FC2ブログ

今年のベスト5!   2017.12.31(日)

今年一年しっかり読了し、

再読本を含めないで、

読んだ本の数は53冊。

思っていたより少なッ!

1ケ月約4~5冊。

週1~2冊ペースだったんだなぁ~。

そう思うとこれが精一杯の読書量。

そんな少ない読書量の中で

ワタクシ個人の今年のベスト5!


第一位は、吉村昭さん「仮釈放」
1_201712311109019ac.png

(吉村昭さんの表現力は印象に残ります)



第二位は、畠山健二さん「本所おけら長屋9」
2_20171231110934aa3.png

(シリーズ9まで来ましたがハズレなしの面白さ)


第三位は、三浦しをんさん「政と源」
3_20171231110956a9a.png

(三浦さんファンであるから新刊ははずせない)


第四位は、ポールギャリコ「スノーグース」
4_20171231111020fa9.png

(切ないファンタジーが美しい物語です)


第五位は、松浦弥太郎さん「自分で考えて生きよう」
5_201712311110400f4.png

(松浦さんと言うよりも花森安治さんの言葉に感銘)


来年もワタクシの唯一の趣味の読書で

心に残る本に巡り合える事を楽しみに

読み漁りたいと思います(^^)



いつもありがとうございます
スポンサーサイト



妹とランチ会   2017.12.30(土)

朝から大掃除と言うか、適当掃除頑張りました。

まずは窓ふき。

磨きをせず、拭くだけ拭いたので拭き後あり・・・

あとは部屋内をざっと掃除。

一部の襖の張り替えは明日・・・

妹が休みだったので適当掃除終了後は

仙台駅前までランチ兼買い物。

010_20171230181536157.jpg
歩いていて何気に見つけた和食屋さんへ入りました。

004_2017123018161606d.jpg



003_20171230181637b42.jpg



005_20171230181657bdf.jpg



006_201712301817177be.jpg



007_20171230181737c32.jpg



008_20171230181756c0f.jpg



009_20171230181814d79.jpg

これで驚きの850円!

限定15食だそうです。

いや~びっくり。

小鉢で見て美味しく、味わって美味しく!

チキンステーキの柔らかいこと!

またぜひ行きたいお店でした(^^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は朝からお天気が良くて、

日当たりの良い場所で日向ぼっこ中の黒メイ。
001_20171230181842578.jpg
動くインテリアであります(^^)




いつもありがとうございます

忘年ランチ会   2017.12.29(金)

本日は御用納め。

少し早めに家を出て、コンビニで朝食。
001_201712291841406f9.jpg
ファミリーマートの「ひと口もち食感チーズ」

これ、美味しいですねぇ~。

初めて食べました。お気に入りになりました(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は棚卸をして入力と計算作業して大掃除して終了。

終わり次第帰れるので

いつにないテキパキとした仕事ぶり(笑)

丁度12時に終了しました。

その後は忘年ランチお疲れ様会。

006_20171229183148381.jpg
お刺身丼とカニ汁とキウイゼリー。

会社からご馳走になりました。

帰りに仙台駅まで出て買い物。

お正月用品の買い物客で食材店は

多くの人が出ていましたが

皆さん落ち着いてお買い物していて、

ゆっくりのんびり楽しみながら買い物出来ました。

お正月用の買い物と言ってもたいした用意はしないので

ほんの少しだけ購入。

小さな鏡餅が100円でした(^^)

明日は、自宅の大掃除だなぁ・・・

窓拭きくらいかな・・・

あとはいつもの掃除で終了にしようっと・・・



いつもありがとうございます

内田百閒(うちだひゃっけん)  「クルやお前か」

002_2017122720024048b.jpg
内田百閒さんは無類の猫好き。

この作品は、
飼い猫「クル」が亡くなるまでの
看取りの物語です。

もう60年も前のお話ですから
現在の飼い方とは異なり、
寿命も短く、
クルは5年と数ヶ月の猫生でした。

短いとは言え、
内田百閒さん家族の
クルへの愛情のかけ方は大変深く濃密。

百閒さんと奥さんと女中さんの三人で
クルの最後を看取ります。
体中を撫で、
顔におでこをくっつけ、
泣きながら看取ります。

クルが弱くなってから
日記のように細かく書いています。
毎日往診に来てくれる獣医は
「良くなる」とは言いません。
覚悟の上ですが、
百閒さん家族は、
なんとかよくなるよう頼みます…。
薬に注射に惜しみない
治療に願いを込めます…

骨から毛が生えているかのような
やせ細ったクルは、
それでもどこにそんな力があるのか、
今まで暮らして来た
自分のお気に入りの場所を
見て回り歩き回ります。

亡くなった後の悲しみを癒してくれたのは
クルの夢でした。
夢に出て来るクルは懐かしい思い出の姿。

奥さんの腕を枕に寝る事が日課だったクル。
朝起きて、腕に頭を乗せたクルがいません…
改めて亡くなったことを実感し
声を出して泣く奥さん…

本当に愛されたクルの猫生を
情感たっぷりに描いて
もらい泣きします…



いつもありがとうございます

チキンカレー   2017.12.27(水)

今日は朝から雪が積もる程の降りでした。

寒い一日でした・・・。


今夜はチキンカレー。
カレー
仙台セリのすまし汁。
赤かぶの甘酢漬け。



いつもありがとうございます

厚揚げとキャベツの煮物   2017.12.26(火)

昨日の仙台は強風・今日は雪。

山形は猛吹雪ですね。

そう思うと仙台はたいした事ないです。

助かります。

とは言え冷たい風の中帰宅しましたので

煮物でも作って梅酒飲んで体を温めましょう。

004_20171226215644b37.jpg

簡単に厚揚げとキャベツとしめじの煮物。

あとはお味噌汁と赤かぶの酢漬けとホット梅酒。

外の寒さを忘れますなぁ~。

有難い事です・・・。

年末でもあり道路は混むし事故は多いし

電車も遅れたりとリズムが落ち着きません。

どうか皆さん無事故で無事に過ごせますように・・・

明日も寒いけど頑張りましょう!



いつもありがとうございます

乙一  「暗いところで待ち合わせ」

無題

10何年ぶりかで再読。

面白いです。

オススメです。

「警察に追われている男が

目の見えない女性の家に

黙って勝手に隠れ潜んでしまう」

と、乙一さんはあとがきで言っています。

普段から陰湿な人間関係の先輩を

駅のホームから突き落としてしまう

と言う容疑で大石アキヒロが

逃げてしまった場所は、

駅のホームの目の前の家。

全盲で一人暮らしのミチルの家に隠れて、

ある事実を探すアキヒロ。

アキヒロは隠れながらも

家の目の前のホームを監視します。

何が目的なのか?

本当にアキヒロが先輩を突き落としたのか?


ミステリーですが、

優しいラブストーリーでもあります。

好きだ嫌いだのラブストーリーと言うよりも

お互いの再生物語と思いました。


全盲のミチルがアキヒロの為に

食事を作る場面や

棚から落ちた土鍋を

間一髪アキヒロが受け止める場面や

怖くて一人で外を歩けないミチルが

思い切って歩き出す場面で

アキヒロが言葉を発せず

付き添う場面など…


人の心の中の思いやりを

ミステリー仕立てで物語っています。

全盲のミチルが事件の解明をすると言う

設定に面白さが増します。


文庫の厚さも丁度良く、

くどさやひねりもなくて

とても読みやすいです。


更に最後の乙一さんによる「あとがき」が

面白いです。

クスっと笑います。

エッセイがあったら

ぜひ読みたい作家さんです。



いつもありがとうございます

クリスマスカード   2012.12.23(土)

毎年クリスマスカードを

贈ってくれるお友達がいます(^^)

今年も素敵な一言メッセージが添えられた

カード頂きました。

003.png

殺風景な我が家の部屋に

暖かい彩りとなっています。

毎年楽しみにしています!

いつもありがとう!(^^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・

別のお友達からはプレゼント頂きました。

c_20171223220024032.jpg
コーヒーと猫好きを知っている友達から(^^)

この歳でまさかプレゼント貰えるとは

思わなかったので嬉しいですねぇ‼️

コーヒー早速飲みます(^^)

切手も可愛いし、

猫の絵の一筆箋も可愛い(^^)

ありがとう!!



いつもありがとうございます

夕飯   2017.12.20(水)

今日の夕飯。

001_20171220195353af4.jpg
酢豚
酢の物
サラダ
焼き魚
味噌汁
みかんヨーグルト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと10日程で今年も終わり。

平成30年用の年賀状は、

はがきを折ると御守りになるという

年賀状にしました。

御守りの名前は自分で決めるとの事で、

私が選んだのは「健康御守り」

ほんと、つくづく健康が一番。

体が快適で無事故である日々を送れますように・・・

そう願いながらお年賀状を送ります(^^)



いつもありがとうございます

松花堂弁当もどき   2017.12.19(火)

今夜は松花堂弁当もどき(笑)

単にお皿洗い節約なだけ(^^)

008_20171219222355822.jpg
お稲荷さん
大根とお揚げの煮物
春雨サラダ
モツ煮込み
ヨーグルト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

押入れの中のメイ
005_20171219222501d4a.jpg
自分からちゃ~んと毛布の中に入って

こりゃ~あったかいわ~(^^)



いつもありがとうございます

安住洋子  「み仏のかんばせ」

002_20171217164813d2a.jpg
大好きな作家さんの一人。

久しぶりの新刊で期待大。

流れるような読みやすさは相変わらずでさすがです。

ストーリーが少し散漫に感じた。

貧しい村で生まれ幼くして女衒に売られる志乃。

その女衒に手込めにされた事で、

志乃はおとこに対してあまりにも深く傷つき

恐怖のあまり女でありながら

男として首切り役人の中間奉公を務める。

ひた隠しにする素性を知るのは

主人の山田浅右衛門のみ。

ある事件を境に女に戻り生きる事を選ぶ志乃。

針売りの行商をしながら世間や近所とほとんど

触れ合わないよう地味に静かに暮らしていたが、

中間奉公時代に憧れていた壮太と知り合い結婚。

壮太にも志乃にも自分には隠された過去がある。

それでも二人協力しあい支え合う。

子供も三人。

理想的な夫婦であり、

親思いの子供達にも恵まれる。

志乃の苦労が実り

穏やかで幸せな人生だった…

と言う終わり方なんですが、

どうもストーリーが弾け過ぎて

初めの男として中間奉公している話しから

どんどんかけ離れて行く流れが、イマイチ…

悪い流れではないのですが、

流れが速過ぎて読み手は置いてけぼり感。

網田一男さんの解説が

安住洋子さんの良さを書いているので、

次回作品も読みたい作家さんには変わりなし。

今後も安住洋子さんに期待します。


いつもありがとうございます

パン屋さんでランチ会   2017.12.17(日)

雪がちらつく一日でした。

寒い日曜日のお昼は6人でランチ会をして来ました。

005_20171217163313632.jpg
パン屋さんでのランチ。

焼きたてパンのお代わり付き。

私はシーフードパスタ。

004_20171217163548d39.jpg
サンドウィッチセットも美味しそうでした。

お昼時でもあり、店内は満席。

お子さん連れのお客様も多かったのですが、

店内での喧騒は感じない程、

みなさん静かに食事していて

とても居心地が良かったです。

我々も6人もいたら

賑やかな笑い声など響くかと思いますが、

マナーの良い大人女子6人。

大きな声を出す人はいなく、

それでいて朗らかに楽しいおしゃべり。

店員さんがとても忙しそうで人手が足りてないのに

丁寧で優しい対応に少々待たされても文句なし(^^)

食後はコーヒーとごまプリン。

コーヒーも美味しくて2時間程のランチ会は

外の寒さを忘れるホッとする暖かいひと時でした(^^)

今日は整理した本を30冊程売りに行きました。

それで本日のランチ代になりました(^^)



いつもありがとうございます

白菜とベーコンのあんかけスープ   2017.12.12(火)

お寒い一日でしたね。

仙台も朝から雪が降りました。

体の芯まで温めて、風邪などひきませんようにm(__)m

あんかけスープで温たまろうっと(^^)

005_20171212205935f71.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

001_201712122103068f0.jpg
通勤途中で見かけた桜耳カットの野良猫ちゃん。

耳をV字にカットした猫ちゃんは、

既に避妊去勢手術が行われています。

カットされた形が桜の花びらに見えるので

桜耳と言うそうです。

右耳カットがオス。

左耳カットがメスだそうです。

でも地域にもよりはっきりと決まっていないそうです。

この猫ちゃんは左耳カットなのでメスかなぁ。

結構年寄りに見えます。

今朝は雪降り。

積もっています。

そばに餌が有りました。

お世話してくれる人がいるんだね。

寒くて空腹程辛いものはない。

良かったね。

頑張れ〜



いつもありがとうございます

ひとり芝居   2017.12.2(土)

002.png
大日琳太郎さんのひとり芝居を観劇して来ました。

浄土真宗の開祖親鸞と息子善鸞の

断絶された父と子の葛藤を描いた作品でした。

大日さんは仙台一高・東北大学卒で

劇作家であり演出家であり、

作曲家であり俳優さんでもあるという

才能の幅の広い方なんですねぇ。

この作品は過去に平幹二郎さんや林与一さんも

ひとり芝居として演じていらっしゃったそうです。

年老いうらぶれた老僧となった善鸞が

静かに語りだします。

父親である親鸞との宗教上の考え方の相違と葛藤。

そして生涯を通して父親親鸞への想いは、

現代の父子に置き換えてみるという見方もあり、

感情深い思いが溢れた心に響く

印象的なお芝居でした。

リーフレットの絵は東京在住の

イラストレーター園田あけみさんの作品です。

パステル画だそうですが、

作品のイメージとピッタリで素敵ですねぇ。

前半でギター演奏もあり優雅なひと時でした。

お客さま皆様のマナーの良さも感激でした。



いつもありがとうございます

自宅ランチ会   2017.12.2(土)

001_20171202180347d07.jpg
自宅にてランチ会。

お刺身はマグロ・サーモン・タコ。

肉じゃが。

焼き魚はサンマ。

生ハムのサラダ。

大根ときゅうりの糠漬け。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買い物についての話題・・・

ご主人が買い物担当と言うTさん。

どこそこのスーパーは野菜がイマイチとか、

どこそこのスーパーは何々が良いとか、

かなり細かくチェックしているので、

一ヵ所のスーパーでは済まさないとの事。

むしろそれを楽しみながら買い物をしているとか。

素晴らしい!

今度ご主人にスーパーごとのお勧め品を

ぜひ教えて頂きたいと思いました(^^)

羨ましいなぁ~!

奥様幸せ者(^^)

いろんな会話の途中で

メモを書いていましたら、

Tさんから「CNさん、字が綺麗ですねぇ」と

お褒めを頂きました。

え~!?(^^)

そんな事言われたのは生まれて初めて!

人によっては芸術的文字に映った模様・・・(笑)

お世辞と分かっていてもチョビっと嬉しいもんですネ(^^)



いつもありがとうございます

高村 光太郎 「レモン哀歌」

レモン哀歌

中学の教科書に採用されている

あまりにも有名な詩ですね。

高校の時に暗記して

何度も何度も諳んじました。

中学の授業では、

出だしの「そんなにも」とは

どんなことを表しているかを

それぞれの意見や感想として

発表し合う授業のようです。

また、レモンの果たす役割とは何か。

分析ですね。

高校の時に毎日のようにやりました。

あの頃は面白かったなぁ。



いつもありがとうございます
蝶が舞うリースの時計
プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
697位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント