FC2ブログ

藤井邦夫「夢芝居」

夢芝居-知らぬが半兵衛手控帖(20) (双葉文庫)夢芝居-知らぬが半兵衛手控帖(20) (双葉文庫)
(2013/05/16)
藤井 邦夫

商品詳細を見る



神田明神の境内で野菜売りをしていた百姓が、
大身旗本の倅白崎紀一郎に無礼打ちにされた。
北町奉行所臨時廻り同心の白縫半兵衛は、
紀一郎の高慢で冷酷な所業を糾弾すべく、
町方が手出しできない旗本白崎家の周辺を
探りはじめるが・・・。

「世の中には私たちが知らん顔をした方がいいことがある」
と嘯く(うそぶく)、半兵衛が最後に下した決断とは・・・

人気書き下ろし時代小説シリーズ、遂に最終巻!

・・・・・・・・・・・・・・・

緋牡丹、散る・・・
最早(もはや)知らぬ顔は出来ぬ、
半兵衛、最初で最後の果し合い!

・・・・・・・・・・・・・・・

帯の文面からして、
緋牡丹の鶴次郎に何かがあったわけですが・・・
それに対する半兵衛の覚悟と
仲間達の絆が感動します。

最終巻なんですよねぇ。
息の長いシリーズ物として楽しみにしていたので、
とても残念です。

鶴次郎の半兵衛に告げる言葉が
鶴次郎らしく粋です。そして涙です・・・。





スポンサーサイト



プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
523位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント