FC2ブログ

香納 諒一 「夜の海に瞑れ(つぶれ)」

【中古】 夜の海に瞑れ (角川文庫)

【中古】 夜の海に瞑れ (角川文庫)
価格:200円(税込、送料別)




「癌に冒された老ヤクザを故郷の淡路島まで運べ。」


舞い込んだ依頼はたやすいはずだった・・・。

だが、謎の追っ手の襲撃によって、

老人吉野と親友が拉致される。

しかも、その老人は、五十年以上前にシベリアの捕虜収容所で、

凍土に葬られたはずの男だった・・・

組織を裏切った老ヤクザ吉野の本当の狙いは何か。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


香納諒一の小説で三番目位に好きな作品。

一番は、「さらば狩人」

二番は、「炎の影」

三番が、「夜の海に瞑れ(つぶれ)」

で、今作品に登場する安本兄弟が

「さらば狩人」にも登場する。

兄は俊敏で頭も良い。弟は図体がデカく腕力は凄いが頭が弱い。

この二人のキャラが気に入って、香納さんは、別の作品にも

登場させたかったと言って「さらば狩人」に登場させたとのこと。




スポンサーサイト



香納 諒一「さらば狩人」

さらば狩人(かりうど)

さらば狩人(かりうど)
価格:880円(税込、送料別)




今度の依頼はどこかキナ臭い。

標的を横取りされた殺し屋の安本兄弟は、

暴力団に加えて産業スパイ、公安、CIAまでが入り乱れての

熾烈な争いの渦中で、

失踪した妹をひたすら探す山人(マタギ)の娘と出逢う。

やがて不気味な気配とともに浮上する、

コンピューター業界の均衡を劇的に崩壊させかねない新型チップの謎!

ある大物右翼が綿密に画策した、

日米半導体戦争に新たな地平を拓く巨大な陰謀とは何か―。

香納作品の中で一番好きな作品。

何度か再読した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


安本兄弟。兄の芳郎。

少し頭の足りない弟の辰雄。

弟がマタギの娘を気に入る。

娘は、兄の芳郎に魅かれる。

そんな所もさらっと折り込んでいるので、

やわらかさもあり、引き込まれて読めた。


『岡村は、きちんと処理したんだな』

いきなり訊かれ、弟は何も言わずにうなずいた。

サンドイッチで口の中が一杯で、

咄嗟に声が出なかったのだ。

あわてて飲み下し、

改めてはっきりとうなずき直した。

「大丈夫さ、兄貴に心配をかけるようなことは、何もない」

『なんだかおかしな匂いがするぜ』

弟の言葉にかぶせるようにして、

兄は声を低くして言った。

相変わらず、視線は窓の外へ向けたままだ。

辰雄はすこし不安になって顔を曇らせた。

兄は煙草をもみ消して新しいハイライトを取り出した。

弟が口を動かすことも忘れ、じっとうつむいているのに気づいて苦笑する。

『いいから食っちまえ。』

兄が微笑んだことにほっとした。

考えるのは兄貴の仕事だ。

俺はそんな頭はない。

辰雄は、兄が微笑んでいれば、

不思議と不安が消えていく。

兄貴の言う通りにやってりゃあ、

なんでも必ずうまくいくのだ。





蝶が舞うリースの時計
プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
697位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント