椒の木!

びっくらこきました!

我が家の場合は、雑巾を何枚も使用するのが面倒なので、

厚手のフェイスタオル一枚で出来ました。

二日続けてやってみたのですが、

排水のスピードの速い事!

今まで薬品を使っていたのは何だったのでしょうか・・・。

ここで注意する事は、絶対に熱湯は使わない事!

排水管が塩ビ管なので熱湯を流し続けると60℃で

溶けてしまうのだそうです。

これからは洗剤を使わずに済むのでホント楽になりますネ!

この掃除方法を教えてくれた人は、お笑い芸人の

「どきどきキャンプ」のジャックバウワーじゃない方の相方の

佐藤満春さんです。清掃業界での講演もしてる程のプロ。

芸人さんとして見る機会がほとんどないですが、素晴らしい

技術を持った人ですネ(^^)



いつもありがとうございます


2017年01月29日 (日) | 編集 |
4_20170129174609a93.png

宮城県多賀城市名物「多賀城やかもち鍋」です。

いつぞやのイベントの時に出店していました。

一杯200円。

お出汁が効いていてとっても美味しかったです!

鶏肉・古代米餅・野菜たっぷり!(^^)

『やかもち鍋について』

多賀城に
陸奥按察使兼鎮守将軍(むつあぜちけんちんじゅしょうぐん)
として赴任した大伴家持は歌人でもあり、
万葉集の編者の一人として有名です。

大伴家持(おおとものやかもち)を後世まで伝えようと、
生涯学習100年構想実践委員会で考案してつくりました。

・家持は京人だったので
 ふるさとの味を再現するため白出汁醤油で味付け

・野菜は歌人でもあった家持を思い、
 歌を書く短冊に見立てて短冊切りにしてる

・多賀城の特産品「古代米」の米粉で作ったお餅

※陸奥按察使(むつあぜち)とは→
   奈良時代から平安時代に日本 の東北地方に置かれた官職。

※鎮守将軍(ちんじゅしょうぐん)とは→
   奈良時代から平安時代にかけて陸奥国に置かれた
   軍政府である鎮守府の長官。
   政軍両権を併せ北方の鎮めにつく 役職。



いつもありがとうございます


2017年01月28日 (土) | 編集 |
ミコちゃんが輸血しました。

と言ってもミコが病気ではなくて、

病気の猫ちゃんの為に輸血が必要と言う事でミコ協力。

年齢5歳未満で5㎏以上の猫ちゃんが条件。

我が家のミコちゃんは、2歳10ケ月で5.2㎏。

緊急だった為にメンバーさんが朝に我が家にミコを受け取りに来てすぐに病院へ。

無事に輸血も終わりミコ任務終了。

お利口のミコちゃんは、病院でもどこでも大人しくて助かったと言っていました。

ありがとうネ!ミコちゃん!

ミコ1
「おデブで良かったにゃ~」



帰宅後はいつもと変わらないミコちゃんでした(^^)
ミコ2



今日はお天気が良くて、お母さんの椅子の下でお昼寝です(^^)
ミコ3




いつもありがとうございます


2017年01月28日 (土) | 編集 |
ご無沙汰しております。

お変わりないですか?

ワタクシは順調に老化中でございます(笑)

先日、またまた猫ボラ資金作りの為にグッズ販売イベントのお手伝いを

して来ました。

今回は会場も広くイベントとしてもテレビや新聞でも宣伝していたので

大変多くの来場者でした。

ワタクシ達のブースは会場の端っこで目立たなくて来場者に

「こんなにオシャレなお店なのに端っこでもったいないわねぇ」と

言って下さるかたもいました(^^)

それでもなかなかの賑わいでした。

イベント2




イベント3




イベント4



イベント5



イベント1

すごい数のグッズでしょ~!

これ全部メンバーさん達の手作り品なんです。

ワタクシは値段付けしました(タハッ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のイベントでは、ワイヤーアートのU氏にご協力頂きました。

ワイヤーアート1

園芸用のワイヤーで作った猫ちゃん。

ハンドメイドコーナーを設けて実際に体験して頂きました。

小さいお子さんでも大丈夫、皆さん上手に仕上がっていました。

ワイヤーアート2


ワイヤーアート3
一度曲げたら直しがきかないのだそうです。

ですので見た目程簡単ではないし、出来上がりまで30分位かかっていました。

U氏製作のアクセサリーも芸術品で特にお若い女性の方々が

じっくり見て楽しんで、ご購入下さっていました(^^)

ご協力感謝でした(^^)m(__)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メンバーさん本当に忙しく動いていました。

野良猫保護・避妊去勢手術・里親探し・

里親希望者様との綿密な交渉・

そしてトライアルで青森・山形・岩手・福島と

年末もお正月も休まずお届けに行ったり、

ケア中の猫達の通院や自宅看護やら・・・

イベント用の作品作りもその合間に製作して下さいました。

仕事・家事・育児・ボラ活動・作品作り・・・

いや~体と時間が倍欲しいですね。

ワタクシはたいしたお手伝いも出来ず・・・

申し訳なく肩身が狭い気持ちです・・・

今も毎日のように募集中の猫ちゃん達への里親交渉や

保護活動で忙しいメンバーさん。

来月は、我がクラブ主催のイベントを開催予定。

無事開催できるよう準備中。

ワタクシはデーターと資料と宣伝担当。

先輩メンバーさんのご指示のもと、

言われた事をやるだけなんですけどネ(笑)




いつもありがとうございます


2017年01月14日 (土) | 編集 |
やまだ紫

暮らしのなかでであう哀しみ、
ねたみ、怒り、そして悦びを、
猫の姿を借りて、しなやかに、優しく、
伸びやかに描いた詩的コミックの傑作。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マンガですがとってもクールで叙情あふれています。

子供を産んだ親猫の想い。

「子等の為になら、

何でもできるぞ・・・

と思ったのは感ちがいで、

できることなんて

すべきことなんて

なんにもなくて

わたしが元気で

存在(ある)ことだけ

この現在(いま)も

わたしの人生だよ

せっかくお母さんになったのだから

わたしの思うままの

おかあさんをやるよ」





いつもありがとうございます


2017年01月14日 (土) | 編集 |
キャプチャ

 あなたは“その過去”を知っても友達でいられますか?
埼玉の小さな町工場に就職した益田は、
同日に入社した鈴木と出会う。
無口で陰のある鈴木だったが、
同い年の二人は次第に打ち解けてゆく。
しかし、あるとき益田は、鈴木が十四年前、
連続児童殺傷で日本中を震え上がらせた
「黒蛇神事件」の犯人ではないかと疑惑を抱くようになり―。
少年犯罪のその後を描いた、著者渾身の長編小説。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実際にあった少年犯罪の人物がモデルとして登場します。

その罪と償いで生きて行くことへの苦悩が描かれています。

身近に知り合った人が実は極悪な殺人犯だったとしたら?

自分は付き合っていけるのか?

自分自身も過去に同級生のいじめを見て見ぬふりをし

たった一人の親友の自殺を止めることが出来なかった。

同じ職場で働く仲間の中には、

昔AV女優として裏ビデオに出た過去のある事務員が、

当時の彼氏に執拗ないやがらせと脅迫を受けていたり、

毎夜泥酔する程の酒癖の悪い先輩は、

自分の息子が小学生3人を

バイクでひき殺してしまった過去があり、

家族がバラバラに・・・

今も苦しんでいる・・・。

それぞれの登場人物達の苦悩は、

家族・友人・世間との関わりに問いかけています。

果たして自分がその身になったらどうするか。

家族が加害者・被害者になったらどうするか。

本編では、最後に加害者への友人として、

手紙のように語りかけています。

その内容に読み手がどう受け止めるかも、

改めて問い掛けられているようでした。

難しい内容ですが、薬丸岳さんの滑らかな文章の流れに

結構厚い文庫本も一気読み出来ました。



いつもありがとうございます


2017年01月12日 (木) | 編集 |
A.png
「あたし」と「あたしの人間」の、
出会いから「あたし」の死までの
17年と4カ月にわたる濃密な時間を、
猫の視点で描いた感動的な物語。

・・・・・・・・・・・・・・
黒白猫の「あたし」。

生まれて間もなくから、死ぬまでの17年以上。

その17年の間には大怪我で尻尾を失ったり、

仲良しになる子猫や、

どうしても受け入れない猫も家族として登場します。

ダルシーこと「あたし」にとっての17年間は、

「あたしの人間」に対する深い愛情表現で満たされていました。

死ぬまでの物語ですから、

覚悟して読まなくてはならないですヨ(^^)

最後に、

巻頭でのメッセージが素敵だったので少しだけ抜粋。

【あたしは、あたしたちが一緒に暮らした
日々の思い出を、
あのひとの胸のなかにちゃんと蒔いておいた。
あたしがいなくなったあとも
その思い出があのひとを、
なぐさめてくれるようにね。】




いつもありがとうございます


2017年01月12日 (木) | 編集 |
今夜は、煮物。
K_2017011220393775a.png
①鍋に水・だしの素・だし醤油・砂糖・酒・みりん
②ざく切りキャベツ・細切りお揚げ・えのき・細切りしいたけを入れて煮る
③お揚げで味見して美味しかったらオッケー。
④キャベツが柔らかく煮えたら出来上がり。
※10分位で出来る煮物なのでお安くてお手軽ですネ^m^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りの電車内でお父さんサラリーマン二人のおしゃべりが

聞こえてきました。

「やっと息子が社会人になりましてね、

就職して安心しましたよ。

働いたお金を少しでもウチに入れてくれよって言ったんですがね、

入れるわけないだろ!って言われましてね(笑)

そんなもんですかね(ハハハ)」

と話していました。

無事社会人になって、自分で稼いでくれるようになった事だけで

充分満足し、安心している口ぶりでした(^^)

父親としてりっぱに育てましたネ!おとうさん(^^)

パチパチ(^^)



いつもありがとうございます


2017年01月11日 (水) | 編集 |
今日は本社より上司が来仙。

社内の新年会兼ランチ会をして来ました。

k

ワタクシよりだいぶお若い本社営業部の上司が

大変気遣いのあるかたで、

いつも仕事のフォローを気持ち良くして下さいます。

お蔭様でとても仕事がし易くてストレスなし(^^)

ランチ会も皆んなにご馳走して下さいました。

お刺身御膳。

私はお刺身が大好きなものですから、とても美味しく頂戴しました。

お返しに同僚と一緒にどら焼きを贈りました。

奥様が大好きという事を小耳に挟んでおりましたので、

仙台名物「こだまの生どら焼き」に致しました。

http://www.kodama-dorayaki.co.jp/

このどら焼き美味しいんですよ~!(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お昼が豪華に贅沢したので、

夕飯は、またまた地味に鳥だんごの鍋にしました。

写真がブレブレでアップ不可・・・

【とり団子鍋】

①鳥ひき肉に卵とチューブ生姜と小麦粉と塩を混ぜて団子にする。

②鍋に昆布とかつお節を入れて出汁を作る。

③昆布とかつお節を取り出して、いちょう切りの大根・しめじ・えのきを入れる。

④だし醤油・酒・みりんで調味。

⑤一口大の豆腐・とり団子を入れ灰汁を取りながら煮る。

⑥青菜を入れてひと煮立ちして出来上がり。




いつもありがとうございます


2017年01月10日 (火) | 編集 |

今夜はご馳走になって来ました。

有難や~(^^)

p_201701102212003dc.png

一人は運転者なのでアップルジュース。

私も久しぶりにビールを飲んでみました。

広い店内でゆっくり食事。

お客様も少ないので丁度良い感じでしたが、

少し離れた座席には女子大学生らしいお2人がおしゃべり中。

英語で会話していました。

すごいな~と思っていたんですが・・・

声が大きい・・・

僻み根性で言わせて頂けば、

英語を回りに聞かせたいのかと思います^m^

少しして声高に英語で会話していた女子二人が席を立って行きました。

静かになったぁ・・・(^^)

と思っていたら戻って来ました・・・

えっ?・・・なんで?・・・

どうも駐車券を座席に忘れてしまって探しに戻ったようです・・・。

探す時はちゃんと日本語でしたヨ(笑)






いつもありがとうございます


2017年01月10日 (火) | 編集 |
無題
北海道。寂れてしまった炭鉱町。
通りにひと気はないけれど、
中ではみんな、侃々諤々(かんかんがくがく)。
心配性の理髪店主人が暮らす北の町は、案外にぎやか。
身に沁みて、心がほぐれる物語。

・・・・・・・・・・・・・・
過疎の町「苫沢町」で起こる、

過疎ならではの問題を皮肉と笑い、

そしてホロっとさせられる日常を描いています。

年寄りばかりになってしまった町に若者が少なくなるも、

逆に町に戻って自分達で盛り上げようとする者も現れます。

向田康彦の息子和昌もその一人。

戻って来たところで先のない寂れた町に、

父親として息子へ期待するなと言いたいのですが、

青年団の若者たちは

「おれたちだって現実が厳しいことぐらいわかってるべや。

でも何かやりたいのさ。

おじさんたちに迷惑はかけねえから、

好きにやらせてくれてもいいんでないかい」と言います。

父親世代は、何度も町を立ち直らせようと奮起した経験があり、

結局寂れの進行を止める事が出来なかった事を

息子達世代に言って聞かせようとしていたのですが、

自分達が思っている以上に息子達は大人でしっかりしていました。

何より、物語の最後に

「昔は何かあるとつまはじきだったそうだけど、

これからの小さな町はちがうべ。

みんなが仲良く暮らせる偏見のない町作りだべ」と言います。

どのように活性させて行くのか、

また、ちょっとしたいざこざへのお互いの思いやりと団結力に、

続編を期待したいオススメの面白い一冊でした(^^)



いつもありがとうございます


2017年01月08日 (日) | 編集 |
今夜は、豚バラ肉と玉ねぎとゆで卵で夕飯。

u.png
①豚バラ肉・玉ねぎ・しいたけ又はしめじをみじん切りにしておく。
②水・だし醤油・砂糖・ウェイパーでスープを作っておく。
③ゆで卵を作っておく。
④ごま油でチューブにんにく・チューブ生姜を炒める。
⑤みじん切り玉ねぎを加えこんがりするまで炒める。
⑥豚バラ肉を加えて炒める。
⑦しいたけ又はしめじを加えて炒める。
⑧スープを入れる。
 ※肉を味見して美味しかったらオッケー。
  イマイチの時は普通の醤油を少しと砂糖を加えると良いと思います。
  ウェイパーは小さじ1杯位で入れ過ぎませんようにm(__)m
⑨沸騰したらゆで卵を入れて煮る。
⑩器に入れて青菜と半分に切ったゆで卵を添えて出来上がり。

ご飯にかけてガツガツ食べても良いですし、

一杯飲みながらおつまみ代わりに食べても良いですヨ(^^)

本日も100円飯でした~(^^)



いつもありがとうございます


2017年01月06日 (金) | 編集 |
さて年末年始でだいぶ贅沢しましたので、

また頑張って100円飯すっぞ~!

と言う事で、今夜はごぼうと牛肉の柳川鍋。
ごぼうと牛肉の柳川鍋
①ささがきごぼうを水にさらしてアク抜き。
②ネギを斜め切り。
③薄切り牛肉を適当に切っておく。
④鍋に水・みりん・酒・だし醤油をいれて沸かす。
⑤ネギ・ごぼう・肉を入れる。
⑥味をみて甘味が欲しい時三温糖かきび砂糖を加える。
⑦溶き卵を回しかけて出来上がり。
※七味か一味唐辛子を振っても美味しいヨ(^^)

白い飲み物は冷たい甘酒。

牛肉はやっぱり少々お高くつきますね。

1パック288円の1/3と卵一個と、

ごぼう・ネギ少々と甘酒で170円位になってしまいました。

明日も鍋の予定。

体が温まるし簡単だし助かりますネ。




いつもありがとうございます


2017年01月06日 (金) | 編集 |
無題

イギリスはロンドンでのお話し。

優雅に暮らしていたグレー猫のアルフィでしたが、

ある日飼い主のおばあさんが亡くなってしまい、

シェルターに連れて行かれそうになります。

日本で言う所の保健所とか愛護センターですかね。

アルフィーは一人逃げ出し、生まれて初めての野良猫になります。

孤独と恐怖と飢えで何をどうしたら良いのか・・・。

狩りも初めて。

道路を横断するのも初めて。

誰も助けてくれない。

人間も怖い。

野良犬・野良猫からの攻撃もある。

そんな暮らしを続けていくうちに、

自らの居場所を探そうと生きる行動を起こします。

アルフィーは飼い猫ではなく、通い猫として4つの居場所を得ます。

その4家族それぞれが持つ悩みと悲しみを

アルフィーの行動により奇跡を起こします。

自らの体を張って飼い主の一人を守る姿には

アルフィーの飼い主への感謝の気持ちが現れていました。

アルフィー自身の語り口で物語が描かれています。

序盤の野良猫生活の描写を自分に投影させて読むと

いかに過酷であるか実感できると思います。

日本で言うところの地域猫として生きるアルフィー。

4つの家族間を通って好きなように暮らすアルフィー。

怪我をすれば4家族が病院へ連れて行き交代で看病をする。

長い留守をする時はお互いがアルフィーの世話をする。

そこまで愛されるアルフィーはまさに奇跡の猫。

アルフィーがいてくれたお蔭で

悲しみを乗り越え・寂しさを分け合い・

愛情を深めることが出来たからです。

アルフィーも亡くなった飼い主を心から愛していました。

ことあるごとに元飼い主へ感謝の気持ちを現すところが

特に好きな場面でした。

お勧めの一冊です。



いつもありがとうございます


2017年01月01日 (日) | 編集 |
新年あけましておめでとうございます。

穏やかな気持ち良い年明けをお迎えの事と思います。

仙台もお天気が良く初日の出も綺麗に観る事ができました。

初日の出を観に行った人の写真を観たんですけどネ(笑)

おせち2017.1.1
今年はこんな感じのおせちとお雑煮。

煮物は鶏肉とたけのことふきと里芋。

伊達巻も作りました。なかなかうまくできました(^^)

仙台のお雑煮は、鶏肉やハゼなどで作るのが定番ですが、

我が家は豚肉です。

お餅が苦手なのでサイコロのように小さく切ったお餅を一個だけ食べました(^^)

お正月とはいえ、普通の休日のリズムで過ごしました。

溜まっていた録画番組を観たり、本を読んだりと静かな一日でした。

おせちも今日で食べきるので明日からまた普通のご飯。

仙台は初売りが有名なので明日はみなさん街に繰りだす事と思います(^^)

当たり前のように迎えたお正月ですが、

こんなに有難いことはないですね。

健康で無事故の一日一日に感謝しながら今年も暮らして行けるよう

気を付けて頑張って行こうと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します(^^)m(__)m



いつもありがとうございます


2016年12月31日 (土) | 編集 |
一応お正月の準備という事で妹と買い物へ行ったのですが、

野菜が高くて・・・

お肉も高くて・・・

お刺身も高くて・・・

何だかんだとお高くて、今回のおせちは簡単に地味に準備する事にしました。

お餅も一人3個限定(笑)

元旦の朝だけお餅食べる事にしました(笑)

節約と言うよりいつものような地味飯でいいやとなりました。

それなのに妹と食べたランチは・・・
r_20161231222427eb7.png
こんなに贅沢なランチを食べて来ました。

お食事券を頂いておりまして、早速利用させて頂きました。

最近外食はついてるな~。ご馳走になったり食事券を戴いたり(^^)

もうこれで年越しとお正月気分を味わっちゃいました(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年一年、本当にいろいろありました。

仕事も何とか順調にやり通す事ができました。

家族も皆んな元気で過ごす事ができました。

私個人は尾てい骨の骨折というのがありましたが、

たいしたことなく完治。

猫ボランティアに関しては忙しい一年でした。

素晴らしいメンバーとの出会いにより一緒に活動する事で、

本当に勉強になりました。

友人関係におきましても、いろんなタイプの友人に恵まれて、

これからも大事にお付き合いしたいと思いました。

こちらのつたないワタクシの日記におきましては、

来年もまめに更新していけるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願い致します!



いつもありがとうございます


2016年12月30日 (金) | 編集 |
クリスマスの25日に友人Kさんのお義母様が亡くなったと

昨夜お知らせを頂き、急きょ本日お悔みに伺いました。

ご主人もお嬢さんもご在宅。

葬儀もご親戚と家族・職場の上司のみで執り行われたとの事。

数年前に乳癌で手術したものの、他にも癌が転移し自宅療養後

病院へ入院。末期ということもあり緩和ケアにて看取り。

最後まで気丈だったお義母様にお線香をあげさせて頂きました。
処理済~g
昨夜花屋さんへお願いしてアレンジお供え花を持参致しました。

大変りっぱなご自宅でご家族皆さんが綺麗好き。

友人Kさんもこまめに動く人なので、

20年以上経っている家とは思えない程の綺麗なおうちでした。

帰宅して我が家の玄関入った途端に全体が煤けて観えました・・・

何もかもがボロい部屋内です・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、お線香も上げてご挨拶も済み、

美味しいお茶をお嬢さんに入れて頂き

積もる話しをした後は、会食にお誘い頂きました。
処理済~k
年末でお休みも入り、混んでいるかと思いきや空いていまして、

すんなり個室に案内して下さいました。

静かな部屋で亡くなったお義母さん・ご主人・子供さんの話、

思い出話に今後の話と尽きないおしゃべりは2時間半ほど続きました。

喪中でもあるKさん宅ですが、

お嬢さんが料理教室に通っていて、

「おせち料理」を習ったのだそうです。

せっかくなのでとお正月飾り等はしませんが、

「おせち料理」だけは作る事にしたそうで、

私がお邪魔した時はまさに料理の真っ最中で、

煮物でしょうか、ごぼうの良い香りがしておりました。

とても仲の良い素敵なご家族で羨ましく感じてまいりました(^^)

ただし、ご主人が年ごろのお嬢さんに構い過ぎる所だけは、

聞いていた私も引きましたけど(笑)

だって、お嬢さんの布団の上げ下ろしをご主人がするんですってヨ!

しかも、布団を敷くときは、湯たんぽを入れたり電気毛布を敷いたりして

頼まれてもいないのに奥さんにはしない事を娘さんにするそうです。

はい、もちろんお嬢さんは・・・

「部屋に入って来ないでよ!」

「かってに布団触らないで!」

「これ以上やったら家を出て一人暮らしするからね!」

だそうです・・・

そりゃそうだよねぇ~!

さすがに私も「それは絶対お嬢さんが正しい」と思いました。

結婚なんてことになったらひと騒動起きそうですね(^^)

年が明けて落ち着いたらまたゆっくり会う事を約束しました。

帰りはKさんが我が家まで送ってくれまして、

至れり尽くせりで感謝です。

お食事までご馳走になってしまいましたm(__)m

Kさん、本当にお疲れ様でしたm(__)m




いつもありがとうございます