FC2ブログ

宮部 みゆき 「ぼんくら上・下」


ぼんくら(上) (講談社文庫)ぼんくら(上) (講談社文庫)
(2004/04/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


「殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」―江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺された。その後、評判の良かった差配人が姿を消し、三つの家族も次々と失踪してしまった。いったい、この長屋には何が起きているのか。ぼんくらな同心・平四郎が動き始めた。著者渾身の長編時代ミステリー。


ぼんくら(下) (講談社文庫)ぼんくら(下) (講談社文庫)
(2004/04/15)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


「俺、ここでいったい何をやっているんだろう」。江戸・深川の鉄瓶長屋を舞台に店子が次々と姿を消すと、差配人の佐吉は蒼白な顔をした。親思いの娘・お露、煮売屋の未亡人・お徳ら個性的な住人たちを脅えさせる怪事件。同心の平四郎と甥の美少年・弓之助が、事件の裏に潜む陰謀に迫る「宮部ワールド」の傑作。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょうど今NHK「木曜時代劇」で放映されていますね。

読み始めていたので話がついていけてます。

ドラマのキャスティングとしては岸谷五郎は適役と思いました。

美人の奥方も申し分なし。

お徳の松坂慶子は驚きの大根・・・

こんなに演技下手でしたっけ・・・

佐吉は朝ドラ「純と愛」の純役の風間俊介君。

穏やかな演技で彼は適役。

美少年の弓之助は、美少年と言うより「可愛い」ですね。

どうしてもドラマになると

読み手本位にイメージしますから

不満が出るのが当然ですものねぇ。

私的にはお徳さんは藤山直美さんだったら最高ですネ。

宮部みゆきさんの長編小説は、

ぶっちゃけ「くどい!」

上・下を設ける程の内容はないよう~。

ミステリーって程の緊迫感や謎解きもない・・・

前回読んだ「本所深川ふしぎ草紙」のような短編の方が

宮部さんには合っていると思う・・・

と思うのは私だけかな・・・

途中から登場した茂七親分の手下の政五郎は魅力的でした。



いつもありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1357位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント