FC2ブログ

西條 奈加  「まるまるの毬(いが)」

007.png
親子三代で商う和菓子屋「南星屋」

女房を早くに亡くした治兵衛は、

出戻りの一人娘のお永と孫のお君の三人で

趣向を凝らしたお菓子作りをして日々穏やかに過ごして居ます。

タイムスリップしてぜひ行って見たいなぁと思わせます。

中盤から家族にとっての大きな出来事が起こり

孫のお君は悲しみます。

その悲しみを乗り越えたのは

治兵衛のお菓子作りでした。

そしてお君はおじいさんの菓子作りを継ぎたいと決心します。

治兵衛の周りの人々のキャラクターも素敵ですし、

眼に浮かぶ風景がほのぼのします。

辛いことや悲しい事も家族で乗り越えると言う

逞しくも優しい物語に読後感も爽やかになりました。

吉川英治文学新人賞受賞作品だそうです。



いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1315位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント