FC2ブログ

平岩 弓枝 「花のながれ」



ダウンロード

昭和四十年の暮れ、
上野、池之端にある江戸から続く老舗糸屋の当主・清兵衛が亡くなった。
あとに残されたのは美しき三姉妹―
長女として老舗を守るしっかり者の藤代、
のんびり屋の次女喜久子、
そして若くて活発な末っ子の桃子。
下町人情の機微に揺れながら、
三人の娘がたどる三者三様の愛と人生の哀歓を描く表題作ほか、二編。


・・・・・・・・・・・・・

1.女の休暇
2.ぼんやり
3.花のながれ

・・・・・・・・・・・・

三篇収録されているのですが、

「女の休暇」は農家の嫁としての女性像を描いています。

手際良く家事・農作業・舅姑の世話・夫と子供への気配りと

自分の事はさて置き、毎日働く香久子。

口癖が「もったいない」。

毎日忙しいのに手抜きをせず家事をこなすお嫁さんの有難さを描いています。

「週に一度は休みが欲しいとか、いろいろね・・・
でも、主婦の生活に休みがあると思うのも間違いですわね。
主婦の休みってのは自分で作らなけりゃ駄目なんです。
そのために要領よく仕事を片づけなけりゃ・・・
仕事を放り出しておいて、のらくらしているのを、
主婦の休みだと私、考えていませんの。
そんなの、怠惰なだけで生活になんのプラスにもなりゃあしません・・・」


・・・・・・・・・・・・・・・

「ぼんやり」は女性としても妻としても先天的な性格と不器用さが

家族や友人からもぼんやりだとイライラさせてしまう「きく子」。

働いても周りに迷惑をかけて数日でクビになるし、

嫁さんからも邪魔扱いされるし、だからと言って頑張る気がない人。

しかも数日とは言え、働いた分のお給料をもらった日に掏られてしまい、

オロオロしながら泣きだしそうになっていても、

世間の人々は誰も振り向きもしないというオチです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「花のながれ」は、組紐の老舗の三姉妹の人間模様を描いています。

長女の藤代の、店や財産や跡継ぎ問題の揉め事よりも、

自分のしたい仕事に生きがいを求め一人立ちを選ぶ潔さが心地良いです。

それでも藤代の少々男性に対するウブさと浅はかさが残念な描きかたでした。

女性として魅力的過ぎる表現もウブさに違和感あり。

次女の喜久子の方がしたたかで、肝が座っている感じでした。

三女の桃子は、現代っ子の描きかたですが、

姉の藤代に対する思いやりや鋭い観察力に

むしろ、一番可愛いくて自然な女性と感じ好感が持てました。

藤代を巡って二人の男性が近寄りますが、

一人は、財産と店目当て、一人は別居中の身。

人間模様も複雑で読んでいて面白かったです。






いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1315位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント