FC2ブログ

高田 郁 「あきない世傳(せいでん) 金と銀 源流篇」

51GFhzd1VkL._SX344_BO1,204,203,200_
物がさっぱり売れない享保期に、
摂津の津門村に学者の子として生を受けた幸。
父から「商は詐なり」と教えられて育ったはずが、
享保の大飢饉や家族との別離を経て、
齢九つで大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ出されることになる。
慣れない商家で「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆でありながら、
番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心を惹かれていく。
果たして、商いは詐なのか。


・・・・・・・・・・・・・・・・

「商いは、『買うての幸い、売っての幸せ』が信条やて、
私はいつも言うてますやろ?」


・・・・・・・・・・・・・・・・

智恵は、生きる力になる。
智恵を絞れば、無駄な争いをせずに、
道を拓くことも出来る。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

「悪いことして、流を乱す奴も居る。
洪水もあれば渇水もある。
けれど、真っ当な問屋も小売も、
それを生業に生きるさかい、
誰の汗も無駄にせんように心を砕く。
それでこそ、ほんまもんの商人だす。」

・・・・・・・・・・・・・・・・

暖簾というのは、単に屋号を染めた布ではない。
弛まぬ精進により礎が築かれ、
長きにわたって信用や信頼を寄せられるもの。
言わば、その店の魂そのものだ。
ならばこそ、商人は何よりも暖簾を重んじ、
暖簾に傷がつくことを、ああまで恐れるのだ。
そうした暖簾に対する信用こそが、
紙にまでも金銀と同じ値打ちを与えるのだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・

みをつくし料理帖シリーズは、みをの料理を通しての成長物語。

今回の新シリーズでは、「幸(さち)」が呉服商に9歳で奉公に入り、

女子衆(おなごしゅう)として台所や雑用仕事に明け暮れる日々から、

商売というものに対する心構えを勉強して成長する物語。

まだ9歳という幼い幸にとっては辛い日々のはずも、

店主の祖母や番頭、三男の智蔵に目をかけてもらうことにより、

探究心の強い幸は商いについて真剣に勉強し励む事ができます。

個人的に、みをつくしでも感じましたが、

今回も大阪弁の語り口なので、少々頭に入りにくく、

スムーズに読めないのがもどかしいです。

ストーリーとしてはこの先が何となく想像がつくような、

いわゆる、「よくある物語」の流れです。

それでも幼い幸のこれからの成長ぶりが楽しみな物語となっています。




いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2559位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1063位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント