FC2ブログ

湯本 香樹実 「くまとやまねこ」

013_2017102909443328b.jpg

大人の絵本かもしれません。

いつも一緒にいた小鳥が死にました…。

ずっとずっと一緒にいられると思っていたくまは

深い悲しみの日々を過ごします。

小さな木の箱に小鳥を入れて

花を敷き詰め大切に持ち歩きます。

森の仲間は

「辛いだろうけど忘れなくちゃ」と言います。

かけがえのない小鳥を忘れる事は出来ません。

思い出すのは楽しかった小鳥との毎日の事。

当たり前の毎日が小鳥の死を通して

「今日の朝」がなくなってしまいました。

そんな悲しいくまが、

バイオリンを持ち歩くやまねこによって救われます。

やまねこはどんな風にして

くまを救ったのでしょうか…

作者の湯本香樹実さんの言葉・・・

「時間というものへの深い信頼と感謝の念が、
私にこの小さな物語を書かせてくれた」


酒井駒子さんのモノトーンの絵のタッチが

大変美しいです。



いつもありがとうございます
スポンサーサイト



プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1357位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント