FC2ブログ

映画 「台北に舞う雪」

本日の映画は台湾映画です。

台北に舞うゆき 

2010公開。

監督:中国フォ・ジェンチィ

    (「山の郵便配達」で日本でもヒット)

脚本:田代親世(たしろちかよ)氏。

出演:チェンボーリン(モウ役)

    トン・ヤオ(メイ役)

    モー・ズーイー(新聞記者)

    トニーヤン(メイのプロデューサー)

東京国際映画祭コンペティション部門公式出品

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

優しく切ないほんのひとときの恋物語です。

台湾の風景を美しく撮影していて

カメラワークも素晴らしいと思いました。

台北に舞う雪20



台北に舞う雪2


台北に舞う雪3




台北に舞う雪6

物語は、ある新人歌手メイが失踪します。

精神的原因で声が出なくなってしまい失意の失踪。

台北から電車で数時間のチントンという小さな片田舎に

やって来たメイ。

そこにはモウという青年が小さな町の便利屋さんとして

毎日町の人々のお役にたちながら働いていました。

モウ青年は小さい頃に父親が亡くなり、

その後、母親がモウ少年を置いて出ていきます。

祖父に育てられましたがその祖父も間もなく亡くなり、

たった一人になったモウ少年を

この町の人々が世話をして育ててくれました。

その恩返しの為にモウ青年は町のどんな小さな雑用も

厭わず働いて毎日を過ごしていました。

年寄りのお医者さんの家には毎日寄って声をかけます。

年寄り医者はこの町から離れるよう勧めますが

モウ青年は母親が戻って来るのを待っているからと

町に留まります。

小さい時に祖父が「台北に雪が降ったら願いが叶うんだよ。」

と教えてくれました。

いつか台北に雪が降るのを待っているのです・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この映画では悪人が一人も出て来ません。

みんな優しくて思いやりある人ばかり。

失意のメイと出会ったモウ青年は、

メイの為に部屋や医者や治療の為に一生懸命尽くします。

五月
鏡に五月(メイ)と書くモウ(チェンボーリン)。

メイって台湾でも「五月」って書くんですねぇ。

優しい出会いの二人は互いに惹かれあいます。

台北に舞う雪7
優しい笑顔のメイ(トン・ヤオ)。

誰かに似てるなぁと思ったら、チャンツィイーに似てるんですね。

リトル「チャンツィイー」と言われているんだとか。
チャン

確かに似てますねぇ。

自然な美人系で品のある女優さん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて優しい二人は惹かれあいますが

なにせ片や芸能人。しかも売り出し中の歌手メイ。

モウ青年もメイもお互いの想いを伝える事も

求める事もしません・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食堂の手伝いをしながら心と喉の治療に

専念するメイの前に、

ある日新聞記者モーズーイーが登場します。

失踪した歌手の記事を書くため探していたのです。

台北に舞う雪4
イケメンの新聞記者役のモーズーイー。

追いかけて来ますが、いやがるような事はしません。

メイとモウ青年の事を知った新聞記者は

二人を見守るようになります。

この人は演技の上手さが突出していました。

台北に舞う雪22
この人も誰かに似ているなぁと思ったんです・・・

私だけかもしれませんが、嵐の二宮君に似ているような・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局歌手のメイはモウ青年や町の人々のおかげで

精神的に癒され声が出るようになり、

プロデューサーのもとへ帰る事になりました。
台北に舞う雪21
このプロデューサーの事をメイは好きだったわけです。

想いを伝える事はなく一人思い悩み声まで出なくなった・・・

でもモウ青年たちのおかげで声を取り戻してからは

メイは歌う事に集中し頑張るわけですねぇ。

モウ青年とお別れのシーン。
台北に舞う雪10


絵画のようです・・・
台北に舞う雪11


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、モウ青年のその後は・・・

母親も出て行き、メイも行ってしまった・・・

「失踪する人は、実は誰かに探して欲しくて失踪するんだ」

ある日そう気が付き、

自分の母親も探して欲しいのではないだろうか・・・

その思いで母親を探しに町を出て行きます・・・

それから時間が経過し、

メイがモウ青年に会いにチントンへやって来ます。

しかしそこには、

いるはずの住人がいなくなっていました・・・

年寄りのお医者さんは自宅が火事になり亡くなっていました。

その時の消化作業中の消化ホースから浴びる

雪のような泡が幻想的・・・

台北に舞う雪13
まるで本物の雪のように・・・

雪が台北に降り出したように思ったモウ・・・

失踪した母親が自分の元へ戻る姿の幻想が

とてもせつなく映し出されていました・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台北に舞う雪16
最後のシーンは、

メイとモウが再会するみたいですねぇ。

二人でランタンを空に浮かす場面も綺麗です。

想いや願いを込めて二人で笑顔。

それからの二人がどうなるのかは

観ている人それぞれが想像して欲しいと言う感じで終わります。

台北に舞う雪14

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映像の美しさで癒される映画でした。

ストーリーは特に面白さはありません。

メイ役のトンヤオさんの演技は正直下手です。

モウ青年役のチェンボーリンは

素朴な好青年をやらせたらピカイチと思います。

笑顔がとてもさわやかで可愛いです。

プロデューサー役のトニーヤンは

人気俳優さんなのだそうですが、

今回の役は似合っていなかったように感じました。

もう少し毒のある雰囲気の人の方が良かったかも。

別の作品でどんな演技をするのか観てみたいと思いました。

やはり突出して良かったのが新聞記者のモーズーイー。

演技がうまくて観ていて安心できましたし、

むしろ主役を食っていました。

イケメンと美女の二人の絵になる場面を抜きにしたら

魅力的な演技は彼だけだったと思います。

またほんの少しだけしか出演しませんでしたが、

メイの代わりに歌を録音する歌手のシーン。
台北に舞う雪19
この人、歌がとっても上手!

声量あって声が魅力的。

メイ役のトンヤオさんは可愛いアニメの女子系の声なんですが、

こちらのかたの声は小柳ゆき系なんです。素晴らしい声量。

ほんの一小節しか歌いませんが、

ワタクシは見逃しませんでしたヨ!(ってか)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にも素敵なシーンを少し・・・


台北に舞う雪8
モウ青年と新聞記者が対面したシーン。

カラフルなのれんから覗くようなカメラワークが素敵。



メイが皿洗いの手伝いをする町の食堂。
台北に舞う雪18
ここでも食堂のおばさんが家族のように親身になってくれます。



この映画の時のチェンボーリン君は26歳。
台北に舞う雪9
現在は34歳位でしょうか。

自然体の演技がとても似合う人ですねぇ。

感想:★★★★4つ

一つ足りないのは、メイのPVですか?って感じの

シーンが後半にあるのですが、

ストーリーの中では不要じゃないかなぁと思ったので・・・


いつもありがとうございます

関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1734位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
704位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント