FC2ブログ

安住洋子  「み仏のかんばせ」

002_20171217164813d2a.jpg
大好きな作家さんの一人。

久しぶりの新刊で期待大。

流れるような読みやすさは相変わらずでさすがです。

ストーリーが少し散漫に感じた。

貧しい村で生まれ幼くして女衒に売られる志乃。

その女衒に手込めにされた事で、

志乃はおとこに対してあまりにも深く傷つき

恐怖のあまり女でありながら

男として首切り役人の中間奉公を務める。

ひた隠しにする素性を知るのは

主人の山田浅右衛門のみ。

ある事件を境に女に戻り生きる事を選ぶ志乃。

針売りの行商をしながら世間や近所とほとんど

触れ合わないよう地味に静かに暮らしていたが、

中間奉公時代に憧れていた壮太と知り合い結婚。

壮太にも志乃にも自分には隠された過去がある。

それでも二人協力しあい支え合う。

子供も三人。

理想的な夫婦であり、

親思いの子供達にも恵まれる。

志乃の苦労が実り

穏やかで幸せな人生だった…

と言う終わり方なんですが、

どうもストーリーが弾け過ぎて

初めの男として中間奉公している話しから

どんどんかけ離れて行く流れが、イマイチ…

悪い流れではないのですが、

流れが速過ぎて読み手は置いてけぼり感。

網田一男さんの解説が

安住洋子さんの良さを書いているので、

次回作品も読みたい作家さんには変わりなし。

今後も安住洋子さんに期待します。


いつもありがとうございます
スポンサーサイト



パン屋さんでランチ会   2017.12.17(日)

雪がちらつく一日でした。

寒い日曜日のお昼は6人でランチ会をして来ました。

005_20171217163313632.jpg
パン屋さんでのランチ。

焼きたてパンのお代わり付き。

私はシーフードパスタ。

004_20171217163548d39.jpg
サンドウィッチセットも美味しそうでした。

お昼時でもあり、店内は満席。

お子さん連れのお客様も多かったのですが、

店内での喧騒は感じない程、

みなさん静かに食事していて

とても居心地が良かったです。

我々も6人もいたら

賑やかな笑い声など響くかと思いますが、

マナーの良い大人女子6人。

大きな声を出す人はいなく、

それでいて朗らかに楽しいおしゃべり。

店員さんがとても忙しそうで人手が足りてないのに

丁寧で優しい対応に少々待たされても文句なし(^^)

食後はコーヒーとごまプリン。

コーヒーも美味しくて2時間程のランチ会は

外の寒さを忘れるホッとする暖かいひと時でした(^^)

今日は整理した本を30冊程売りに行きました。

それで本日のランチ代になりました(^^)



いつもありがとうございます
プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1462位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント