FC2ブログ

北 重人 「火の闇」


火の闇 飴売り三左事件帖 (徳間文庫)火の闇 飴売り三左事件帖 (徳間文庫)
(2011/09/02)
北 重人

商品詳細を見る

金が、金のあるところにしか 回らない。盗人も横行、百姓が逃散する時代、家中の権力争いに巻き込まれ、武士を捨てた飴売り三左。顔はいかついが、笑顔は天下一品。腕が立ち、肝も据わり、頼りになる。市井のもめ事・難事件を鮮やかに処理。殺人事件の下手人捜しから、敵討ちの助っ人、よろず決着。 三左がなぜ、武士から飴売りになったのかといういきさつを描いた絶筆118枚の「火の闇」他、5編を収録。 その急逝が惜しまれる珠玉の作品集。

・・・・・・・・・・・・・・・

三左がなぜ武士を捨てたのか・・・

妻の小紋と後輩の与十郎との関わりは・・・

短編になっていて、最後の章で明かされます。

きっぱり武士を捨てた潔い三左。

与十郎の思いと小紋への想いを身を持って守り抜いた三左。

良い物語でした・・・。

北重人さんはこの小説を最期にガンで亡くなりました・・・。

そう思うと、しんみりとした気持ちになりました・・・。



いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3458位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1419位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント