FC2ブログ

宇江佐 真理 「無事、これ名馬」


無事、これ名馬 (新潮文庫)無事、これ名馬 (新潮文庫)
(2008/04/25)
宇江佐 真理

商品詳細を見る



吉蔵は町火消し「は組」の頭。

火の手が上がれば、組を率いて駆け付け、命懸けで火事を鎮める。

そんな吉蔵に、武家の息子・村椿太郎左衛門が弟子入りを志願してきた。

生来の臆病ゆえに、剣術の試合にどうしても勝てない太郎左衛門。

吉蔵の心意気に感化され、生まれ変わることができるのか……。

少年の成長と、彼を見守る大人たちの人生模様を、

哀歓鮮やかに描き上げる、傑作時代小説。

・・・・・・・・・・・・・・・・
お春はひどい難産の末にお栄を産んだ。

一時はお春も命を取られるかと心配したものだ。

「お前さん、あたしが死んだら、この子を立派に育てておくれね。

あたしはこの子さえ無事に生まれたら、死んでも悔やまないよ」

苦しい息遣いでそう言うと、お春は気を失いかけた。

産婆が加減もせずにお春の頬を張った。

「お前が亭主と好きなことをして産む餓鬼だろうが。

最後まで落とし前つけな」

・・・・・・・・・・・・・・・・・


「女はすっこんでいろ!」

由五郎は却って逆上した。

ところが、すっこんでいろと言われたお栄の眼が三角になった。

着物の裾を捌いて(さばいて)片膝を立てた。

お栄が心底腹を立てた時に出る仕種だ。

案の定、「そうかい、お前さんはそんなに喧嘩がしたいのかい。

上等だ。

やって貰おうじゃないか。

ただし、ここであたしに三行半を書き、

は組の纏持ち(まといもち)の看板を下ろしておくれな。

そうしたら、何をやっても構やしない。

おう、お前さんにその覚悟があるならおやりよ。

さあ、さあ」と、凄んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「坊ちゃん、男にとって大事なことは何だと思いやす?」

金次郎は試すように訊いた。

「強くなることですか」

「へへえ、わかっていなさるじゃねぇですか。

男はおなごより強くなけりゃいけやせん。

なぜなら、男はおなごを守るさだめで生まれて来てるんですからね。

ところが坊ちゃんは昨日の試合に負けてしまった。

しかもおなごにね。

さあ、そいつはいったい、どうした訳でござんしょう」

「拙者が弱いからです」

「いいや、そうじゃありやせん。

坊ちゃんには気力がねェからです。

また負けるかも知れねェ、そう思って、試合をする前から及び腰に

なっていたからですぜ。

坊ちゃんは試合をする前に、もやは負けていたんでさァ。

こんな馬鹿なことがありやすかい。

ちょっとでも打ち込んでやろうという気にならねェ限り、

これからも勝つことはありやせん。

さあ、この先、坊ちゃんはどうしなさいやす。

負け続けやすかい」

「い、いやです」

太郎左衛門はその時だけ、きっぱりと応えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・


「寝小便はな、心の奥底にある本心がさせるのよ。

いい子ぶっているが、

お前ェは、実は泣き虫の寂しがり屋だろうがってな」

由五郎はつかの間、遠くを見るような眼になって言った。

「確かに拙者は泣き虫の寂しがり屋です」

太郎左衛門は俯きがちになって応えた。

「坊ちゃんは、おっ母様にもっと甘えたいんですよ。

ところが、坊ちゃんには妹も弟もいる。

兄貴らしくしなきゃいけねェ。

それで、つい、気持ちが無理をしちまうんですよ」

由五郎は何も彼も承知している様子で続ける。

さすが寝小便の先輩である。


・・・・・・・・・・・・・・・・

「親馬鹿と笑うてくだされ。

倅は剣術も学問も芳しくござらぬが、

さしたる病もせず、また、人と喧嘩して傷を負うたこともござらぬ。

弟や妹には優しい兄でござる。

拙者は大層苦労して今の役目に就きましたが、

拙者と同じ苦労を倅に味わわせようとは思いませぬ。

いや、この先、倅が大きな失態を演じなければ、

拙者の跡を継いで、しかるべき役職に就くはずでござる。

恐らく倅は真面目にお務めを全うし、

平凡だが倖せな人生を送ることでござろう。

倅を駄馬と悪口を言う御仁もおりまする。

だが、拙者はそうは思いませぬ。

無事、これ名馬のたとえもござる。

倅は拙者にとってかけがえのない名馬でござる」

村椿五郎太はそれを言いたかったとばかり、声を高くした。

お栄と吉蔵は五郎太の親心に胸を詰まらせ、

そっと眼を拭った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

ごろちゃんこと五郎左衛門が7歳から30年後までの成長と

ごろちゃんを見守る火消し組の家族・親戚・近所のひと達のふれあいを、

面白ろ可笑しく、ちょっと悲しく切なく描かれた物語です。

吉蔵一家の一人娘お栄がとても光っています。

お栄にとって悲しい事も起こりますが、

それも人生。

ドラマになったらお栄は、ぜひ尾野真千子さんで!

と思うくらいピッタリな雰囲気です。

最後のごろちゃんの父親五郎太の親心の言葉に

ほろっとしました。

とってもオススメの一冊です!



いつもありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3458位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1419位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント