FC2ブログ

谷崎潤一郎・吉行淳乃介ほか  「猫は神さまの贈り物」〈エッセイ編〉

猫は神様の贈り物
16人の猫好き作家さん達によるエッセイ集。

中でも夏目漱石「猫の墓」が良かったです。

旧仮名遣いでの文章を読むのが久しぶりでした。

飼い猫が日に日に痩せ衰え、

そして死んで行くまでの様子が

淡々と綿密に描かれています。

日がな縁側に寝ているその猫の姿を

「ものうさの度をある所迄通り越して、

動かなければ淋しいが、

動くとなほ淋しいので、

我慢して、じっと辛抱してゐる様に見えた。」

と描いています。

また亡くなる前日の夜には

子供の夜具の裾でうなり声をあげていた様子や、

翌日、外の物置の片隅でひっそり亡くなった様子・・・

庭に埋めて、墓標には「猫の墓」と書き、

ガラス瓶に萩の花を沢山挿し、

茶碗に水を汲んで墓に置いたり・・・

四つになる娘さんの墓の前でのしぐさなど・・・

読後しみじみ心に残る作品でした・・・





いつもありがとうございます
スポンサーサイト



プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
790位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント