FC2ブログ

原 りょう 「私が殺した少女」

51C8G50V3TL__SL500_AA300_私が殺した少女.jpg


原 りょう

 1946年生まれ。
九州大学文学部卒。
ジャズピアニストとして活躍。
この作品で直木賞受賞。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


原りょうさんの作品は、

すべて「探偵沢崎」シリーズ。

渡辺探偵事務所の孤独な私立探偵:沢崎。

動くというだけの理由で乗っているブルーバード。

たばこは、フィルターなし。

パートナーである渡辺は、八年前に「清和会」の

覚醒剤取り引きに警察の囮(おとり)として協力するはずが、

取り引き現場の三キロのシャブを強奪して逃亡中。

当時その事件を担当した錦織(にしごり)や、

渡辺を追ってこの事務所に押しかけて来た清和会の橋爪(はしづめ)との

腐れ縁もいまだに継続中。

渡辺とは事件の日以来一度も顔を合わせていないが、

忘れた頃に紙ヒコーキの便りを事務所の郵便受けに残して去って行く。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の依頼は、依頼人の娘が誘拐され、

身代金と娘を交換条件に娘を依頼人に引き渡す事。

しかし・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回は、「清和会」の橋爪が敵対する何者かに銃弾を二発撃たれ

瀕死の重傷に・・・

渡辺の件で、沢崎を事務所に監禁し拷問にかけた。

今では、清和会の幹部。

その橋爪が、沢崎に「自分を狙ったのは、誰なのか徹底的に調べてくれ。

但し、俺が死んでからだ。

おれを消そうとした張本人は意外なところに、

とんでもねえ近くに、いるような気がする・・・」

と、分厚い封筒を出し、依頼する。

「断る。自業自得だ。おまえがどこの誰に殺されようと、

気にする人間は一人もいない」

と、いったんは断るが、橋爪の本気の依頼に

「いいだろう」と承諾する・・・

彼の全身から死の匂いが、死への恐怖の匂いが漂ってくるような気がしたから・・・

それは、少女の誘拐事件の悲しい結果が頭に甦り、

少女もこのように「自分を殺害した誰か」を知りたかっただろう、

との思いが重なったから・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



出だしから引き込まれる作品。




夏の初めの昼下がり頃だった。

新緑の刺激的な匂いが、

ほとんど自然を喪失しかけているこの都会(まち)にさえ

充ちていた・・・



スポンサーサイト



映画 「おじさんに気をつけろ」




疎遠だったおじさんと幼い甥と姪たちの交流を温かく描いたコメディ。

祖父の看病のために両親が出かけたラッセル家に、

甥と姪の留守番としてやって来た、バックおじさん。

40歳独身。タイヤ販売店経営のシュリースという恋人あり。

ラッセル家には、子供が三人。

15歳の長女ティア。

8歳のマイルズ。

6歳のメイジー。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長女ティアは、高校一年生。この時期特有の秘密主義で反抗的で

暗い性格も伴い、母親に反発し、おじさんを毛嫌いする。

彼女には、ボーイフレンドがいるが、おじさんは、一目見ただけで

遊ばれているとわかり、ティアを守る為に脅し文句を言ったり、

車に斧を持っていることを見せ、近づかせないようにするが、

ティアは、そんなおじさんに反抗するように、彼氏と泊りのパーティーへ行く。

おじさんは、バーティー会場をつきとめ、ティアが彼氏にベッドに誘われている

現場に乗り込む。

電動ドリル持参で!

これがまた、登場する時に、部屋の鍵を電動ドリルで貫き、

ドアを蹴り開けるが、あの巨体に長いドリルが、

ターミネーターのシュワちゃんが構える銃にも匹敵!

ニヤリと笑って登場するも、実は、別の彼女とベッドにいて、

ティアは遊ばれていた事が分かり、先に一人泣きながら歩いて帰っていたところだった。

ここは最後の方のシーンになるが、

ティアが寒い夜、人も通らない暗い道を歩いている時に、

おじさんが静かに車を走らせて近づいてくる時の、

おじさんの表情とティアの泣き顔がとても綺麗で、ホロっとさせられた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8歳の甥マイルズ役は、「ホームアローン」のマコーレーカルキン君。

6歳の姪メイジー役は、「ボルケーノ」のギャビー・ホフマン。

二人共、まだちっちゃくてとっても、とっても可愛い!

特に6歳のメイジーが、ママがいないから、おじさんと一緒に寝たいと

「目」だけで訴えるシーンは、メイジーシーン・・いや名シーン!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジョンキャンティーは、43歳で、なにかの映画撮影中に心臓発作で

急に亡くなった。

本当に残念でならない。

ハリウッド俳優で大好きな俳優さん。

巨体だが、身のこなしが軽やかで、品のある所作。

目もとが綺麗でやさしい顔。

大きな体に似合うバリトンの声が、耳に心地よい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイトルが「おじさんに気をつけろ」だが、

英語表記は「Uncle Buck」となっていた。

おじさん自体がいろいろやらかすのではなく、

甥と姪の為に一生懸命になる愛情豊かなおじさんの姿が描かれている。

おかしかったのは、どこにそういう調理器具があるのか、

大きな直径1m近くもあるホットケーキらしきものを

テーブルに鉄板を置き焼くのだが、

裏返す時に、雪かきスコップのようなひらたい「ヘラ」が登場。

何枚も作り、超巨大ホットケーキに8歳と6歳の子供は大感激!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


観賞後にとても心暖まり、熟睡できる映画でした。




プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1315位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント