FC2ブログ

キッチンの排水管の掃除。  2017.1.29(日)

先日のテレビで放送されていたキッチンの排水管の掃除。

【用意する物:雑巾のみ!】

まず、雑巾で排水管にフタをする(流れないよう注意!)

シンクにお湯(40℃くらい)をためる。

お湯(40度弱)がたまったら雑巾を抜くだけ!

お湯で汚れを浮かび上がらせ、

水圧で汚れを洗い落とすのだそうです。

早速我が家でもやってみたのですが、

驚き桃の木山椒の木!

びっくらこきました!

我が家の場合は、雑巾を何枚も使用するのが面倒なので、

厚手のフェイスタオル一枚で出来ました。

二日続けてやってみたのですが、

排水のスピードの速い事!

今まで薬品を使っていたのは何だったのでしょうか・・・。

ここで注意する事は、絶対に熱湯は使わない事!

排水管が塩ビ管なので熱湯を流し続けると60℃で

溶けてしまうのだそうです。

これからは洗剤を使わずに済むのでホント楽になりますネ!

この掃除方法を教えてくれた人は、お笑い芸人の

「どきどきキャンプ」のジャックバウワーじゃない方の相方の

佐藤満春さんです。清掃業界での講演もしてる程のプロ。

芸人さんとして見る機会がほとんどないですが、素晴らしい

技術を持った人ですネ(^^)



いつもありがとうございます
スポンサーサイト



やかもち鍋   2017.1.29(日)

4_20170129174609a93.png

宮城県多賀城市名物「多賀城やかもち鍋」です。

いつぞやのイベントの時に出店していました。

一杯200円。

お出汁が効いていてとっても美味しかったです!

鶏肉・古代米餅・野菜たっぷり!(^^)

『やかもち鍋について』

多賀城に
陸奥按察使兼鎮守将軍(むつあぜちけんちんじゅしょうぐん)
として赴任した大伴家持は歌人でもあり、
万葉集の編者の一人として有名です。

大伴家持(おおとものやかもち)を後世まで伝えようと、
生涯学習100年構想実践委員会で考案してつくりました。

・家持は京人だったので
 ふるさとの味を再現するため白出汁醤油で味付け

・野菜は歌人でもあった家持を思い、
 歌を書く短冊に見立てて短冊切りにしてる

・多賀城の特産品「古代米」の米粉で作ったお餅

※陸奥按察使(むつあぜち)とは→
   奈良時代から平安時代に日本 の東北地方に置かれた官職。

※鎮守将軍(ちんじゅしょうぐん)とは→
   奈良時代から平安時代にかけて陸奥国に置かれた
   軍政府である鎮守府の長官。
   政軍両権を併せ北方の鎮めにつく 役職。



いつもありがとうございます
プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1315位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント