FC2ブログ

荻原 浩(おぎわら ひろし) 「誘拐ラプソディー」

2019030401.png

あ〜面白かった〜!

本の厚さ17ミリ、420ページ。

結構文庫本にしては厚い方です。

てんこ盛りのスリルとサスペンスとユーモアとギャグ、

そして何だか胸がジーンとする物語。

「伊達秀吉」と言う前科3犯の38歳のダメ人間。

一発逆転を狙って金持ちのガキを誘拐します。

ところが誘拐したガキは、

なんと暴力団組長の息子!

暴力団に敵対するマフィアに

警察まで巻き込んでの逃走劇。

伊達秀吉とガキの伝助との間には

いつしか友情が芽生えます。

伊達秀吉には弟がいましたが、

6歳で亡くなりました。

伊達秀吉は小さい頃から弟と二人、

義理の父親から殴る蹴るの虐待を受けて育ちます。

あの日、自分が弟のそばにいれば、

弟は死ななかった…

ガキの伝助を見るたびに、

遠い過去の生きていた弟を思い出します。

伊達秀吉と伝助の奇妙な旅と、

暴力団・マフィア・警察からの追跡が、

運・不運の連続でノンストップの面白さ。

プロの暴力団とど素人のダメ男。

プロのマフィアとプロの暴力団。

警察と暴力団。

それぞれのメンツをかけた追走手段が

ハイテクを駆使していますが、

最終的には親が子供を思う強い気持ちで

必死になるところが、

皮肉なユーモアとジーンとくる物語でした。

伊達秀吉は、

ガキの伝助により人生をやり直そうとします。

ガキの伝助のしっちゃかめっちゃかな活躍が

とても面白かったです。

作中、萩原作品を知っている人には

思わずクスッとするシーンが出て来るところも、

なかなか萩原さん粋ですねぇ(^^)



いつもありがとうございます
スポンサーサイト



蝶が舞うリースの時計
プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
697位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント