FC2ブログ

同級会   2014.3.2(日)

今日は、久しぶりに高校時代の部活仲間4人でお茶飲み会。

処理済~004

ここは仙台駅に隣接しているホテルメトロポリタンのレストランです。

外が見えて静かな雰囲気が大好きです。

ついつい話に花が咲き4時間近く長居してしまいました(笑)

何杯もコーヒーをお替わりしちゃいました(笑)

カレー屋さんの手伝いをしているメンバーがいまして、

次回またあつまる時は、

そのカレー屋さんでランチしましょうと約束して解散(笑)

ちなみにこちらのお店で食べた食事は、ビーフカレーでした(笑)

カレー
一応、左側がワタクシであります(笑)



いつもありがとうございます
スポンサーサイト



宇江佐 真理 「涙堂(なみだどう)  琴女癸酉日記(ことじょきゆうにっき)」


涙堂 琴女癸酉日記 (講談社文庫)涙堂 琴女癸酉日記 (講談社文庫)
(2005/08/12)
宇江佐 真理

商品詳細を見る



同心だった夫・高岡靫負はなぜ斬られたのか?

蟠る疑問を胸に妻の琴は、

侍を捨てて浮世絵師となった息子・賀太郎と日本橋通油町で同居を始める。

幼なじみで医師の清順や汁粉屋の伊十と親しみ、

移ろう江戸の風物に目を向けて筆を執るうちに、夫の死の謎が解けてきて…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・


日本橋通油町(とおりあぶらちょう)

この町と人々を慈しみ、元同心の妻・琴が綴る笑いと涙と優しさに溢れた日々。

江戸市井小説の名手が描く連作短編集。

「白蛇騒動」

弥生25日。

4代目鶴屋南北の「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」、

大層な評判なり。


「近星」

皐月19日。

願人坊主になる物乞い、うたって踊るのが大層流行する。


「魑魅魍魎」

葉月10日。

何としたことか米価下落する一方。


「笑い般若」

長月20日。

今度はきたな細工の料理が流行す。


「土中の鯉」

霜月晦日。

新和泉町、境町、葺屋町が全焼す。火はさらに新乗物町にも及ぶ


「涙堂」

師走大晦日。

妾の涙堂、中ぐらい。琴。

・・・・・・・・・・・・・・・


琴は人間の心の中にある闇を垣間見た思いがした。

弱さとは無縁であるはずの般若も、

時にはだらしなく表情を弛める(ゆるめる)ことがあるのだ。

それと同時に、人間の幸福は未来永劫に続くものではないとも

感じた。

ある日突然、幸福ががらがらと音を立てて崩れる時がある。

琴について言えば、それは夫の死であろうか。

そこから何かが確実に変わったと思う。

せめて何が起きても潰(つぶ)れない覚悟を

常日頃から心掛けておくべきかも知れない。

乃江は、それを琴に身を以て教えてくれたのだろう。

そう思わなければ、乃江のことはあまりに切な過ぎた。

・・・・・・・・・・・・・・・・


「涙堂(なみだどう)とはいあなる建物にあるや。

人の涙を満々と湛えた湖に浮かぶ東屋(あづまや)のごときものか。

その中に供えるものは、また涙なるか。

しかし、涙堂、この世にあるを知らぬ。

それ、人の心の中にひそかに建立したるものにあらぬか。

涙堂の備え、大きなる人こそ、その悲しみも深しと思ゆ」

・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもありがとうございます

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1462位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント