fc2ブログ

森沢 明夫 「エミリの小さな包丁」

森沢明夫 エミリの小さな包丁
信じていた恋人に騙され、
職業もお金も居場所さえも失った25歳のエミリ。

藁にもすがる思いで10年以上連絡を取っていなかった
祖父の家へ転がり込む。

心に傷を負ったエミリを
淡々と包丁を研ぎ、食事の仕度する祖父。

一つ一つの料理を祖父と共に丁寧に作るエミリが
少しずつ変化し成長して行きます。

田舎の港町を舞台にした
再生物語です。

章ごとにお魚料理を描いています。

祖父の大三は風鈴作り職人。

祖母を亡くし一人暮らし。

「小さな包丁」とは
何年も大切に研いで使い続けているので
小さくなってしまった包丁の事。

その小さな包丁のお話が
祖父大三からのエミリに対する思い・・・

風鈴作りについて大三が言います。
「火で熱せられ、水で冷まされ、
しかも金槌で叩かれる。
そんなつらい工程を経るからこそ、
完成した風鈴は見た目も音色も美しくなる」

田舎の祖父の周りの人々の温かさと
大らかな生き方がエミリを成長させます。

「鼻歌を歌うと世界は変えられないけど
気分は変えられる」
などなど、物語の中にメッセージが沢山あります。

特にお若い世代の人には
感動できるバイブルのような優しい作品と思いました。





いつもありがとうございます

スポンサーサイト



プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1710位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント