FC2ブログ

向田 邦子 「父の詫び状」


父の詫び状 <新装版> (文春文庫)父の詫び状 <新装版> (文春文庫)
(2005/08/03)
向田 邦子

商品詳細を見る



宴会帰りの父の赤い顔、母に威張り散らす父の高声、
朝の食卓で父が広げた新聞…
だれの胸の中にもある父のいる懐かしい家庭の息遣いを
ユーモアを交じえて見事に描き出し、
“真打ち”と絶賛されたエッセイの最高傑作。
また、生活人の昭和史としても評価が高い。
航空機事故で急逝した著者の第一エッセイ集。


・・・・・・・・・・・・・・・

祖母が「お父さんから手紙が来てるよ」というのである。
巻紙に筆で、いつもより改まった文面で、
しっかり勉強するようにと書いてあった。
終わりの方にこれだけは今でも覚えているのだが、
「此の度は格別の御働き」という一行があり、
そこだけ朱筆で傍線が引かれてあった。
それが父の詫び状であった。

・・・・・・・・・・・・・・・

父は昔の人間としては体も大きく、
野球やピンポンは子供たちが束になってかかっても
かなわなかったが、自転車だけは駄目だった。
関東大震災の時、
逃げる時は友人の自転車を借りて逃げたが、
返す段になったらどうしても乗れない。
仕方がないので一日がかりでかついで返しにいった
と言う人である。
自分が不得手だったせいか、
女の子が自転車に乗ることをひどく嫌った。
「あれは女が乗るものじゃない。
どうしても乗りたいのなら
自動車か馬に乗れ」

・・・・・・・・・・・・・・・

暗い不幸な生い立ち、
ひがみっぽい性格。
人の長所を見る前に欠点が目につく父にとって、
時々、間の抜けた失敗をしでかして、
自分を十二分に怒らせてくれる母は、
何よりの緩和剤になっていたのではないだろうか。
「お母さんに当たれば、
その分会社の人が叱られなくてすむからね」
と母はいっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1231位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント