fc2ブログ

谷内 六郎 「遠い日の歌」

谷内六郎

昭和の風景を抒情的に描き続けた画家。

週刊新潮の表紙挿絵を25年担当したそうです。

エッセイと詩を掲載しています。


2022011802.png


谷内さんは少年の心情をそのまま言葉に載せているので

読みやすく可愛いです。

・・・・・・・・・・・・・・

カラー作品は小さく数点掲載しています。

・・・・・・・・・・・・・

「犬も歩けば」の章では、

知人から生まれたての犬を貰い受けます。

2022011801.png

黒くて変わっているという事で谷内さんにくれたその犬は

後に二か所の犬のコンクールで賞をもらったとの事。

その犬はコッカスパニエールだったとか。

ディズニーのワンワン物語の主役の犬。

・・・・・・・・・・・・・・

なんかちょっとクスっとする谷内さんの言葉が可愛い本でした。

懐かしい昭和の風景がたくさん。





いつもありがとうございます
スポンサーサイト



谷崎潤一郎・吉行淳乃介ほか  「猫は神さまの贈り物」〈エッセイ編〉

猫は神様の贈り物
16人の猫好き作家さん達によるエッセイ集。

中でも夏目漱石「猫の墓」が良かったです。

旧仮名遣いでの文章を読むのが久しぶりでした。

飼い猫が日に日に痩せ衰え、

そして死んで行くまでの様子が

淡々と綿密に描かれています。

日がな縁側に寝ているその猫の姿を

「ものうさの度をある所迄通り越して、

動かなければ淋しいが、

動くとなほ淋しいので、

我慢して、じっと辛抱してゐる様に見えた。」

と描いています。

また亡くなる前日の夜には

子供の夜具の裾でうなり声をあげていた様子や、

翌日、外の物置の片隅でひっそり亡くなった様子・・・

庭に埋めて、墓標には「猫の墓」と書き、

ガラス瓶に萩の花を沢山挿し、

茶碗に水を汲んで墓に置いたり・・・

四つになる娘さんの墓の前でのしぐさなど・・・

読後しみじみ心に残る作品でした・・・





いつもありがとうございます
プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1710位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント