FC2ブログ

今日のメイちゃんです


3.png
メイは大人しいです。
怖がりでちょっとした音にも敏感です。
ボランティアさん宅ではビビリの「ビビ」と
名付けられていました(^^)
メイは漢字で「鳴」です。
鳴いてばかりのおチビちゃんでしたので(^^)
それと5月生まれという事もありまして、
名前を「メイ」とつけました。



4.png
スカーフもなかなかお似合いネ^m^

スポンサーサイト



山本周五郎「泥棒と若殿」

人情裏長屋 (新潮文庫)人情裏長屋 (新潮文庫)
(1980/09/25)
山本 周五郎

商品詳細を見る


短編集「人情裏長屋」の一遍です。

蟄居(ちっきょ)状態の若殿と、
廃屋同然の屋敷に忍び込んだ泥棒との
奇妙な共同生活と友情を描いています。

若殿と落ちぶれた市井の人間では
生まれながらの環境も雲泥の差こそあれ、
お互いが人として育つ中で、
どちらも回りの人間に振り回せれ利用され、
捨てられてしまった事は共通していました。

片や若殿は生きる気力を失い自暴自棄に。
片や伝九郎も自暴自棄になり泥棒となります。

若殿成信の姿を見て、捨ておけない伝九郎の
甲斐甲斐しさが愛おしく感じます。

伝九郎は、家族に恵まれず、女房にも恵まれず、
貧乏で苦労ばかりの人生を送っていました。

そんな中、思わぬ所で若殿と縁を結び、
若殿の為にもう一度働き出します。
自分で稼いだ金で若殿に飯を食わせ、
身の回りの世話をするようになり、
この奇妙な共同生活をかけがえのない暮らしと感じ、
こんなに楽しい暮らしは初めてだと感じる伝九郎でした。
また若殿もこのまま伝九郎との暮らしを望んでいたのですが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

「人間には身分のいかんを問わず
それぞれの責任がある。
庶民には庶民の、
侍には侍の、
そして領主には領主の、
それぞれが各自の責任を果たしてこそ
世の中が動いていく、
領主となって一藩の家臣をたばね、
領民の生活をやすんずるよき政治を執るということは、
市井のひとになるより困難で苦しい。
しかし大殿も先大殿も、
その苦しい困難な責任を果たされた。
気まま安楽に生きたいと思うまえに、
自分の責任ということも考えなければならぬだろう。」


・・・・・・・・・・・・・・・・

「また会おう、伝九、
人間にはそれぞれの道がある、
おれはおれの道をいくんだ、
達者でいてくれ、
さらばだ」

伝九郎の声がうしろから追って来た。

「おらあもうとめねえよ、
どうかりっぱに出世してくんな、
祈ってるからな、
病まねえようにして、
いつか、もしできたら、
会いに来てくんな、信さん、
おらあ、待ってるぜ」


・・・・・・・・・・・・・・・・





プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1462位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント