fc2ブログ

澤田 瞳子 「輝山」

輝山
世界遺産・石見銀山を舞台に、
懸命に生きる人々の生きざまを描いた長編。

・・・・・・・・・・・・・・

『代官・岩田鍬三郎の身辺を探るため、
江戸から石見国大森銀山にやって来た金吾。

代官所で中間として働き始めるが、
そこで待っていたのは
銀山を支えるため懸命に生きる人々との出会い。

命の危険にさらされながら
間歩の中で鉱石を採掘する掘子。
重い荷を運び母と妹を養う少年。
世を憎み、酒浸りの日々を送る僧侶。
そして彼らを慈悲深く見守る岩田鍬三郎……。

さまざまな思いに触れ、
金吾はいつしか彼らに魅せられていく。』
                あらすじより。

・・・・・・・・・・・・・・

第一章から第六章に分けて描かれています。

一章一章が鉱山で働く村の人々の

苦楽と逞しさが活き活きと描かれています。

・・・・・・・・・・・・・・

江戸から派遣された中間(ちゅうげん)の金吾と

銀山で働く堀子達との交流。

それぞれの短い人生の尊さ。

銀山を守る代官の岩田鍬三郎の采配。

・・・・・・・・・・・・・

情景描写が素晴らしいです。

登場する人物一人一人が丁寧に描かれ

金吾が銀山に来て最初に親しくなった

与平次との交流は

涙なくしては読めませんでした・・・

・・・・・・・・・・・・・・

「親しい者の死を悲しみ嘆くのは人の常だ。
だが、苦しみながら亡くなっていった仲間の
死にざまを思うよりも
自分は元気に間歩(まぶ・坑道の事)稼ぎをしていた頃の
彼らの姿を覚えていたい。
それこそが生きてこの世に残った者の務めではないか。
と与平次は眩しいものを眺めるように眼を細めた」







いつもありがとうございます
スポンサーサイト



プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1710位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント