FC2ブログ

高田 郁 「あきない世傳金と銀③」

無題
大坂天満の呉服商「五鈴屋」の女衆だった幸は、
その聡明さを買われ、店主・四代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、
夫を不慮の事故で失い、十七歳で寡婦となる。
四代目の弟の惣次は「幸を娶ることを条件に、五代目を継ぐ」と宣言。
果たして幸は如何なる決断を下し、どのように商いとかかわっていくのか。
また、商い戦国時代とも評される困難な時代にあって、
五鈴屋はどのような手立てで商いを広げていくのか。
奔流に呑み込まれたかのような幸、
そして五鈴屋の運命は?大好評シリーズ、待望の第三弾!


・・・・・・・・・・・・・・・・・

一巻と二巻も読んだはずなのですが、おぼろになってしまい

イマイチどんな物語だっけ?と思い出しながら読みましたが、

それだけなんとなくモヤっとする今回のシリーズと感じています。

なんかちょっと幸が良すぎないか?

ここぞっていう時のポイントやアイデアを出し過ぎ。

控え目にしていながらなぜか幸の思う方向へ導くわけなんですが・・・

しかもどうしても幸のキャラクターがはっきり目に浮かんで来ません。

18~20歳になった幸が大変な美貌となっているのは分かるのですが、

そういう事じゃないんですよね。

物語としての幸の成長が見たいわけなんですよね。

夫婦となった惣次と幸の寄り添う愛情が老舗店成長の為だけって感じ。

残念な事ばかり言っちゃって~申し訳ないですm(__)m

何だかんだ言いながらも次巻も読むでしょう(^^)

頂いた図書カードで買った本なのに文句言ってすみません(^^)m(__)m



いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1315位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント