FC2ブログ

富樫 倫太郎 「残り火の町」

残り火の町 市太郎人情控 (祥伝社文庫)残り火の町 市太郎人情控 (祥伝社文庫)
(2013/07/24)
富樫 倫太郎

商品詳細を見る



命の火が最後に光り輝く・・・。

余命半年と宣告された差配の惣兵衛。
過去のあやまちに向き合おうとするが・・・。

深川今川町にある裏店の差配・惣兵衛は、
ある日突然倒れ、余命半年と宣告されてしまう。
残りの人生を悔いなく生きると決意した惣兵衛。
まずは折り合いの悪い息子。周助との仲を修復しようとするが、
自分には関係ないと拒絶されてします。
実は七年前に起きた出来事のために惣兵衛と家族の心は離れていた・・・

すれ違う家族の再生と絆を描く、感涙の物語。

・・・・・・・・・・・・・・・・

惣兵衛が若い頃に無茶をしたり、
恋した女を二度も捨てたり、
息子を護ってやることができなかったり、
自分の都合だけで今の女房と結婚したりと、
死がすぐそこに来ていることで過去の過失をふりかえり、
詫びを、し許しを請うのですが、
二度も捨てた女とひと時、男と女の関係になったりと、
何となく腑に落ちない部分もありました。

惣兵衛の女房は、所帯を持った時から、
見下されて夫婦関係を続けていたと思っているのですが、
亭主があと半年の命だと聞かされても、
許す事ができないでいます。
惣兵衛が女房に今までの事を詫びる時の女房の言葉・・・


「同情なんかしません。
人は、いつか必ず死ぬんです。
わたしだって、周助だって、いつか死ぬんです。
だからって、それが偉いわけじゃない。
当たり前の話じゃありませんか。
ただ早いか遅いかの違いがあるだけです。
おまえさんという人は、そんなこともわからないから、
自分が死ぬってことを、さも、たいそうなことのように
もったいぶって、人から同情されるのが当たり前のような顔をして、
まるで仏様にでもなったようなつもりで、
今までのことは水に流してやるとか、
いがみ合うのはやめにするとか・・・」


余命いくばくもない亭主に向かっていう女房の言葉に、
非情を感じるかもしれませんが、
よくよく流れを読むと惣兵衛のやって来た事は、
自分に対する正当化ばかりでありましたので、
これくらい言われて当然と思いました。

女房にしてみると今生の別れを承知で
全ての思いを吐き出しました。
ですが、家族はやっぱり家族ですね。
最期の最期に惣兵衛の死を見届ける場面での、
女房のたった一言の言葉がぐっと来ますヨ。


いつもありがとうございます。
スポンサーサイト



プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1357位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント