FC2ブログ

奥田 英朗 「向田理髪店」

無題
北海道。寂れてしまった炭鉱町。
通りにひと気はないけれど、
中ではみんな、侃々諤々(かんかんがくがく)。
心配性の理髪店主人が暮らす北の町は、案外にぎやか。
身に沁みて、心がほぐれる物語。

・・・・・・・・・・・・・・
過疎の町「苫沢町」で起こる、

過疎ならではの問題を皮肉と笑い、

そしてホロっとさせられる日常を描いています。

年寄りばかりになってしまった町に若者が少なくなるも、

逆に町に戻って自分達で盛り上げようとする者も現れます。

向田康彦の息子和昌もその一人。

戻って来たところで先のない寂れた町に、

父親として息子へ期待するなと言いたいのですが、

青年団の若者たちは

「おれたちだって現実が厳しいことぐらいわかってるべや。

でも何かやりたいのさ。

おじさんたちに迷惑はかけねえから、

好きにやらせてくれてもいいんでないかい」と言います。

父親世代は、何度も町を立ち直らせようと奮起した経験があり、

結局寂れの進行を止める事が出来なかった事を

息子達世代に言って聞かせようとしていたのですが、

自分達が思っている以上に息子達は大人でしっかりしていました。

何より、物語の最後に

「昔は何かあるとつまはじきだったそうだけど、

これからの小さな町はちがうべ。

みんなが仲良く暮らせる偏見のない町作りだべ」と言います。

どのように活性させて行くのか、

また、ちょっとしたいざこざへのお互いの思いやりと団結力に、

続編を期待したいオススメの面白い一冊でした(^^)



いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1734位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
704位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント