ペットの猫は成長記録として。本は印象に残った一節や感想など。あとは我が家のご飯とか・・・
2017年03月19日 (日) | 編集 |
006_20170319211910980.jpg
二冊読了。

一冊は動物を使ったストーリーが読めるお涙頂戴物語。

装丁が華やかで特に若い女子は手にとりやすい。

個人的にはライトノベル系の装丁が苦手。

ドラマ・映画にもなった作品も複数ある人気作家さんなので

好きな人は多いと思います。

感受性豊かな人には再読したくなる本と思いますが、

もう感受性も底をついたお年頃なワタクシには泣けませんでした・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一冊は登場人物とストーリーにひねりを入れているミステリー系。

こちらも人気作家。

ドラマ・映画にもなった作品も複数。

読み手を戸惑わせて、

「なになに次どうなるの?」手法の一気読み推奨本。

もって行き方は独特の世界観のある人なので

さすが人気作家さん、工夫があると思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

世間の書評ではどちらも高評価。

失礼ながら、わざわざ題名も出さず裏に臥せているのは・・・

単純に私の好みではなかったからです(^^)



いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可