FC2ブログ

重松 清  「さすらい猫 ノアの伝説」

2020012505.png

算数の授業中、

一瞬の早技で教室に飛び込んできた黒い猫。

首に巻かれた風呂敷の中には、

「あなたのクラスはノアに選ばれました!」

という手紙が。

自由気ままなさすらい猫が、

ちょっと困っている子どもたち、

悩んでいる大人たちに

思いださせてくれる大切なこととは。

不思議な猫が巻き起こす

小さな奇跡の物語。


・・・・・・・・・・・・・・・・

小学生・中学生向けですね。

文章が幼くて読みやすいんですが、

ストーリーがよくある流れ。

2つ物語が描かれています。

重松さんは友達・学校・家族について

大切なことを小説で教えて下さいます。

ドラマ向きのセリフや流れにしている感じ。

優しい物語なので読みやすいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

スタバで読了。

2020012506.png
屋外はさすがに誰もお客様はいませんでした。

店内は、満席。

時期的に学生さんの勉強する姿が多かったです。

コーヒーをオーダーする時いつもマグカップを注文。

今日は、店員さんが、

「お時間ゆっくりと店内で過ごされますか?

宜しかったら熱めのコーヒーも出来ます(^^)」

と仰って下さって、熱めのコーヒーにしてもらいました。

笑顔がとっても可愛い素敵な店員さんでした(^^)



いつもありがとうございます
スポンサーサイト



本日の夕飯   2020.1.25(土)

2020012407.png

今夜は、リンゴ入りヨーグルト。

ゆき菜の煮びたし。

野菜の浅漬け。

ひき肉・白菜のあんかけ。

きんぴらごぼう。

・・・・・・・・・・・・・・

陽が長くなって来ましたね。

今年はまだ雪がほとんど降りません。

もしかして、これからドカっと降るのかなぁ・・・

7~8年前だったか、4月にドカ雪が降った事がありました。

タイヤ交換もしていた時期でしたので、

あの時は交通状況も大変でした・・・

今年はどうかなぁ・・・

どうか穏やかでありますように。

今日はお天気は良かったですが、

風があり冷たかった~

体調にくれぐれもお気を付け下さいませm(__)m



いつもありがとうございます

しゃべり亭とパスタランチ   2020.1.25(土)

今日は友人UさんとOさんの三人で

ランチとおしゃべりを楽しんで来ました。

午前中、UさんとOさんは、

NHK仙台放送局での「しゃべり亭」と言う

公開番組を観覧して来ました。

私は興味なかったので、観覧後のランチに合流(^^)

2020012503.png
※NHK仙台放送局公式ツイッターより画像お借りしました。

UさんとOさんお二人が写っていました(^^)

2020012504.png
ゲストは六角精児さんだったそうです。

右側のOさんが、ドラマ相棒のファン。

出演者の六角さんが公開番組に出演との事で

開始前より並んだそうで良いお席だったそうです(^^)

とても楽しくお話し聞けたとお二人とも大喜びでした(^^)

立ち見も多く大入り!

・・・・・・・・・・・・・・・

ランチはカフェレストランへ。


2020012501.png
パスタを食べて来ました。

モチモチした太い麺で食べごたえあり(^^)

2020012502.png



コーヒーも美味しくて、

3時間程のんびり楽しくおしゃべりした後は、

八百屋さんに寄ってお野菜を購入して帰宅しました(^^)




いつもありがとうございます

お食事会   2020.1.24(金)

去年後半に友人ご家族のお手伝いをしまして、

年明けの先日、

お礼にとお食事に連れて行って下さいました。

2020012404.png



お料理一品一品の味付けが美味しくて一同完食でした!

2020012405.png




2020012406.png


食事の後は、

私の自宅近くのカフェレストランでお茶して来ました。

そこで4時間おしゃべり。

帰りにはラーメンを食べて帰ると言う、

飲みの帰りの締めのような経路でした(笑)

女性のおしゃべりって本当に時間を忘れる程の量。

このエネルギーは健康の元ですネ!

とても楽しい一日でした(^^)





いつもありがとうございます

水上 勉 「ブンナよ、木からおりてこい」

2020012401.png

童話です。

とのさまカエルのブンナが、

得意の跳躍力で高い木のてっぺんに登った所から

物語が始まります。

居心地の良い隠れ家と思っていた所は、

鳶の餌の貯蔵庫でした。

ブンナが木の穴に隠れていると、

鳶が半死半生の雀や百舌やヘビや

ネズミや牛ガエルを連れて来ます。

それぞれの動物は、

鳶の餌にされるまでのわずかな時間に、

それぞれの個性をむきだしにして、

後悔したり、懺悔したり、

自分だけ生きようと闘争したり、

そのことを反省したり、

生きることをあきらめたりと

様々な姿をブンナに見せます。

一匹一匹と鳶に連れ去られて行く中で、

最後に残ったネズミが

隠れているブンナに言います。

「動物はみな弱いものを食って生きる以上、

だれかの生まれかわりだ。

きみがぼくの死んだあと、

腐った体からとび出る羽虫を食ったら、

ぼくの生まれかわり。

元気になって地上へおりて、

おふくろや仲間に会ってくれ…」

ブンナが地上に降りて仲間に伝えます。

「ぼくらカエルは、

みんな何かの生まれかわりなんだ。

自分の命というものは、

誰かのおかげで生きてこれたんだ。

ぼくらの命は、大勢の命の一つだ。

だから、誰でも尊いんだ。

辛くて、悲しくても、生きて、

大勢の命の架け橋になるんだ…」

2020012402.png


水上勉さんは教育について語っています。

「こんにちの学校教育は、

人並みの子にするというよりも、

少しでも、他の子に勝る子に仕上げようとする親の願いを

引き受けているようなところがあって、

子は、ひたすら学習で明け暮れている。

いったい誰が人並みでいることを悪いと決めたのか。

生きとし生けるもの全て太陽の下にあって、

平等に生きている。

凡庸に生きることが如何に大切であるかを、

親は先ず自分の心の中で抱き取って、

子供に話して欲しい。」

親に読んでほしい童話。

そして親が子供に朗読して欲しい童話だそうです。


2020012403.png




いつもありがとうございます

平出 隆 「猫の客」

2020121.png

カバーが2種類付いていました。

猫のカバーの絵は藤田嗣治氏。

昭和の終わりから平成にかけての、

自然美豊かな住まいで起こった、

小さな猫と夫婦の出会いと別れを描いています。

隣の家の子猫が、

ある時から我が家を出入りするようになり、

夫婦で可愛がります。

抱かせてくれない子猫の名前は「チビ」

チビが出入りしやすいように、

ほんの少しだけ窓を開けておきます。

チビ用のダンボールには

タオルを敷いてミルクと餌を置いておきます。

日々の訪問を楽しみにする夫婦。

妻が天然で可笑しいです(^^)

ある時、出入りする窓をうっかり閉めてしまって、

チビは網戸の高いところに、

ヤモリように張りついたまま、

首を伸ばし、塀の向こうの自分の家を見ていました。

そんな状態でも、

ひと声も啼かないチビの事を、

妻は「チビちゃんの望郷」と呼ぶと言うのが、

クスッと洒落が効いていて可笑しいです(^^)

またある時、隣の家に行った時、

チビが出てきて、

夫婦の家では決して啼かないチビが、

長々と口上を述べ始めたと言うのです。

内容は、

いつも世話になっていることについて、

天候についての挨拶や、

隣近所同士の世辞を言うのだと

夫に報告する妻の表現がユーモラスです(^^)

そんな可愛いチビが、

ある日突然死んでしまいます…

夫婦の嘆きは深く、

特に妻は他のどんな猫も

「違う」と言って受け入れません…

夫婦はチビが出入りしていた小径や

欅が見える新しい住まいに引っ越します。

夫婦とチビの触れ合い。

チビの歩いた小径の描写や

住まいの居心地の良い風景描写が

とても美しく語られています。

平出さんのこの作品は、

海外でも大変人気で好評なのだそうです。




いつもありがとうございます

水上 勉  「父と子」

水上勉父と子上




水上勉父と子下



高校で担任教師を小刀で刺してしまった息子と

児童本販売商売が

うまくいかない父親との二人旅を通して、

学校とは、社会とは何か、

そして現代の人間の生き方を問う物語。

物語は東北訛りで語られています。

父親竹一の育った環境は

「オンボー」と言われた

世間から格下に見られる仕事をしていました。

竹一の両親は、

今で言う所の「焼き場」いわゆる「火葬場」で

遺体を焼く仕事をしていた事で、

差別に遭います。

時代は約半世紀前の田舎の価値観。

人の嫌がる仕事を

貧しいながらも必死に全うした両親の元を

弟に任せて逃げるように東京に出て来た竹一。

結婚生活もうまくいかない中、

息子が担任の先生を刺してしまったと

連絡が入ります。

平謝りに謝る父親竹一ですが、

息子高志の言い分を聞くと、

理不尽な担任と校長の教育方針に、

無理に学校へ行かなくて良いと、

その日から息子と車での旅に出ます。

心を閉ざす息子高志と、

父親竹一の生まれ故郷で過ごす事で、

お互いの殻を破り男同士として語り合います。

父親竹一の弟妹達それぞれの人生を聞く事、

故郷で暮らす人々との触れ合いで教えられる事で、

息子高志は自分が犯した事件に対して向き合い

逃げる事なく将来の思いを決めます。

また父親竹一への苦労が理解できた事で

男として父親として尊敬するのでした。

作中、父親竹一の姉の百合が言います。

「親ってものは、

親の建前だけで苦しむ馬鹿なもんだ。

本音を言えばさっぱりするものを、

子供の年ごろは、お父やお母に反抗してたくせに、

自分のことは棚にあげて、

都合の良い建前で、

子を引き寄せようとしたって、

子はごまかしは見抜くだべさ…」

今の教育は、

聞き分けの良い子を育てようとしている。

上に立つものが役に立たない者だったら

どうするのか。

そんな役立たず者の為に

言いなりになる教育は間違いである。

自分をしっかり見つめ、

自分のやりたい本当の姿で

自立すべきだと語っています。




いつもありがとうございます

宮本 輝 「いのちの姿」

いのちの姿

宮本さんの自伝的エッセイ集5篇。

1947年生まれですから今年73歳。

とても精力的とお見受けしている宮本さんですが、

40年位パニック障害の持病を抱えながら

暮らしているそうです。

幼少の貧しかった時代。

10歳の時に叔母のアパートに一年間預けられ、

その同じアパートの奇妙な住人達との日常。

阪神淡路大震災の年に

40日間をかけて旅したシルクロード。

両親、義叔父、腹違いの兄、会社の社長…

出会った人それぞれの「いのちの姿」を

物悲しくも尊く静かに語ります。

宮本さんは持病のパニック障害を抱えた事で

「得た宝もの」があると言います。

「他者の痛みが少しはわかるようになったということだけでも

充分ではないだろうか。」

「それからもう一つ、

心の力というもののすごさをわが身で知ったこと」

「さらに、悪いことが起こったり、

うまくいかない時期がつづいても、

それは、思いもかけない良いことが

突如として訪れるために必要な前段階だと

信じられるようになったのだ」

と語っています。

宮本さんは「ひらがな」を多用する事で、

噛み砕いて読み手に分らせてくれていると思いました。




いつもありがとうございます

種田 山頭火 「山頭火」

放浪の俳人。

さすらいの俳人。

自由律句の俳人。

山頭火7


山頭火8
約4㎝程のぶ厚い句集です。

片手で持てない程どっしりと重いです。

真っ白なページの左側は英語訳。

右側が句が書かれています。

分け入っても

次のページをめくると・・・

山頭火1
その句のイメージ写真を載せています。

・・・・・・・・・・・・・・

山頭火4



山頭火3


・・・・・・・・・・・・・・・


山頭火6



山頭火5



・・・・・・・・・・・・・・・

解説は嵐山光三郎さん。

とても分かりやすく心を込めた解説です。

山頭火11歳の時、

母親が釣瓶井戸に身投げして自殺します。

その衝撃の記憶が

山頭火の生涯の傷となったそうです。

山頭火は結婚もして子供も出来ましたが

家族を捨てて放浪の旅に出ます。

晩年山頭火の弟も自殺をし、

先をこされます。

酒に溺れ、神経衰弱だった山頭火。

知識人であった山頭火は、

早稲田大学に進学しますが、

持病の神経衰弱の為中退しています。

山頭火の最後は生活無能力者となり

出家して禅門に入りました。時に42歳。

53歳の時に山頭火自身も自殺をはかりますが、

死にきれず生きながらえます。

嵐山光三郎さんは、

山頭火の句を

「平明に見えつつ、その底に

知識人の孤独がひそんでいる」

と表現しています。

山頭火自身、日記に、

「無駄に無駄を重ねたような一生だった、

それに酒をたえず注いで、

そこから句が生まれたような一生だった」

と記しています。

脳溢血のため一草庵で生涯を閉じた山頭火。

享年58。

アメリカで親しまれている俳人は、

芭蕉の次に山頭火だそうです。




いつもありがとうございます


百田 尚樹 「錨を上げよ」

錨を上げよ

百田さん29歳の時の作品。

4部作の一巻目。

百田さんの自伝的作品だそうです。

昭和30年代の幼児期から

高校卒業までを描いています。

作田又三(百田尚樹)の幼少期は

悪ガキ、その後はいわゆる不良。

喧嘩が強くて学校でも問題児。

高校では5度の停学により一年落第

バイクで一人旅をして見知らぬ村では、

村民といざこざを起こす。

恋も描いていますが、

直上型の又三が、まだまだ幼い。

高校卒業してからの又三が

二巻より始まりますが、

私は一巻読了でお腹いっぱい…

百田さんのあの強気な発言が

納得出来ました。

低い学歴から大学まで進学し、

放送作家から

現在の人気作家にまでなるんですもんねぇ。

なかなかの悪ガキだったようですが、

物の考え方や信念は、

持って生まれた豊富な感受性と

頭の良さから来ていたんですねぇ。

長い長い物語ですが、

ここで挫折でありました…



いつもありがとうございます

浜田 廣介  「泣いた赤おに」

泣いたあかおに

いもとようこさんの挿絵が好きで選びました。

物語は悲しい結末になっています。

村人から恐れられ嫌われている鬼。

村人と仲良くなりたい赤鬼。

赤鬼のために青鬼が犠牲になります。

赤鬼は青鬼の犠牲のお陰で

村人と仲良くなり楽しい暮らしが

出来るようになります。

自分を助けてくれた青鬼は、

赤鬼の前から姿を消して

二度と会うことはありませんでした。

青鬼を失った赤鬼は悲しみ泣きます…

誰かの幸せの陰には

誰かの犠牲…

「お陰」があるという事でしょうかね。

浜田廣介さんのお父さんの生い立ちにも

かぶせている物語のようです。



いつもありがとうございます

浜田 廣介  「むくどりのゆめ」

むくどりのゆめ1

絵 : いもとようこ

母鳥が死んでしまったムクドリ父子の物語。

死んでしまったとは分からずにいる子供鳥の

母恋しさが切なく描かれています。

美しい自然描写と可愛らしい鳥の絵が

物語を鮮明に心に刻ませてくれます。

解説に、

「大人は感受性が鈍った上に諦めの術を知っているが、

子供は他の子供が備わっているいるものが、

自分に欠けている時、

それをそのまま不幸として

痛切に受け止める。」と書いてあります。

母恋しさに待ち続ける子供の思いが

夢の中で実現します。

一つの葉が風に揺れるかすれた音を

母鳥の声に聞こえる描写と

その一枚の葉を大切にする子供鳥が

ほろり切なくなります…

むくどりのゆめ2



いつもありがとうございます

松谷 みよ子 「かさじぞう」

かさじぞう1

絵 :黒井健

六人の子供を幼くして亡くしてしまった年寄り夫婦。

貧しい暮らしの中、

いかに昔は子供を育てることが困難であったか…

亡くした子供をお地蔵さんに見立て

親を思う子と子を思う親の姿を描いています。

黒井健さんの淡い色使いのふんわりとした絵が

表情まで優しく伝わります。


かさじぞう2




いつもありがとうございます

新美 南吉 「手ぶくろ買いに」

手ぶくろを買いに1

とても寒〜い北の国の母狐と子狐が

人間の住む町へ手ぶくろを買いに行きます。

母狐は子狐だけを買いに行かせます。

片方の手を人間の手に化けさせます。

決して間違わないように言いつけますが、

子狐はお店で自分の手を差し出してしまいます…

人間は狐に手ぶくろを売るのでしょうか…

解説に…

「新美南吉の生涯をかけて追求するテーマを

描いています。」との事。

テーマとは…

「生存所属を異にするものの魂の

流通共鳴」だそうです…

分かるような分からないような難しい言葉…

絵本で優しく新美南吉の思いを伝えています。

黒井健さんの絵が大変美しいです。


手ぶくろを買いに2




いつもありがとうございます

新美 南吉  「ごんぎつね」

ごんぎつね1

黒井健さんの作品を見たいと思うと、

この「ごんぎつね」を選びます。

言わずと知れた「ごんぎつね」。

新美南吉17歳の時の作品。

贖罪(しょくざい)の過程を

悲しい結末で描いています。

ごんも兵十も一人ぽっち。

理解し合えないままの悲しい結末を

「ごん、お前だったのか。

いつも栗をくれたのは…」

「ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、

うなずきました。」

と描く事で読み手に救いを与えています。

ごんと兵十の思いを悲しく描いた物語でした。

ごんぎつね2



いつもありがとうございます

林 明子 「こんとあき」 

こんとあき1

キツネのぬいぐるみの「こん」

あきが生まれた時からおもり役として

おばあちゃんの所からやって来た「こん」

あきが成長する事で「こん」は古びて来ました。

砂丘の町に住むおばあちゃんに

「こん」を直してもらおうと、

あきとこんは電車で向かう旅に出ます。

電車でも砂丘についてからも

大変な目に合う二人。

無事おばあちゃんの家に着き

「こん」を直してもらうまでのお話です。

かけがえのない存在のこんの為に

一生懸命なあきがとても可愛いです。

電車ではぐれて泣く場面。

駅弁を食べる場面。

砂丘でこんを探す場面。

おばあちゃんと三人でお風呂に入る場面。

おばあちゃんに「こん」を縫い直してもらう場面。

それぞれが愛情いっぱいの優しい物語。

こんとあき2




いつもありがとうございます

2019年読了本ベスト10    2019.12.31(火)

2019年の読了本は89冊。

100冊読めなかったのかぁ・・・

時間はある身分で他に趣味がなく

読書が唯一の趣味の割に

たいして読んでいなかったなぁ・・・

しかも読む時間が年々少なくなって来ています。

書店でも購入する事が少なくなっています。

感性が老化して来ているようです。

今年の私のベスト10。

ストーリーが面白い本や、

文章表現が好きな本や、

ほんの一小節印象深い本や、

ラストの良さの本などなど・・・

・・・・・・・・・・・・・・・
本所おけら長屋13
ダントツの一位!
笑いだけでなくほろり泣ける物語もあります。
大好きなシリーズ!
新刊は2020年春頃の予定だそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

しずかにながれる緑の川
第二位!
幼い息子と父親だけの貧しくも静かな日々を描いています。
風景描写が秀逸です。


・・・・・・・・・・・・・・・・

座卓と草履と桜の枝と
第三位!
堅実で質素な夫婦の物語。
身近な物を大切にし、だからと言って無理な我慢をする事もなく、
置かれた環境を大切にする二人の姿が
後半にせつない流れとなっています。
静かな感動を受けました。


・・・・・・・・・・・・・・・・

氷原・非情のブリザード
第四位!
9つの短編集です。
この中の「神通川」が感動しました。
「イタイイタイ病」について描いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・


誘拐ラプソディ
第五位!
てんこ盛りのスリルとサスペンスとユーモアとギャグ、
そして何だか胸がジーンとする物語。


・・・・・・・・・・・・・・・


檸檬
第六位!
31歳で早世した梶井さんの名作。
短い物語です。
芸術本を積み上げた上に檸檬を置いて
店を立ち去るまでの「私」の思いが、
不思議な感動を与えてくれます。


・・・・・・・・・・・・・・・


償いの雪が降る
第七位!
少女暴行殺人で有罪となった男の事件に疑問を抱き、
真相を探り始めるジョー。
ノンストップサスペンスです。


・・・・・・・・・・・・・・・

時雨のあと
第八位!
短編集。
この中の「果し合い」は、
年老いた部屋住みの厄介者大叔父が
身の回りの世話をしてくれる優しい姪の美也の為に、
切腹覚悟の一世一代の果し合いに向かうお話。



・・・・・・・・・・・・・・・・

消えた女
第九位!
ハードボイルド時代小説。
面白かったです。
読みながらワクワクと言うか、
先を急ぎたくなる持って行き方は、
流石に藤沢周平さん!
ラストの表現が清々しくて
物語をきっちり引きしめていました。


・・・・・・・・・・・・・・

十手人
第十位!
第10回時代小説大賞受賞作品。
書き出しの風景描写が上手いです。
悲しい過去を持つ若者源七が
同心弦一郎の下っぴきとして事件を解決しながら、
自分自身が成長していく物語です。

・・・・・・・・・・・・・・

以上今年のワタクシの選んだベスト10です。

再読も多くなりなかなか感性に合う

新しい出会いがなく

読書自体薄れて来ているのがとても寂しく残念。

来年はもう少し時間をかけて

感性に合う素敵な本に巡り会えますよう

書店巡りを楽しみたいと思います(^^)



いつもありがとうございます

白ミコさん    2019.12.31(火)

覗いております~・・・
小学校時代の身体検査を思い出します・・・
2019123004.png



入らんのか~い!

2019123003.png



・・・・・・・・・・・・・・


お財布を枕に寝るミコさん。

2019123002.png

招き猫さんにあやかり金運アップすると良いな~!





いつもありがとうございます

ランチと忘年会   2019.12.31(火)

買い物をしに行った後でランチ。

おうどんが美味しいファミレスです。

2019123006.png
トマトとチーズのうどんと、

酢ラーあんかけうどんです。

麺がとても長くて一度ですすれないです(笑)

食後はウィンナーコーヒー。
2019123005.png
うどん屋さんのウィンナーコーヒー。

美味しんですよ!こちらのお店のコーヒーが!(^^)

外の風景も見えるお店でゆっくり食事して

コーヒー飲んでおしゃべり出来ました(^^)


・・・・・・・・・・・・・・

夜は、4人で忘年会(^^)
2019123001.png
グラスビールで乾杯!

ピザ・シーザーサラダ・アヒージョ・パスタ・

デザートのパンケーキ。

少し早目に集まり5時間程ゆっくり楽しみました。

年末のこの時期に主婦が集まれるんですから

皆さん余裕です(^^)

お話を聞きましたらお正月の下準備も完了、

お餅も2升作ったYさん。

しかもおせち料理は全て手作りで

ご近所のお友達ご家族の分も頼まれて作ったそうです!

毎年、煮物は一つ一つ材料を煮ると言うAさん。

ご家族が少ないのでじっくり時間をかけて

煮物・煮豆・ハゼの出汁取りなどで準備完了との事!

独身で大晦日までお仕事のKさんは、

お母様とお二人暮らしでコンビニでおせちを予約。

お雑煮だけお母様が作って下さるとの事。

お兄さんご家族が

お正月にいらっしゃるのを楽しみにしているとの事(^^)

ワタクシは簡単にお雑煮とかあんこ餅くらいでしょうか。

特に珍しい事もなく、難しい事もなくです(笑)

今年一年無事に無事故で過ごせた事に本当に

感謝です。

地味なブログをのぞきにいらした下さった皆様に

感謝申し上げます。

皆様のご健康と更なるご多幸をお祈りしています。

今年一年大変ありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎え下さませm(__)m




いつもありがとうございます

泉 ゆたか 「毛玉堂」

泉ゆたか
「毛玉堂」

2019122901.png


猫専門の若い獣医師夫妻の物語。

短編になっているので色んな猫さん登場。

ちょっとサスペンス風。

何故か飼い猫が

その家の母親だけを攻撃するようになった理由とは…

夜中になると化け猫が部屋に入ってくる理由とは…

猫の習性を説明しながら

獣医師が解決して行きます。

謎掛けを随所に織り込んでいるのですが、

怖い内容ではなく、

優しく猫への愛情を描いています。




いつもありがとうございます

ほや酢・サラダ・大根とひき肉スープ   2019.12.27(金)

今日は風が強くて冷たかった~。

でもお天気が良くてブルブル寒い感はあまりなかったです。

今日は、昨日の残り物で夕飯。

ホヤの酢の物。
2019122701.png




サラダ。
2019122702.png




大根とひき肉のスープ。
2019122703.png


・・・・・・・・・・・・・・・

友人から沢山頂いたタオルで雑巾作りを

頑張ってやっています。

それから猫ちゃん達のトイレ砂入れの袋作り。

新聞紙が溜まると袋作りをして

使用済トイレ砂を入れてゴミで出します。

新聞紙に入れると臭いもしないので

生ごみも新聞紙でくるんで捨てています。

新聞紙助かっているのですが、

新聞自体あまり読まなくなって

何の為に新聞をとっているのか分からないなぁ(^^)

まだまだ沢山タオルがあるので

しばらくは雑巾作りの日々が続きそうです(^^)




いつもありがとうございます

自宅で忘年会   2019.12.26(木)

今日は友人2人を招いて自宅で忘年会。
2019122601.png



メニューは友人のリクエストで作った物ばかり。
2019122602.png



サーモンと、きはだまぐろのお刺身。
お安いネタです。
2019122603.png



海鮮サラダ。
2019122604.png



ほやのから揚げ。
片栗粉が付けたりないよね・・・
ほや嫌いのYさんが「これは行ける!」と言ってくれました(^^)
2019122605.png





少し色が悪いキッシュ(笑)
2019122606.png





美濃焼ブラッシュブルーの大鉢に煮物。
お気に入りの器です。
2019122607.png




なにげに白ミコさんも参加していました(^^)
2019122608.png
白ミコさんず~っとそばにいて参加していました。

お昼寝もしっかりしてお利口さんでした(^^)



沢山のお花頂きました(^^)
2019122610.png



2019122609.png




t.png



今年も色々あった3人。
2019122612.png




2019122611.png

近況を話し合うも濃い中身に驚いたり、笑ったり、悲しんだりと忙しい・・・(笑)

しゃべって飲んで食べての7時間でした(笑)




いつもありがとうございます

クリスマスイベント参加のお手伝い   2019.12.22(日)

クリスマスシーズンのイベント出店のお手伝いに

行って来ました。

年内のお手伝いは本日で終了。

暖かい室内のイベントでテントも机の持参もないので

とても助かる室内イベント。

2019122201.png
開始早々より賑わいました。




2019122202.png
我がクラブのブースです。




2019122204.png
クリスマスリースも作成して販売致しました。300円。




2019122203.png
ブックカバー。500円。しおり紐と中ポケット付き。



2019122205.png
お昼。300円。とてもお出汁が効いて美味しい。




2019122206.png
お好み焼きの下に焼きそばが入っています。300円。


賑わったイベントで一日忙しかったですが、

楽しい一日でした。

初対面の人と話すのが苦手のワタクシですが、

何とか頑張った一日でした(^^)




いつもありがとうございます

法要に参列と部屋の整理について・・・     2019.12.21(土)

この歳になりますと、お祝い事よりも

お悔み事への参加が多いです。

先日は、ご主人を亡くした友人Yさん家の

四十九日法要に参列させて頂きました。

2019121401.png

お寺さんで法要を済ませ、お墓参りをし、

法要膳を頂きました。

大変りっぱなお寺で広くて綺麗な本堂での法要に

皆さんと共にお悔みの気持ちでお焼香させて頂きました。

当日は、大変お天気が良くて気持ち良い一日でした。

お食事もとても美味しかったです。

2019121402.png

「むかごご飯」と言うのを初めて食べました。

皆さん知っていましたが、私は初めてでした。

「むかご」とは、山芋の葉の付け根にできる球芽。

いわば山芋のあかちゃん。

だそうです。

ほかほかとした柔らかい食感で美味しかったです(^^)

おいしいお食事も頂き、無事法要も終わって

散会したあと、Yさんと息子さんとYさんの友人のSさんと

ワタクシの4人でまずはご自宅へ戻り、

お仏壇にお焼香させて頂き、

その後、お茶飲みをしにロイホへ行きました。

あんなに食べたのに、結局皆んな、デザートを食べました(笑)

ホント、別腹だ~と実感致しました(^^)

友人3人はパフェ。

ワタクシは「あんみつ」にしました(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・
Yさんの友人のSさんより

ワタクシは「ある」相談を受けました。

相談とは、Yさんの自宅が片付けられず

4つもある部屋が荷物などで満杯状態。

何とか物を処分してくれるようワタクシの方からも

言ってくれないかとの相談でした。

お仏壇を調えた時も、部屋に置けるスペースがなく、

Sさんが一日がかりでお仏壇安置スペースを作ってくれたとの事。

実際、Yさん宅へ行きましたが、

Sさんがお仏壇周りを整理してくれた後でしたので、

何とかお焼香出来ましたが、

それでもせっかくのお部屋がとても狭く感じました。

あまりに物が溢れていて、食卓テーブルもあるのに

どこで食事をしているのかと思う程の溢れようでした・・・

あまり細々見たわけではなかったのですが、

Sさんが言うには・・・

台所も買い物をした物を冷蔵庫に入れず

床に直置き・・・

何日も前の洗っていない食器が流しにいっぱい・・・

廊下にはペットボトルや缶が無造作に置いている・・・

和室の部屋2つは、衣装ケースやダンボール箱や何やらで

人が入って座るスペースもなく、

Yさんは6畳の和室の隅1畳ほどのスペースに

布団を敷きっぱなし・・・万年床にしているとか・・・

息子さんの部屋も同じような溢れよう・・・

Sさんは、何度かYさん宅内を整理してくれているそうですが、

すぐに元に戻り、やってもやっても整理が出来ない・・・

ワタクシにも観て欲しい。

そして何とか整理するよう説得して欲しいと・・・

ワタクシも人の事を言えないので、

まずはどんな状況なのか見るだけにしましたが・・・

とにかく物を捨てないYさん。

ちょっとした空き箱も捨てずにその辺に置いてしまう・・・

引き出しから出した物を使ったら戻さず、その辺に置く・・・

同じ物が何個もある・・・

などなど・・・ちょっと見ただけですがこんな感じ・・・

せっかくの調えた新しいお仏壇も、雑然としていたので

手伝って仏壇周りを整理しましたが、

お線香立て・鈴・お水いれなどの小物が二つずつあって、

しかもどちらかを処分する気がなく、お仏壇の収納スペースに

しまってました・・・

また、一休みしようとコーヒーを淹れてくれると言うので

インスタントかと思ったらコーヒーメーカーでしたが、

そのコーヒーメーカーの上にも何やら積み重なっており、

それを取り除いてコーヒーメーカーを取るだけでも

ダダダッ~と物が落ちて大変な事になりそうだったので、

Sさんとワタクシは即効で「良いよ。お茶はロイホで飲もう!」と

その場を切り抜けました(笑)

どうするんだろう・・・

あの溢れている物・・・物・・・物・・・

Yさんもどうやって片付けたら良いか

分からないと言っていました。

処分しようと物を仕分けすると

一つ一つ思い出に浸ってしまい、

いつか使うから取って置くといって結局

処分しないそうです・・・

Sさんは、このままではごみ屋敷になると危惧していました。

また、これから親子二人だけの暮らしにも影響があると

心配していました。

ワタクシも手伝って欲しいとYさん本人から言われましたら

何とかお手伝いしようと思っていますが、

お声もかかっていないのに余計な口出しは出来ません・・・

また10年前なら動けましたが、

この歳になりますと自分の家の事も時間がかかるようになり、

昔のようにテキパキ出来なくなりましたし・・・

とてもりっぱなマンション暮らしのYさん宅。

ホントもったいない暮らしぶりだなぁ~

と、築50年近い我が家のアパートを見ながら思うのでした・・・




いつもありがとうございます

ご近所友人とランチ   2019.12.2(月)

昨日の日曜日に

ご近所の友人Uさん、Oさんとお茶兼ランチをして来ました。

ホテルのレストランにてランチ。
2019120210.png





2019120211.png
クリスマスプレートなる豪華なランチメニューもありましたが、

年齢と懐具合で皆んなで「お魚ランチ」にしました。

食事を作っている身からしますと、

正直目新しい品物もなく、朝食で食べるようなお食事でしたが、

ゆったりした静かな空間と

窓の外から見える穏やかな風景を見ながらの食事に

美味しく食べる事が出来ました(^^)

サラダとコーヒーがお変わり自由で

どちらもこのレストランは美味しいです。

コーヒーは3~4杯位は飲んだと思います。

おしゃべりも尽きず3時間程のんびりしました。

・・・・・・・・・・・・・・・

食後は、大きな公園が近くにあるので

皆んなで散策がてらUさんお勧めのカフェに向かいました。
2019120212.png
アンティークカフェで、お若い方々が多かったです。

こちらのカフェは、先日地元で放映された

千葉雄大君主演のドラマでも登場したカフェ。

そのドラマのエキストラとしてUさんも参加したそうです。

彼女は書道の師範なのですが、

なんと、ドラマの中で彼女が書いた書が使われたそうです。

実際エキストラとして演技中に、

書を書く場面で制作者の方の目にとまり、

彼女に書を依頼したそうです。

千葉雄大君や笛木優子さんや白川和子さんなどとも

直接おしゃべりできたそうです。

ドラマで千葉雄大君の弟役の俳優さんが

特に好青年でとても素敵だったそうですヨ(^^)

因みにそのドラマは、

「小さな神たちの祭り」です。

千葉くんは、仙台の優秀な進学高校を卒業していて

頭脳も顔面も偏差値高いんですねぇ(^^)

美味しいコーヒーでおしゃべりたっぷりして帰宅。

途中で夕方からお弁当が半額になるスーパーに寄って

皆んなで買って帰りました。

食事作りしない手抜きの日曜日でありました(^^)


いつもありがとうございます

ピザ屋さんでランチ   2019.12.1(日)

昨日11月30日(土)に猫カフェへ行く前に

ボラメンバーさん6人でピザ屋さんでランチしました。

アメリカン風の店内。
20191201店内
ステージもあるので定期的にライブも開催しているそうです。


あさりパスタ。
2019120101.png




きのこピザ。
2019120102.png





チーズピザ。
2019120103.png




チーズとエビのピザ。
2019120104.png



生ハムとルッコラのピザ。
2019120105.png




自然あふれる場所にあります。
20191201薪
今の時期は、リスが食べ終わった胡桃を

ベランダの手すりに置いていくそうです(^^)



美味しいピザと楽しいおしゃべりに

満腹満足のひと時でした(^^)
20191201メンバー
左奥のチェックのシャツのかたが代表のAさん。

ハンドメイド品を全て製作し里親探し交渉等と

メンバーのまとめ役。

英語・中国語・タイ語も話せます。

左真ん中が最年長でとても優しいAさん。

おしゃれで品のある大らかなボラさん。

預り猫さん担当して下さっています。

左手前が最年少のKさん。

仙台で一番優秀な高校を卒業して早稲田へ進学。

卒業後仙台に戻って大企業でお仕事されています。

控えめで聞き上手。読書家でワタクシと本の話で

いつも盛り上がっています。

右奥が授乳猫さん担当のYさん。

瀕死の子猫さんを何頭も救って育ててくれています。

素晴らしくお料理上手で理想的な奥様。

右真ん中が副代表のKさん。

運転が上手で女性ドライバーのお手本のような人。

明るく社交的でお友達も多く

ご家族全員で保護猫に協力して下さっています。

お仕事もされていてとにかく忙しいのに

梅干し・梅酒・漬物・干し柿・畑作りもやると言う

スーパーウーマン。

左手前がワタクシ。特に述べる事はない・・・(笑)


ランチしながら打ち合わせをしました。

やることが沢山あってメンバーの分担と連携で

うまく機能しているクラブメンバー。

よそのボラさん達が羨ましがる程

私たちは仲が良く皆さん良識あるので

もめごとが一切なし。

お互いを尊敬し助け合いながらの

自慢のメンバーさん達です(^^)




いつもありがとうございます

猫カフェ   2019.12.1(日)

里親様になって下さったK様のご実家の

猫カフェプレオープンとの事で

ご招待頂きメンバー全員でお邪魔致しました。

8.png
明るい室内・居心地良さ・おしゃれなカフェスペース。

可愛い猫さん達に囲まれて

時間を忘れて癒されて来ました!

来年2020年5月正式オープンとの事で

とっても楽しみ!


店長のムッタくん!
7.png
6歳の大変美しい瞳の持ち主です。

どっしり落ち着いて存在感があります。



ニアくん。
2019120205.png
高いキャットウォークも軽々楽しそうに歩いています。




ナルくん。
2019120202.png
最初だけ少し人見知りさん。

ペロっと出した舌が可愛い。



白の長毛さん。
9.png
美しい毛並がフワッフワさんです(^^)


里親のK様に抱っこされて

とっても安心した顔が可愛い~。
2019120203.png
大人しく抱っこされています(^^)

手作りのお洋服がお似合いです!




カフェスペースで

手作りケーキとコーヒーをご馳走になりました。
2019120204.png


美味しいケーキにコーヒーで

おしゃべりも尽きず。

来年5月オープンの際は、

ランチも出来るように今からメニューを

いろいろ検討中との事(^^)

長居させて頂き大変ありがとうございました!

またお邪魔させて頂きます!(^^)




いつもありがとうございます

茄子漬けとお茶    2019.11.28(木)

雪がちらついた仙台市内。

寒い一日。

2019112801.png

仙台中心部の繁華街のアーケードで

野菜・果物・コーヒー・インドカレー・おだんご・

パン・食器・そしてお漬物などなど出店していました。

寒い中、販売されている皆様笑顔で頑張っていました。

ワタクシは、山形のお漬物屋さんの

茄子漬けと大根漬けを買いました。

茄子のでっかい事!

九州は博多の茄子を仕入れて

山形で漬けて仙台で販売だそうです(^^)

早速食べたら皮の柔らかい事!

あまりしょっぱくなくて丁度良い!

美味しい~!

3本で500円。

サイズが分かるように文庫本を並べました(^^)

文庫本よりでかい!

浅漬け専門のお漬物屋さんだそうです。

一週間位は食べられるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

お次は、お茶屋さん「一茶」へ。

三種類購入。

2019112802.png
「夢香り」がお店で一番人気との事。

店内でお茶を淹れて下さいました。

いや~びっくり!

初めて味わうお茶でした。

何と言ったら良いのか香りはもちろん最高なんですが、

トロ~っとした喉越しでまろやかで苦甘いんです!

美味しかった~!

3服分1袋を三種類と抹茶入り玄米茶100gを購入。

こちらのお茶屋さんは、

お茶カフェも開いていて

お店からほんの少し行った二階で営業。

今度行ってみようっと!




いつもありがとうございます

サンシャイン池崎  「空前絶後の保護猫ライフ!池崎の家編」

サンシャイン池崎
「空前絶後の保護猫ライフ!池崎の家編」

20191125サンシャイン

お笑い芸人さんで大声張り上げてのパフォーマンスで人気の
サンシャイン池崎さん38歳。

俳優の斉藤工さんがものまねした事で
更に知名度が上がった池崎さん。

しかし、それよりももっと知名度が上がったのは
保護猫さんとの暮らしぶりをツンデレなつぶやきで
「裏アカウント」を設けてのツイッター。
フォロワーさんが40万人を超えているそうです。

・・・・・・・・・・

池崎さんのご実家は大変貧乏で有名。
テレビのドキュメントを拝見したのですが、
この時代には珍しい貧しさぶり。
昔懐かしい「バラック小屋」。
それでもご両親は何の不満もなく
当然のような暮らしぶり。
そんな経済的に貧しい暮らしでも池崎さんは
国立・大分大学工学部を卒業しています。

・・・・・・・・・・

小さい頃から猫好きだったそうですが、
お父さんが大反対で、
しかたなく野良猫と遊んでいたそうです。
ある時、バラック小屋の屋根裏で暴れる野良猫が
天井の板ごと部屋に落ちて来て
お父さんを直撃したという事もあったとか。
驚くお父さんを無視して
野良猫はお父さんのお腹の上で更に暴れたんだとか。
それが可笑しくて皆で大笑いしたそうです。

・・・・・・・・・・

こちらの本は、漢字にふりがなをふっているので、
小学生さんも読みやすいですし、
池崎さんの優しい人柄がうかがわれる文章となっています。

・・・・・・・・・・

初めて迎える猫さんとのきっかけ・
お見合い・トライアル・正式譲渡・
そして始まる風神くん・雷神ちゃんとの癒される毎日。

・・・・・・・・・・

ただ癒されるだけの表現ではなく、
脱走や誤飲・猫風邪の時の対応など
あえて失敗や今後への注意も描いています。

・・・・・・・・・・

池崎さんは、
保護猫ボランティア団体さんから迎えた
風くんと雷ちゃんをきっけに
ボランティア活動もしているそうです。

主に、成猫たちのハウス掃除・
餌のお世話・そして一緒に遊んだり
譲渡会でのお手伝いなどをして下さっているそうです。

・・・・・・・・・・

ちなみに池崎さんは、
テレビではあんなに大声あげていますが、
実際はとてももの静かで声も小さいので
猫さん達への悪影響はないそうです(笑)

ike.png


あっと言う間に読み終えてしまう楽しい本です(^^)
沢山の写真やイラストで読みながらニンマリします。

・・・・・・・・・・

最後にまた池崎さんのご実家のお話なのですが、
仕事で経済的に余裕が出てきた池崎さんは、
まずご両親へ仕送りをしているそうです。
そしてあの貧しかった家を建て直して
バリアフリーの暮らしやすい家をご両親へ建てたそうです。

お母さんは、いつも仕送りをしてくれる息子のお金は
貯金して一円も使っていないそうです。
理由は
「芸能界と言う職業はいつどうなるか分からないから、
将来の為に貯金している。
子供のお金は使えないよ。
親ってそういうもんでしょ」と言ったそうです。

・・・・・・・・・・

お勧めの本です(^^)

2019112502.png

池崎さんが描いた風くんと雷ちゃんのイラスト。
下手っぴぃですが、可愛いですねぇ(^^)





いつもありがとうございます

猫ボラさん出店のお手伝い   2019.11.23(土)

本日は「勤労感謝の日」。

朝から小雨で気温も低く寒い・・・・・・

今日は室内でのイベントに出店参加の為

お手伝いに行って来ました。

暖かい会場内でのイベントは助かります。
20191123ボラ手伝い9



我がクラブ出店ブース。
2019112601.png




フェアトレードでケニアを支援しているクラブさんのブース。
20191123ボラ手伝い2




パンの販売もあり、次から次と売れていました。
20191123ボラ手伝い5




手作りせっけん。
はちみつ・オリーブオイル・ごま油・ひまし油・パームオイルなど
いろいろ入っている石鹸。お好みで選べます。ワタクシも購入しました。
20191123ボラ手伝い7




コーヒーも販売していました。200円。

美味しかったです!

20191123ボラ手伝い4




お昼は「わかめいっぱいうどん」
20191123ボラ手伝い6
お出汁が効いておつゆも全部頂きました!






室内の窓から見える外の風景。

癒されます~!秋深し~
20191123ボラ手伝い3



お客様と談笑中の我がクラブ代表Aさん。

販売の手作り品を全て製作しています。

今日も一日お疲れさまでした(^^)m(__)m
20191123ボラ手伝い10






いつもありがとうございます

首輪二種類   2019.11.23(土)

黒白メイと白ミコさん

新しい首輪でおめかしでございます(^^)


黒白メイさんの首輪を付けた後ろ姿。

20191123メイ首輪1
黒い毛に似合う柄です。



横向きのメイさん。
20191123メイ首輪2
結び目がリボンになっていてゴムの緩さの調整が出来ます。



白ミコさんは、クリスマスバージョンの花形首輪。
20191123白ミコ首輪1
白猫さんはどんな色や柄も合いますねぇ。



少し幼く見える可愛さ(^^)
20191123白ミコ首輪2



ゴムが柔らかいのでどんな姿勢でも支障なしです。
20191123白ミコ首輪3




ついでの白ミコさん(^^)
20191123白ミコ






いつもありがとうございます

猫ボラお手伝い   2019.11.17(日)

お天気は良かったのですが、

風が強くて冷たく、寒い一日の仙台でした。

本日は、猫ボラさんのお手伝いに行って来ました。

メンバーさんのハンドメイド品猫グッズ販売ブース。
2019111711.png
寒い中、人が切れる事なくご来店頂きました(^^)


保護猫譲渡会も一緒に開催致しました。

譲渡会ケージ
ケージの中は、ぬくぬくぽかぽか。

一緒にケージに入りたい程でした(笑)

猫さん達も、頑張りました!
20191117いよ




20191117ひまわり





利平

本日はオファーがありませんでしたが、

検討頂くご家族様もいらして、

まずは実際の猫さんを観にいらしてくださいました。

ご縁がある事を祈るのみです(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタクシは、お弁当担当。
20191117お弁当


寒くて、味わって食べられませんでした(笑)

それでも先日友人から頂いた「つや姫新米」のおにぎりが

とても美味しくて、皆さんに好評で完食でした(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

メンバーYさんからの差し入れ頂きました。
20191117甘酒・うまい麺・おこわ
先日の台風で被害を受けた

宮城県丸森町名物「うまい麺」。

再開しているお蕎麦屋さん頑張っていらっしゃいます。

お蕎麦を食べに丸森町へ観光しにいったメンバーさんからの

差し入れ頂きました。

手作りの「甘酒」「おこわ」。

甘酒大好きなので、とっても嬉しかったです(^^)

「おこわ」も夕食に食べれるようにと

作って下さいました。

本当にありがたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・

寒い一日でしたが、

疲れる事もなく、有意義な一日となりました。

また明日からメンバーの皆さんは東奔西走。

体に気を付けて皆んなで頑張ります!(^^)





いつもありがとうございます

まるまつと無料講義受講   2019.11.9(土)

毎週土曜日は、五十肩のリハビリ通院しています。

だいぶ動くようになり、

寝返りを打っても痛くなくなりました。

まだ背中に手を回すと痛みがありますが、

自力でも指導を受けた体操をしています。

毎週土曜日に仙台の中心部の病院へ行くので

リハビリ終了するとお茶したり、

お店を見て回ったりと結構楽しみのリハビリ通院(^^)

今日は、午後から友人Wさんと

無料講義を受講。

テーマは、これからの家族のありかた。

といった感じのものでした。

大学の講義のようでお若いかたからご年配のかたまで

多くの受講者で満席でした。

講師がお話が上手で分かりやすくユーモアもあって

あっと言う間の1時間半でした。

Wさんの方が受講したいテーマだったので

お誘いを受けて参加したのですが、

たまにはじっくり勉強するのも良いものだなぁと思いました。

学生時代を思い出しました(^^)

・・・・・・・・・・・・・・

ランチはファミレス「まるまつ」で。

20191109.png
「まるまつ」のおそばが美味しいですよネ。

お安くて助かるし(^^)

店内も空いていたので、静かでゆったり。

おしゃべりも楽しくできました(^^)



いつもありがとうございます

かにパスタとかにピザ   2019.11.8(金)

少し前になるのですが、

妹と休みが一緒になったある休日。

毎年、版画家「小暮真望」さんが

個展をデパートで開催するので

今年は妹と一緒に観賞して来ました。

作品は高価で手が出ませんので

毎年カレンダーだけ買っています。

大好きな作品があるのですが、

今年はその作品は飾られておりませんでした。

朝日を浴びる棚田の風景の作品。

作品自体のサイズは小さくて、

お値段もワタクシでも何とか頑張れば

手が届くくらいなのですが、

なかなか購入までには至っていませんでした。

我が家に飾っても似合わないしなぁ~・・・

と言うのが正直な胸の内・・・

観賞するだけで良いやとの思いで楽しみにしていたのですが、

今年は観れなくて残念。

しかも作品集にも掲載されていませんでした・・・

どうしてかなぁ、あんなに素敵な作品なのに・・・

仕方ない来年に期待しようっと(^^)

・・・・・・・・・・・・・

観賞のあとは、二人でブラブラ歩きながら

目についたカニ専門店でランチ。

ランチなのでお値段も手ごろ。

でも二品オーダーが精一杯でした(笑)


カニのクリームパスタとカニピザ。
20191108かに
パスタがあっさりしていて美味しかったです。

ピザもカニがたっぷりで満足でありました(^^)

超久しぶりにカニを食べたのですが、

一度食べると口が贅沢になるので、

次食べる時は一年後がイイネ。

と妹と意見が一致して、

我が家らしいねぇ~と笑い合いました(笑)



いつもありがとうございます

新米を頂く   2019.11.7(木)

毎年、新米を贈って下さる農家の友人Hさん。

今年も頂きました。

20191107つや姫
今年は「つや姫」です。

嬉しいなぁ~。

毎年の楽しみです(^^)

彼女からは「ぜひおかず無しでご飯だけで

味わってみてください。とても美味しいよ!」

との事。

早速、ご飯だけで頂こうと思います!(^^)

・・・・・・・・・・・・・

私からのお礼は絵本にしました。

Hさんには可愛いお孫さんが3人いるので

絵本とかるたにしました(^^)

20191107かるた
まだ字が読めないお孫ちゃんもいるので、

ママに手伝ってもらって遊んで欲しいと思います(^^)


20191107ゆきのひにあえたら
こちらの絵本は、絵がとても美しくて選びました。

Hさんご家族も大の猫好きであります(^^)




20191107絵本ごめんなさい
ちょっとクスっとして、とても可愛らしい絵本。

小さいお孫ちゃんには特に絵で楽しめると思い選びました(^^)



201911071泣いたあかおに
「ないた赤おに」はとても切なく悲しい物語です。

「ごんぎつね」系ですね。

とても心に残る名作と思い選びました。


・・・・・・・・・・・・・・・・

Hさんから絵本のお礼メッセ頂きました。

どの本もまだ読んだ事がなくて、

受取ってすぐからママに読んでもらっているとの事で

ご家族からもお礼の言葉を頂きました(^^)

今年も贅沢に美味しい新米を食べる事が出来て

本当に有難いです。

しっかり味わいたいと思います(^^)




いつもありがとうございます

初七日夜の偲ぶ会   2019.11.3(日)

先日友人のご主人が亡くなり

お手伝いにいったのですが、

その後、初七日前にお電話を頂き

長々と2時間半程おしゃべり。

昨日、初七日でもあるのでご自宅へ伺いました。

綺麗な祭壇を調えて沢山のお花とお供え品でした。

初めての事でもあり彼女から葬儀に関する事や

手続きの事・今後の事などを相談されました。

おしゃべりも尽きず、14時に伺ったのですが、

4時間程過ぎた頃に食事に行く事になりました。

彼女はお酒の好きな人ですが、

ご主人の病気発症から初七日まで断酒していたそうです。

偲ぶ会を兼ねて飲みたいと言う事で

ご自宅の近くの居酒屋さんへ行って来ました。


2019110304.png
彼女は生ビール・ワタクシはホット梅酒。


窓側の外の風景が見える落ち着いた席で

じっくり楽しくおしゃべりしてきました。

2019110305.png


ご主人や息子さんとの思い出話や

闘病中の様子・亡くなる時の様子などなど・・・

時に涙を浮かべ、時に可笑しかった思い出話に笑い、

不安な事や前向きな事やこれからの暮らしの事や、

大学生の息子さんとの事なども・・・・・・

飲んで、食べて、しゃべっての3時間半。

21時半過ぎになったので、そろそろ帰る事を伝えて

おひらきとしました。

お店を出て、地下鉄乗り口まで見送ってくれた彼女。

そこからまたちょいとおしゃべりが盛り上がって、

地下鉄改札隣りのベンチで1時間位しゃべってしまいました(^^)

納骨までやる事も沢山。

彼女は専業主婦でしたので、時間はありますが、

ご主人を亡くした喪失感でテキバキと動けなくなったと言っていました。

やらなければならない事があるうちは、

何とか動きますが、その後が心配・・・

大学生の息子さんはアルバイトもしており、

始終お母さんのそばにいるわけにもいきませんので

孤独と虚脱感時期が必ず来るからと念を押し、

寂しくならないよう、

お互いこまめに連絡し合おうねと約束し、

改札口にてお別れして来ました。

幸い彼女には同じマンションに大変親身になってくれる

お友達がいるので心強いと言っていたのが

安心できる言葉でした(^^)

夜遅くまでのおしゃべりに

帰宅は23時過ぎになってしまいました・・・

なんだか若い頃の飲み会帰りを思い出した夜でした・・・




いつもありがとうございます

社内ランチ会    2019.10.31(金)

年内でワタクシは事務所閉所の為、失業となりまして、

現在社内引き継ぎ・事務所閉所整理事務手続き等

何だかんだと雑務の日々となっています。

東京支店より支店長も手伝いにいらして

いろいろお気遣い頂いています。

取引き会社様の方々からも

ワタクシの今後を心配して下さったり残念がって下さったりと

有難いお声を頂き、

中には、今から涙ぐんで下さる方もいて

長く仕事をしていて良かったなぁと思うのでした。

そんな引き継ぎの忙しい中、

「恒例社内ランチ会」を開催して下さいました。

相変わらず同じ店の同じ「お刺身御膳」なのですが、

毎回お刺身のネタが違って美味しいので

東京の方々は楽しみにしています。

今回のお刺身御膳は・・・

2019110307.png
鯛・ハマチ・マグロ・ひらめ・スズキ・・・

白身がほとんどでしたが、いつもながら新鮮で美味しかったです!




2019110301.png

はい!今回もしっかりご馳走になりました!

ありがとうございました!(^^)




いつもありがとうございます

ご葬儀お手伝い   2019.10.29(火)

昨年秋頃に癌を発症した友人Mさんのご主人が

お亡くなりになったとお知らせ頂き、

すぐに彼女にお電話したところ、

何をどうやったら良いのか分からないと

心細そうだったので、

お手伝いに伺う事にしました。

りっぱな葬祭場での葬儀なので

隅ずみまで行き届いていたのですが、

やはり細かい事やご親戚・会社関係・友人等への

対応や細やかな部分が戸惑っていました。

ワタクシが到着した時は、

同じマンションで仲良くしていると言うお友達も

お手伝いに来てくれていまして、

ワタクシと二人でいろいろ段取りなど相談させてもらいました。

Mさんには大学生の息子さんが一人いて、

落ち着いて静かにしていましたが、

まだ19歳と若いし、父親の葬儀でもあり、

母親であるMさんにくっついているしかなかったのが、

切なく感じました・・・

今から葬儀慣れして挨拶もきちんと出来るなんて

仕事ならまだしも、誰だって出来るものではありません・・・

悲しみも深いのにぐっとこらえてお母さんにくっついている

と言うよりも、お母さんを支えているように見えました。

しかも、喪主挨拶は息子さんが致しました。

Mさんが喪主ですが、挨拶の言葉をどのように言ったらいいのか

用意された定型挨拶文では不足だし、

思うように言葉も出て来ないと涙ぐんでいました・・・・。


そこで喪主挨拶は長男のK君がする事にしたのです。

拙くても息子としての言葉で語るK君は、とても立派でした。

挨拶文は、ワタクシがK君の想いを聞きながら

文章にしました。

K君のお父さん・お母さんへの想いを聞き、

文章を作りながらもらい泣きしました・・・

翌日の本葬の時の挨拶文も二人で作りました・・・

長男としてお母さんと二人これから頑張ると言う姿を

皆さんにお見せする事が

亡くなったお父さんへ対する供養でもあると思いました・・・

ご主人は長年建設コンサルタントの技術部門で

お仕事をされていましたので、

会社関係の方々もいらしてくださり、

皆さん、早過ぎる訃報に大変残念がり、

Mさんへ長い事お声をかけて励ましていらっしゃいました。

仕事人としても父親としても夫としても

大変優しく真面目なお人柄に

多くの方々に惜しまれていました・・・

20191029.png
控室での納棺の後です。

その後、棺は会場へ向かいました・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

これからの事を思うと色々大変と思います。

経済的な暮らしは生前ご主人がきちんと

考えていて下さったそうで、

大学生の息子さんも卒業まで安心だと言っていました。

Mさんとご長男さんと二人、

どうか穏やかにお体に気を付けて過ごされます事を

強く祈っています。

寂しくならないよう、これからもちょくちょくお声かけして

お付き合いして行きたいと思っていますm(__)m




いつもありがとうございます

つれないメイちゃん・・・    2019.10.26

我が家の黒白メイちゃんと白ミコちゃんは、

あまり仲が良くありません。

良くないと言うか、

黒白メイちゃんが、受け入れません。

どんな猫さんも受け入れないメイちゃん。

2度ばかし、保護猫を預かりしたのですが、

まだ一か月程の小さい子猫でも受け入れませんでした。

威嚇したり、近寄って来ると逃げたり・・・

黒白メイちゃんからは、手を出しません。

近寄って来ると拒否するだけです・・・

反対に白ミコちゃんは、どんな猫さんも受け入れます。

大らかで母性も強くてお世話好き。

預りした時も2頭の子猫ちゃんのお世話をしてくれて

里親が決まってお別れの時はとても寂しそうでした・・・

そんな正反対のメイとミコですが、

本気の喧嘩などはせず、

一定の距離を置けば自然体でおります。

・・・・・・・・・・・・・・

ある日の、黒白メイと白ミコ・・・

白ミコちゃんが、黒白メイちゃんに近づきます。

いつも白ミコちゃんが、黒白メイちゃんと

遊びたくて近づいて行きます・・・

2019102613.png





まずは、ご挨拶でお顔を近づける白ミコちゃん。

黒白メイちゃんも触って来ない限りは我慢します・・・
2019102614.png



お腹を見せて、無防備で敵ではないとアピールする白ミコちゃん。
2019102616.png



さらに寝返りを打ってポッテリお腹を見せて

「ねぇねぇ~メイちゃん遊ぼうよ~!」と誘う健気なミコちゃん。
2019102609.png



結局、メイちゃんは「フン!」と無視しちゃいました・・・

2019102612.png
白ミコちゃんが、三つ指ついてお願いしているような姿勢・・・

残念ながら、この後は黒白メイちゃんが

プイッっとして、何処かへ行ってしまいました・・・

ポツンと残された白ミコちゃんが切ないの図でした・・・


・・・・・・・・・・・・・・

こういう関係を見ると黒白メイちゃんが

性格悪いように見えるんですが、

いざとなると強いのが黒白メイちゃんです。

白ミコちゃんは、顎ニキビができやすいので、

お風呂で顎を洗うのですが、

それを嫌がる白ミコちゃんの鳴き声を聞きつけた黒白メイちゃんは、

本気で私の肩をひっかいて白ミコちゃんを救出するんです・・・

これが本当に痛くて、

ひっかき傷は今もワタクシの肩に残っております・・・

また、ある日は白ミコちゃんはお腹が空いても

鳴いたりせず我慢するのですが、

それを知っている黒白メイちゃんは、

ワタクシがぐっすり寝ていても

ニャーニャー!とワタクシが起きるまで体に乗っかって鳴きます。

起こされたワタクシがお腹が空いていると気が付き餌を用意すると

白ミコちゃんは夢中で食べるのですが、

黒白メイちゃんは、それを見ているだけで食べません。

自分はお腹が空いているわけではなくて

白ミコちゃんの為に鳴いてくれるのでした。

何だかんだ長々言って・・・

我が家にとってどちらも可愛くて良い子でありまして・・・(笑)

結局、親バカだと言うお話でありました(笑)




いつもありがとうございます

映画 「ダークマン」

先日テレビで「ダークナイト」が放映されていましたネ。

最初だけ観たのですが、

今でも自分の印象に残っている映画と勘違いしていました。

「はて?あれはダークなんだっけ?」と

なかなか思い出せずネットで単語を検索しても

ダークナイトばかり・・・

諦め寸前に見た事あるパッケージ写真がヒットしました。

「これだ~!」

と思った映画が「ダークマン」です。
20191024.png


1990年の映画。

レンタルでたまたま観たこの映画。

主役の人工皮膚開発者役のリーアムニーソンが

凶悪ギャングにより、お顏と両手を

人間と判別できないほどの火傷を負わされます。

かろうじて命は助かりますが、

もはや人間とは思えない姿に・・・

恋人の前に姿を見せることもできず・・・

それからの彼は、

人工皮膚の開発者である事から、

自ら開発した人工皮膚をまとい、

凶悪ギャングと闘い復讐します。

人工皮膚でまとった顏は99分しか持たない。

特撮が一昔前で物足りない感じもありましたが、

ヘリコプターにぶら下がりビルとビルの間を

飛びまわるシーンはCGとは違ったリアル感でした。

続編も作られたようです。

ダークマンの何が良いかって言いますと、

最後の最後、人工皮膚の顏をまとって

恋人のもとから逃げるように

人ごみに紛れ込むダークマンがかっこいいんですよ~!

別人の顏に化けるんですが、その人が超ハンサムさん。

それが良くて覚えていたと言う映画でした(^^)



いつもありがとうございます

ボラ仲間でランチ   2019.10.22(火)

本日は「即位礼正殿の儀」。

朝からの本降りの雨でしたが、

即位礼の儀開始と共に雨が上がり、

皇居に虹が出て、富士山も見えたとか。

素晴らしい即位礼の儀が滞りなく出来て

本当に嬉しいです。

皇后雅子さまの笑顔がお綺麗で、

ますますの輝きとなっていましたねぇ。

・・・・・・・・・・・・・・

今日の祝日のお蔭で

いつも忙しくしているボラメンバーさん全員が

お休みとなり集まる事が出来ました。

2時間程の打ち合わせと

来年からの活動についても話し合いを致しました。

年齢的に来年からは縮小する活動の方向になりました。

持病を抱えながら活動してくれているメンバーさん。

年齢的に無理になって来ているメンバーさん。

ご主人の転勤の予定のメンバーさん。

ワタクシの場合は、活動自体ほとんど雑用の

お手伝いなので、来年は陰ながらお手伝いと言うか

協力する事にしました。

年々、歳が重なって行くと、

やりたくても無理がきかなくなっていますよねぇ・・・

お若い方々に引き継いでやって頂けたら有難いので、

来年からお手伝いして下さるメンバーを募る方向だそうです。

・・・・・・・・・・・・・

話し合いも終了し、

皆んなでランチ会場へ行きました。

なかなか集まってランチする事もなかったので

楽しいひと時となりました(^^)

2019102201.png


2019102207.png
広い店内には雑貨と食材コーナーがありました。

お買いものも楽しく出来そうです。


2019102202.png




2019102203.png
蓮の葉の蒸し飯セット。

健康志向の食材と味付けでした。



2019102204.png
リゾット。

バターが効いていて美味しかったです。



2019102205.png
野菜の素揚げをドレッシンで頂きました。

野菜がいっぱいでうれしい!



2019102206.png
お豆腐入りのケーキ。

しっとりで甘さ控えめで美味しい~。




来年からは、ボラさんたちとこんな風に

楽しいひと時もなくなるんだなぁ~と思うと

寂しい思いです・・・

いっきに老け込むだろうなぁ~(笑)




いつもありがとうございます

薬丸 岳  「ラストナイト」

薬丸 岳

「ラストナイト」

2019101901.png

顔中ヒョウの刺青の男の復讐物語です。

犯罪を起こしては服役を繰り返す片桐。

すでに32年前から入出所を繰り返している。

そこには、

片桐が命をかけてケリをつけたい復讐がありました。

片桐との付き合いのある人物それぞれを描きながら

片桐の思いや、誰になぜ復讐を果たそうとするのかが

描かれています。

少し怖い流れですが、

生涯をかけてケリをつけようとする

片桐の思いが泣けます…

そんな片桐の人生にも、

ほんのひと時だけ幸せがありました。

それだけを握りしめて、

復讐する片桐があまりにも悲しいです…




いつもありがとうございます

映画「真夜中まで」

2019.10.7(月)

平野レミさんのご主人で

イラストレーターであり映画監督でもあった

和田誠さんが亡くなられたとの事。

83歳。肺炎。

和田さんは、たばこ「ハイライト」や

星新一さんの本や

週刊文春のカバーイラストもしていていたんですねぇ。

映画監督としては

「麻雀放浪記」

「怪盗ルヴィ」

「真夜中まで」などがあります。

その中で「真夜中まで」と言う映画が好きです。


キャプチャ

事件に巻き込まれたジャズトランペッターと

外国人女性の1時間50分の逃避行を描く

スリリングでユーモアもあるおしゃれな映画。

出演は真田広之さんと香港女優のミッシェル・リーさん。

ミッシェル・リーさんてミス香港なのねぇ。美しい人!

作中で有名な俳優さん達がちょい役で出演しています。

もたいまさこさん・柴田理恵さん・唐沢寿明さん・佐藤仁美さん・

戸田菜穂子さん・小松政夫さん・六平直政さんなどが

ちょっとだけ出演していて面白いです。

全編ジャズが流れてリズミカルで照明やカメラワークが素敵。

映画のパッケージイラストも和田誠さん。

とても素敵なイラストレーターの和田誠さんの

ご冥福をお祈り致します。



いつもありがとうございます

藤沢 周平  「又蔵の火」

藤沢周平
「又蔵の火」

2019101101.png

短編5編収録

・・・・・・・・・・

帯の写真の仲代達矢さんが出演したのが「帰郷」と言う作品。

・・・・・・・・・・

仲代さんさすがです。役にぴったり!

・・・・・・・・・・

表題の又蔵の火より、帰郷が好きです。

・・・・・・・・・・

仲代達矢さん演じる老いた渡世人の宇之吉が、

親分の罪を被って故郷を逃げ通し、

帰って来た時には女房にするはずの女は

娘を産んで亡くなっていた…

宇之吉は娘のために

一世一代の博打を挑み娘を助けます…

その後、娘との暮らしは選ばず宇之吉は、

病を抱えたまま故郷を離れます…

・・・・・・・・・・・・・

藤沢周平さんの荒涼とした自然描写と、

闇の人間模様が、悲しくもあり切なくもあります…

・・・・・・・・・・・・・・

アジア初の快挙!
仲代達矢主演 史上初8K時代劇「帰郷」カンヌにてワールドプレミア決定!
・・・・・・
観たいなぁ~
https://www.jidaigeki.com/kikyo/




いつもありがとうございます

エクトール・マロ 「家なき子」

エクトール・マロ
「家なき子」

2019100901.png
捨て子のレミ少年のさまざまな困難を乗り越える逞しい物語。

児童文学として愛され続けている有名な作品。

上・下巻と長い物語ですが、

いっきに読み終えたくページをめくる手が進みます。

・・・・・・

たった8歳のレミが旅芸人の師匠と動物たちとの

貧しく厳しい暮らしの中でも、

常に向上心と愛情を持ち、

師匠から受けた恩恵を忘れない。

・・・・・・

いくつもの困難に遭っても

賢明さと明るさと行動力で乗り越えます。

・・・・・・

生涯の友となるマルティアと出会ったレミ少年は、

大人たちに騙される事もあり、

死に直面する事もありましたが、

マルティアと共に乗り越えます。

・・・・・・

子供を奴隷のように使う大人がいたり、

泥棒一家の一員として働かされたり、

冷たい世間の風に絶望したり・・・

・・・・・・

しかしレミ少年を救い

愛情を注ぎ助ける大人たちや仲間もいます。

彼らのお陰で、本当の家族を探し

出会う事になり幸福へ導かれます。

・・・・・・

レミ少年とマルティア少年の友情の厚さ。

瀕死のレミ少年を助けてくれ、

家族同様に愛情を注いでくれたアキャン一家。

捨て子のレミを自分の子供のように

深い愛情で育ててくれたバルブラン母さん。

レミ少年の恩を受けた相手に対する

感謝と恩返しに感動します。

・・・・・・

長い長いこの物語は、

行く先々の土地の描写や

当時のフランスやイギリスの人々の暮らしも

リアルに描いていて興味深いです。

・・・・・・

要所要所に描かれている挿絵が美しいです。

・・・・・・

感動の一冊でした。



いつもありがとうございます

母の誕生日お祝い会   2019.10.9(水)

昨夜10/8(火)、我が母の誕生日お祝い会を致しました。

母の誕生日は10月12日なのですが、

お招きした人達の都合が合う昨夜に開催致しました。

毎年母のお気に入りのこちらの和食屋さんでお祝いします。

カンパ~イ!!
2019100806.png


お年寄りにもやさしい心のこもったお料理。
2019100808.png
ひらめの薄造り・塩カツオ・まぐろ・トロ。

塩カツオって初めて食べました。

塩が効いてお醤油付けずに食べます。

お塩自体も美味しかったです。


一輪挿しのお花も生花。
2019100807.png
菊としめじの和え物。

母が菊大好きなので喜んでいました。

イクラとなめこの酢の物。

あさりとネギのぬた。



大きな丸い茄子の田楽。
2019100803.png
白身のお魚を食べているようでした。

皮も柔らかくて、ヘタ以外全部食べれるんですが、

母はヘタも食べていました(^^)




ゆずとマカロニとホタテのグラタン。
2019100804.png
ゆずがグラタンにこんなに合うとは思いませんでした。

さっぱりとしたグラタンでした。



他には、まつたけの土瓶蒸し・いちじくの天ぷら・

エビしんじょう・サンマの天ぷらもありましたが

写真撮るの忘れた・・・(^^)


栗ごはんとなめこのお味噌汁。
2019100801.png
御ひつに入った栗ごはん。

お腹いっぱいだったので持ち帰り用におにぎりにしてもらいました(^^)



2019100805.png
器も素敵で舌で味わい目で味わいの

優雅で贅沢なひと時でした(^^)

・・・・・・・・・・・・・・

お祝いの品は腕時計。

腕がかなり細くなっちゃった母には伸縮バンドにしたのですが、

それでもベルトが長かったようで修正して貰う為、預り中(^^)

・・・・・・・・・・・・・・

御年95歳。

夫(私の父)も息子(私の兄)も亡くし、

母の姉弟3人も鬼籍の人・・・

九州は小倉の姉と私と妹の女系家族となりました。

姉も歳になり、

なかなか仙台まで来れなくなりました・・・

そんな母ですが、

料理・洗濯・掃除・毎日の家計簿付け・手芸・読書と

一通り変わらずやっていて凄いなぁと思っています。

少々耳が遠くなり、外出も付き添いが必要ですが、

杖も不要だし記憶力が良いので、

私が「あれは何だっけ?」と確認で聞くほど(^^)

目も良いのでメガネは不要で新聞も本も小さな文字でも

しっかり読めているってところがこれまた凄い。

母曰く「朝食に時間をかけてしっかり食べると

一日がすっきりして気持ち良い。

朝は卵・トマト。夜は納豆をかかさない。」

だそうです(^^)

・・・・・・・・・・・・・・

歴史が好きなので史実と違う時代劇へのツッコミも多々。

現在読書中が「上杉鷹山」上・下巻」の長編を再読中。

私は挫折しました・・・(笑)

鷹山の名言を教えてくれたのも母からでした。

「成せばなる、成さねばならぬ何事も
成らぬは人の、なさぬなりけり」

・・・・・・・・・

来年も元気でお祝い出来るよう祈っています!



いつもありがとうございます

ケーキとコーヒー   2019.10.3(木)

だいぶ陽も短くなり、朝晩涼しいですね。

秋深しですね(^^)

・・・・・・・・・・・・・

さてワタクシは、このたび失業する運びとなりました・・・

年内で事務所が移転となり移転先へは行けないので

退職する事になりました。

この歳で再就職先見つかるかしら・・・

体力もなく地頭も弱く資格も免許もなし・・・

困ったなぁ~・・・

などと不安に思っていましたら、

友人がひょっこり会社に顏を出してくれて、

帰りにお茶をご馳走してくれました。

不思議な人で、ワタクシが節目節目で少々困難に会うと

Wさんがひょっこり現れる・・・

Wさんも「何か久し振りでCNさん元気かなあ~と

気になったんだよねぇ。タイミングが合うねぇ。」

Wさんもスーパーで長年勤務をしています。

ご主人も別のスーパーに勤務。

子供さん二人は大変優秀で、どちらも自立して、

息子さんはご結婚が決まりとても喜んでいました(^^)

幼稚園の時から知っている息子さんは、

学生の時はラグビーをやっていまして、逞しく優しい好青年!

娘さんは仙台市内で一番優秀な高校に行き、

関東の国立大学へ進学後、イギリスへ留学。

現在は大手製薬会社で東京勤務。

語学を活かして遣り甲斐のあるお仕事についています。

娘さんもお付き合いしている人がいるとの事でしたので、

近い将来ご結婚の予定。

とても倖せなご家族のお話に明るい気持ちのおすそ分けを頂きました(^^)

2019100301.jpg
木製のテーブルと椅子が癒される~



2019100303.png
Wさんはアップルタルトケーキ。



2019100304.png
ワタクシは黒糖バナナタルトケーキ。


コーヒーも濃くて香りが良く美味しかったです。


2019100305.png
ソファー席からは、窓いっぱいに外の風景が観れます。

Wさんに励ましを受けた上、ご馳走になっちゃった(^^)

来年からどうなるか・・・

なるようにしかなりません。

好きな仕事でしたので、とても残念ですが、仕方ない・・・

年内忙しくなるけど、顧客に迷惑かからないよう

きちんと引き継ぎ頑張ります!




いつもありがとうございます

千本鳥居とはいきませんが・・・   2019.9.22(日)

京都の伏見稲荷大社の千本鳥居に

いつも一度行ってみたいなぁと思っているのですが、

宮城県にも小さな鳥居がありました。

2019092201神社
山の中にあります。

どんな感じなのか歩いてみました。



伏見稲荷大社のような美しさはありませんが、

素朴で地域に密着した鳥居と感じました。
2019092202神社



鳥居を進みますと境内が見えてきました。
2019092204神社




なかなかりっぱな神社でした。
2019092203神社
お祓いをして頂いているご家族がいらして

賑やかな笑い声が聞こえて明るい雰囲気でした。

敷地が広くて神主さんのご自宅も隣接していました。

外にお手洗いがあるのですが、

綺麗に掃除してあり新しいのか清潔でうれしかったです。


手水舎もあり、真っ白で清潔なタオルが4本

隅々に提げてあって、

管理が行き届いているんだなぁと思いました。

千本とはいきませんが、

100本近くある鳥居でした。

なんと、お猿さんに遭遇しました。

20190922猿
ゆっくりのんびり歩いていて、

人や車も気にしていませんでした。

大きなお猿さんでした。

結構太っていました(^^)




いつもありがとうございます

ご法事   2019.9.22(日)

22日は親戚のご法事に参加。

法要の後、お墓参りをして、お食事会へ。

趣のあるレトロな風情の旅館でのお食事会でした。


2019092206法事
少し霧雨もあり、雰囲気に似合っていました。



山あいにある温泉街です。
2019092208法事



いいなぁ~このレトロ感。
20190922法事1
一度来てみたかった旅館でした。感激!



2019092205法事
お掃除が行き届き、磨かれた階段もピカピカ。




長い廊下も昭和と言うか大正と言うか、懐かしさを感じます。
2019092204法事



インテリアにも凝っていて時代を感じさせます。
2019092203法事



暖かい小鍋もあって全て好きな物ばかりで完食!(^^)
20190922法事料理





久しぶりに集まり、昔話や子供たちの可愛い話に

お料理と共に盛り上がって満足満腹でした!
2019092201法事



まだ低学年の男の子がいるのですが、

将来は「大工さんになりたい!」と宣言していました。

夏休みの宿題で大人用の椅子を作ったそうです。

ママが設計の仕事をしているので、図面を作ってくれて

従兄妹の女の子と一緒に作ったと言うんですから凄い!

学校でも図工が一番好きとの事。

現在は野球・ピアノ・英語をやっているとの事。

ママは長らくアメリカ留学をしていたので、

英語は早いうちから出来るようです。

夏休みには一人で飛行機で山口県まで行ったとか。

恵まれた環境と積極的な育児と成長ぶりに感心しました!

照れ屋さんでワタクシが話を振ると

ママの顔を見て返事をするので

皆んなで大笑い。

可愛い男の子でした(^^)

また高校二年生の親戚の男子は、

大人しくて優しい子。

にこっと笑うとイケメン君。

勉強を頑張りたいので自分の意志で部活を退部したとか。

忙しい勉強の中、法要に参加してくれました。

話を聞いてもしっかりしているので、

我が家以外の親戚の皆さんの優秀な事!

感心しきり感激しきりの法要食事会でした(^^)





いつもありがとうございます

イベントお手伝い   2019.9.21(土)

三連休初日は、猫ボラさんのイベント参加お手伝いに

行って来ました。

風がさわさわで秋だなぁ~と実感。

緑の憩いの広場でのイベントだったので

木々や草花に囲まれとっても癒されました。

2019092114.png
外のイベントはお天気に左右されるので

開催中も空模様が気になりました。

夜19時まで開催したのですが夜は夜でライトアップしてくれて

なんとも幻想的な雰囲気が素敵でした。


和菓子屋さんも出店していました。
2019092108.png
人気の肉球まんじゅう!




陶器で出来た箸置き。手作りです。
2019092110.png



吊り下げ型ティッシュカバー。
2019092112.png



招き猫のポーチ。
2019092113.png



トートバッグ。お弁当入れなどに便利。
2019092111.png



大判バスタオル。タイから仕入れたそうです。
2019092107.png



猫ちゃん用抱き枕。
2019092106.png



恐竜のイヤリング。個人的にイチオシ品(^^)
2019092105.png




肉球ピアス。
2019092104.png



エスニック調のピアス。
2019092103.png



メンバーさんハンドメイド頑張りました!

売上金は経費を除いて全て保護猫活動資金として

大切に使わせて頂きますm(__)m

今回ワタクシはチラシやお弁当担当したのですが、

お弁当が美味しくなかった・・・

と言うか味が薄くて労働中のランチには不向き・・・

お稲荷さんだったのですが、味見もせず急いで作ったのが敗因。

16個作っていったのですが、

いつもなら完食なのに、半分程残りました・・・

お腹空いた状態で夜まで頑張ったメンバーさんでした・・・

メンバーさん三連休もボラ活動で休みなし・・・

倖せな猫さんが増えるよう頑張る姿に頭が下がります。




いつもありがとうございます

誕生祝いの食事会   2019.9.20(金)

9月19日がワタクシの誕生日なのですが、

妹がお休みの20日(金)にお祝いのお食事会をしてくれました。

201909207.png
ビルの地下の和食屋さんです。


かんぱ~い!
201909201.png




山形だしと言うお漬物が乗った冷奴とあんきもの酢の物。
201909202.png
あんきも大好き!


握り4貫。
201909205.png
小ぶりの握りで女性や年寄りに食べやすい!




仙台牛のステーキ。
201909206.png
柔らかくてソースも美味しい!




嬉しい小鉢かご膳。
201909204.png
味付けがとても良く一品一品丁寧な作りに感激!



テーブルいっぱいのお料理でした!
201909203.png
小鍋は豚肉とお野菜。タレが梅醤油でさっぱりとしたお味でした。

誕生日プレゼントは、12年使い込んだガスコンロを

買い換えてくれました。

ガス屋さんに直接お願いしたので、

通常の半額以下で購入できて助かりました。

とてもりっぱなガスコンロで

もったいなくてお料理しにくい(笑)

大変贅沢なお食事会もして頂き感謝感謝のお祝いでした。

お会計の時に妹の一言が聞こえました。

「ひぇ~・・・」


ご馳走さまでした~!(^^)




いつもありがとうございます
プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
977位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント