FC2ブログ

藤井 邦夫 「投げ文―知らぬが半兵衛手控帖」


投げ文―知らぬが半兵衛手控帖 (双葉文庫)投げ文―知らぬが半兵衛手控帖 (双葉文庫)
(2006/06)
藤井 邦夫

商品詳細を見る


1.勾かし(かどわかし)
2.残り火
3.雨宿り
4.投げ文

・・・・・・・・・・・・・・

1.勾かし(かどわかし)

下谷広小路の呉服商「菱乃屋」の主がかどわかされ、
三百両の身代金を要求する脅し文が
投げ込まれた。

探索を任された半兵衛は、
妻女と倅の様子に不審を抱くが、
事件は思いもよらぬ転がりを見せてゆく・・・

・・・・・・・・・・・・・・

表紙の絵は、「投げ文」の一コマ。

押し込み強盗をして金を盗む盗賊の一味に
加担する父親の為に、半兵衛の元へ
押し込み計画場所を書いた紙を投げ入れる娘おふく。
強盗を続けるよりお縄をちょうだいして
足を洗って欲しいとの娘心。

アジの干物売りで日銭を稼ぐ貧しいおふくに学はない。
いつも買ってくれる半兵衛の友人宅の母菊枝が
木の枝で文字を教える場面が表紙の絵。

娘おふくの為の盗人稼業に悪びれない父親。
しかし、犯行がバレ御用になった時に
娘が密告したと知った父親は、
「お前、父親を売ったのか・・・
親不孝者が!」と娘を罵る。

半兵衛は
「久助、そいつは違う。
おふくはお前が本当の盗人、悪党になって
磔獄門(はりつけごくもん)になるのを恐れ、
今の内に捕まえてくれと私に頼んだ。
お前を助けたい一念でね」

久助は言葉を失った・・・

「そいつが親不孝か親孝行か、
決めるのは父親のお前自身だ」


スポンサーサイト



プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
977位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント