FC2ブログ

畠山 健二 「本所おけら長屋」 「本所おけら長屋2


本所おけら長屋 (PHP文芸文庫)本所おけら長屋 (PHP文芸文庫)
(2013/07/17)
畠山 健二

商品詳細を見る



本所亀沢町にある「おけら長屋」は、

大家の徳兵衛、米屋奉公人の八五郎、

後家女のお染など、ひと癖ある店子が入り乱れて毎日がお祭り騒ぎ。

それもそのはず、お金はないけど人情に厚く、

かっとくるけど涙もろい。

自分より他人のことが気になって仕方がない。

こうした面々が、12世帯も軒を並べているのだ。

鉄斎がやってきた。

津軽の某藩を辞去し、江戸へ流れてきたのだ。

剣の腕がたち、冷静に物事に対処できる鉄斎は、

おけら長屋の連中が頼りにする心強い「旦那」。

鉄斎を迎えて、何かと騒がしい長屋の面々が遭遇する事件とは……。


著者は、本所育ちで演芸の台本などで複数の受賞歴を誇る手練の書き手。

今回は満を持して、文庫書き下ろし時代小説に初挑戦。

2013年本屋大賞作家・百田尚樹氏も「

この小説には、やられた! 」と太鼓判の出来ばえ。

江戸落語さながらの笑いと人情にあふれる作品世界をとくとご堪能あれ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「江戸は面白いところですなあ。

まだ半日だというのに、

次々と事件が起こる。

自分たちの振る舞いが、

天に恥じないことならば、

なんとかなるはずです」

この手の話に弱い八五郎が泣き出した。

「島田の旦那、あっしは旦那に惚れました。

あっしら三人、命に換えても、

お幸ちゃんを守ってみせます」


・・・・・・・・・・・・・・


本所おけら長屋(二) (PHP文芸文庫)本所おけら長屋(二) (PHP文芸文庫)
(2014/03/10)
畠山 健二

商品詳細を見る



笑いあり、涙あり。

テンポのいい会話と肩の凝らない文体で、

「新しい時代小説だ! 」と大好評を博した

『本所おけら長屋』の続編がついに登場。

お騒がせコンビ万造・松吉に、振り回される大家の徳兵衛、

わけあり浪人・島田鉄斎に左官の八五郎、おかみさん連中……。

「人情に厚く、おせっかいで大間抜け」な江戸っ子パワーはさらに倍増。

婚礼を控えた久蔵とお梅を思うあまりの

万松(万造・松吉の略)のおせっかいが大波乱を巻き起こす「だいやく」、

万造と迷子の勘吉との胸に迫る交情を描いた「まよいご」、

鉄斎の元主君・高宗が長屋を訪れて大騒動になる「こくいん」など、

読みだしたら止まらなくなる力作6篇を収録。

前作以上に、笑える、泣ける、温まるの江戸落語さながらの世界を、

小説で表現した意欲作。

『永遠の0』の百田尚樹氏をして「あかん、泣いてもうた! 」と

感嘆せしめた絶好調の連作時代小説シリーズの第2弾、満を持しての登場。

文庫書き下ろし。

・・・・・・・・・・・・・・・・


「人は血でつながってるんじゃねえ。

心でつながってんだ。

このおけら長屋の連中を見てみろ。

もとはみんな他人じゃねえか。

なのにこうして他人のことに必死になってやがる」

「あんた、重い荷物を一人で背負い込む気なのかい。

おけら長屋は何のためにあるんだい。

その重い荷物を、みんなで少しずつ分け合うためだろ。

この長屋に住む貧乏人はね、

そうやって生きていくのさ」

・・・・・・・・・・・・・・・

いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1734位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
704位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント