FC2ブログ

アンソロジー  「おやこ」

2020050205.png

池波正太郎・梶よう子・杉本苑子・竹田真砂子・

畠中恵・山本一力・山本周五郎

・・・・・・・

特に池波正太郎さんの「つるつる」は、

若ハゲの息子のコンプレックスから起こる事件と

その後の成長を描いています。

父親として息子へ信頼が長い時を経て実現します。

・・・・・・・

梶よう子さんの「二輪草」は

身体の不自由な父親と

絵師をめざす幼い息子の切ないお話。

幼いながら父親の為に必死に守る息子の姿が

どうか良い方向へ行きますようにと願う思いでした。

二輪草は、なぜ二輪草と呼ばれているのか・・・

「一本の茎から二輪の花を咲かせることが多い」

からだそうです。





いつもありがとうございます
スポンサーサイト



アンソロジー  「絆を紡ぐ」

20200211.png

すごいメンバーのアンソロジーです。

・・・・・・

短い物語で読みやすいです。

心に残る物語ばかり。

滝口康彦と山本周五郎は

夫婦、想いびとへの

長い年月をかけての想いが切なく哀しい。

永井路子と池波正太郎は歴史物。

永井路子さんの物語は、

信長の妹お市の娘たち

「お茶々・お初・お江」を描いています。

戦国時代を生き抜いた三人の中で、

特に「お江」の強さを描いています。

時代小説を好きになったきっかけが

永井路子さんでした。

面白いです。

藤沢周平さんは、市井もの。

妻を亡くして途方に暮れる意気地なしの男の為に、

同じ長屋に住む娘がお世話する優しい思いが、

ホロリとします。

二人の行方が幸せになるよう

祈る思いになります。




いつもありがとうございます

2019年本屋大賞ノミネート作品10冊!  2019.1.22(火)

無題

大賞発表は4月9日です!


①三浦しをん「愛なき世界」
 ※本村さんに恋をして、
  どんどん植物の世界に分け入る藤丸青年。
  小さな生きものたちの姿に、
  人間の心の不思議もあふれ出す温かな青春小説。

・・・・・・・・・・・・・・・

②平野啓一郎「ある男」
 ※彼女の夫は「大祐」ではなかった。
  夫であったはずの男は、
  まったく違う人物であった…。

・・・・・・・・・・・・・・・

③木皿泉「さざなみのよる」
 ※小国ナスミ、享年43。
   その死は湖に落ちた雫の波紋のように
   家族や友人知人へと広がり――
   命のまばゆさを描く感動と祝福

・・・・・・・・・・・・・・・

④瀬尾まいこ「そしてバトンは渡された」
 ※「私には父親が三人、母親が二人いる。
   家族の形態は、十七年間で七回も変わった。
   でも、全然不幸ではないのだ。」
   身近な人が愛おしくなる、
   著者会心の感動作

・・・・・・・・・・・・・・・

⑤森見登美彦「熱帯」
 ※東京の片隅で始まった冒険は
   京都を駆け抜け、満州の夜を潜り、
   数多の語り手の魂を乗り継いで、
   いざ謎の源流へ―!

・・・・・・・・・・・・・・・

⑥小野寺史宣「ひと」
 ※両親を亡くし大学中退した聖輔20歳。
   ある日お惣菜屋でおばあちゃんに
   コロッケを譲るという小さな出来事から
   運命が変わり始める。

・・・・・・・・・・・・・・・

⑦知念実希人「ひとつむぎの手」
※医療ミステリーの旗手が挑む
  ヒューマンドラマ。

・・・・・・・・・・・・・・・

⑧芹沢央「火のないところに煙は」
 ※神楽坂を舞台にした
  怪談の依頼を受ける作家の「私」。
  情報取集に起こる不可思議なことが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

⑨伊坂幸太郎「フーガはユーガ」
  ※双子の優我と風我。
   誕生日にだけ2時間おきに
   入れ替わることができる双子。
   父親からの虐待・いじめ・貧困により
   二人はどのように生きてきたのか。

・・・・・・・・・・・・・・・

⑩深緑野分「ベルリンは晴れているか」
 ※終戦のドイツの物語。
  直木賞候補にもなりました。


いつもありがとうございます

サライ「にっぽんは猫の国」2017.3月号

無題


今回のサライは猫についての歴史、

猫好きで有名な著名人も紹介されていたので

早速購入。

また「猫の寺」として有名な

福井県越前市の「御誕生寺」や

「猫の島」として有名な

宮城県石巻市の「田代島」、

歌川国芳の浮世絵で描かれた

多くの個性的な猫絵も紹介されていました。

大の猫好きな室生犀星、夏目漱石、

池波正太郎、長谷川町子、赤塚不二夫など…

猫との関係性が微笑ましいです。

室生犀星と愛猫の写真では、

火鉢に前足揃えてチョコンと立っている猫と

それをにこやかに見つめる室生犀星が

とても可愛いです。

付録に歌川国芳の一筆箋が付いています。



いつもありがとうございます




プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1928位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
790位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント