FC2ブログ

映画 「コーラスライン」





ブロードウェイの傑作ミュージカルを映画化!

N.Y.ブロードウェイ。

ブロードウェイの売れっ子ディレクターであるザック(マイケルダグラス)は、
新しいショーのために、男女各4人ずつのコーラスダンサーを選ぼうと
オーディションを開催する。

厳しいオーディションに合格したとしても手に入るのは「コーラス」、つまり無名の脇役。
「君たちはスターを彩る額縁、誰も僕の目を惹いてはいけない」とザックに宣告され、
それでもダンサーたちはたった8人の採用枠に残るために自分のすべてを賭ける。

「君たち自身を知りたい」というザックの問いかけに、
躊躇しながらも赤裸々に自分の人生について語り始める・・・。


予選には人種も出自も様々な、大勢の若者たちが集まったが、
そこにザックの元恋人であり、女優を夢見てハリウッドに渡った
キャシー(アリソン・リード)が現れた。

女優の道を諦めた彼女は、再びダンサーとして再出発するために
ここを訪れたのだが・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オーディションを受ける為の長蛇の列・・・

手際良く審査を進めるザックとラリー

予選通過者をパンツの色やレオタードの色で言う
「そこの青の君・ピンクの彼女・グレーの君」

中には常連さんもいて「コニー」「シーラ」などと
名前を言われる人も・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

審査中に振付を忘れマゴマゴしている子を見かねたラリー

「待て、そうじゃない下がれ、緑の女性、こっちへ来て」
と言って一人の女性の手を持って舞台中央へ連れて来る

「これが見本だ」

自信なげにおどおどしてた女性だったが
「ワンツースリーステップアップ!」の掛け声で踊り出す

素晴らしいダンスに思わず周りから拍手!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


だいたいの通過者が決まったところで
通過者全員を舞台に集めるザック

100人近くのダンサーが舞台いっぱいにひしめき合う程に。

「いいか 力強くだ
しっかりビートに乗れ!」

ここで全員で踊るシーン。圧巻です!

ここでもザックとラリーは、審査する為に鋭い目で一人一人吟味していく・・・


どこを見て決めるんだろうか。。。
全員が優れていて決めるポイントが分からん・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、ここでいよいよザックの元恋人のキャシーが登場!

急ぎタクシーで会場まで駆けつけたキャシー!

青とピンクの柄のスカーフを首にかけ、
オレンジのダフっとした薄手のジャケットに
グレーのTシャツをインして
うす紫とうすピンクの縞のフレアーキュロットスカート・・・
一切合財入った大きなバッグを二つも持ち
足元はひらったい靴・・・


なんちゅう恰好・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自分もオーディションさせてほしいと懇願する為
レオタード姿で舞台に再登場するキャシー


超カッコイイっす!
長く綺麗なまっすぐな足!
ボン・キュッ・ボン!のスタイルの良さ。


「ザック、オーディションを」

「コーラスダンサーだぞ」

「いいの受けさせて」

「よせキャシー」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結局オーテションを受けさせてくれず投げやりになり
帰ろうとするキャシーをラリーは引き止める

苦い別れかたをした二人・・・
挫折した彼女は、仕事がなく昔の恋人を頼る・・・

何をいまさら・・・

キャシーはどんな仕事でも良い
コーラスダンサーでも良い
とにかく「踊りたいの」
わたしは「ダンサーなの」と歌いながら訴えるシーンは
迫力満点!キャシー役のアリソン・リードが素晴らしい!
白い肌にうす紫のレオタード。
金髪のソバージュにグレーの瞳が良く似合う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最終選考まで残ったメンバーにザックは

「まだ踊ってもらうがその前に言っておく。
今回のオーディションは、いつもと違う。
グループの一員としてありのままの君たちを知りたい。
確かにコーラスは脇役だが、とても重要な存在だ。
演技よりダンスの才能を求めてる。

ここで演技をする必要はない。
いいな。
君たちがどんな人間か僕が知りたいのはそこだ。

質問されたら自分のことを話してくれ。

何を誇りに思い、恥じと思うか・・・

それが嫌なら今すぐ出ていけ
覚悟を決めてほしい・・・」


とまどう通過者達だが一人一人自己紹介をしながら語り始める
過去の自分・なぜダンサーになりたかったか・・・
これからの事・自分の複雑な生い立ち・差別・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この一人一人自分語りするシーンの中で一際目立つのが
黒人ダンサーの踊り。
激しくスピードのある躍動的なダンス
「サプライズ」と言う歌が彼の声に合い、サビの高音が気持ちいい!

「コニー」と言う中国系の女性は、
小柄でスタイルもさほどではないが、かわいい雰囲気を出している。

「シーラ」はもうすぐ30歳の子持ちのシングルマザー
ダンサーとしては常連で色っぽいしぐさと自信たっぷりの態度が
個性的で魅力的。

同性愛者の男性や胸を整形した女性、
18歳で結婚して夫婦で最終選考まで残った二人などなど・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これでもかと何度も何度も躍らせるザック・・・

キャシーもオーディションを受ける了解を得、
みなと一緒に踊り出す。

その場で即興で歌と振付を覚えなければならない通過者達・・・

グループごとに躍らせるが、ザックはキャシーにだけ厳しい声を張り上げる

「キャシー肩を!キャシー頭を振るな!
キャシー男性と一緒に・・・頭を動かすな!キャシー目立つな!
キャシー足の高さを揃えろ・キャシーそろってないぞ!!」

何度も見たこの映画の中で一番好きなシーン。

アリソンリードの綺麗なしぐさのダンスがとても品があって魅力的。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後は、「one」の音楽に乗せこの映画に出演した人達全員で
ゴールドのタキシードとレオタードで踊る。

序々に人数が増えながら画面いっぱいに広がって踊る「one」

足を前後に上げ続けてフェードアウト・・・

この映画ですっかりアリソン・リードのファンになりました!

もう26年前の映画なんですねぇ・・・




スポンサーサイト



プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
958位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント