FC2ブログ

藤沢 周平 「日暮れ竹河岸」


日暮れ竹河岸 (文春文庫)日暮れ竹河岸 (文春文庫)
(2000/09)
藤沢 周平

商品詳細を見る


戸の十二カ月を鮮やかに切りとった十二の掌篇と
広重の「名所江戸百景」を舞台とした七つの短篇。
それぞれに作者秘愛の浮世絵から発想を得て、
つむぎだされた短篇名品集である。
市井のひとびとの、陰翳ゆたかな人生絵図を
掌の小品に仕上げた極上品、全十九篇を収録。
これが作者生前最後の作品集となった。


どうしてこうも切ない男と女の人生があるのか・・・

もうやり直せない人生に後悔する人・・・

やり直し歩み出せるのに足踏みしてしまう人・・・

暮らしに追われ自分を諦める人・・・

それぞれの思いと想いが7~8ページだけの短篇の中に

凝縮されて秀逸です。

風景が目に浮かびしばしタイムスリップできました(笑)

装丁がとても素敵です。



いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2570位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント