FC2ブログ

座右の銘   2015.11.23(月)


桝野俊明さんの著書「心配事の9割は起こらない」は、

禅の教えを基本に書かれているのですが、

心に残る言葉「喫茶喫飯」がありました。

 禅語「喫茶喫飯(きっさきっぱん)」とは・・・

【余計なことを考えず、

お茶をいただくときにはお茶を飲むことだけに集中して、

ご飯をいただくときには

ご飯を食べることに集中しなさいという教え。

一見、「あたりまえ」のことですが、

その「あたりまえ」のことを大切に、丁寧に実践することで、

「いま」「ここ」だけに集中する。

そうすることで、余計な不安や悩みを抱えないように、

心が整っていくのです。

心配事の先取りなどせず、

「いま」「ここ」だけに集中しましょう。】

若い頃は、無限に時間があって持て余す程でしたが、

この歳になりますと、むしろ一日一日が速くて

何もしなかった事がもったいないなと思う様になります。

だからと言って、忙しさを作る事自体には無理があるし

興味もない事で時間を埋めるのも無駄と思いました。

まずは、目の前の事に集中して大事に過ごす事だと

気付かせて頂いたと思い、私の座右の銘となっています。



いつもありがとうございます
スポンサーサイト



傀儡(かいらい)    2015.11.23(月)

大阪知事・市長ダブル選挙の結果、

大阪維新圧勝となり、

市民にインタビューしていたのですが、

典型的な大阪のおばちゃんがインタビューに応えた言葉。

「橋下さんでも吉村さんでも一緒やろ。

橋下さんの傀儡ちゃうか」と言っていました。

「傀儡」と言う言葉に驚き。

傀儡(かいらい)とは・・・言いなり。あやつり人形。

と言う意味だそうです。

素晴らしい!

こういう言葉を何気に使うその人の品性と知性を感じますね。

政治的な事よりもこの難しい言葉をさらっと言うおばちゃんに

感動した次第です(^^)

ワタクシ・・・恥ずかしならが傀儡って言葉使った事ございません・・・



いつもありがとうございます

千野 隆司 「夏越しの夜―蕎麦売り平次郎人情帖 」①

ダウンロード
南町奉行所定廻り同心だった菊薗平次郎は隠居し、蕎麦売りを始めた。出汁に拘り、界隈では知られる評判の屋台店となる。ある夜半、平次郎と同じ長屋に住まう夜鷹稼業のおてつの家が、二人連れの男に奪われた。おてつは岡っ引きや町奉行所に訴えるが、物を取られた被害もない上に夜鷹の訴えである事でまともに相手にされない。苛立つおてつに相談された平次郎は単なる物取りではないのでは、と不審に思い探索を始めるが・・・・・・(「覗き見夜鷹」より)。――江戸市井の人々の苦悩や悲しみを救う為、平次郎が陰日なたに活躍する全三篇。待望の新シリーズ第一弾!



いつもありがとうございます
プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2815位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1137位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント