FC2ブログ

佐藤 秀峰 「特攻の島9 完結編」

無題

『生還を許さない兵器』

人を魚雷に乗せると言う

前代未聞の水中特攻兵器「回天」。

この兵器は実在した。

・・・・・・・・・・・・・

俺は死が怖い…

理由は死に意味を見つけられないからだ。

もし死ぬことに何か意味を見出せれば、

死は単なる恐怖ではなくなるはずだ。

そして死に意味を見つけられるのは、

生きる意味を見つけられた人間だけなのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・

死を恐れているんじゃない。

犬死にを恐れています。

すでに親はなく、兄弟もなく、友もいない…

大海を漂う木の葉のように名もなく、何者でもない…

俺は俺だ。

誰からも強制されず、自らの意志で戦うのだ。

誰の為でもない。

俺の為に俺は戦う…

これは俺が俺になるための戦いだ。

早く出撃させてくれ。

心が焼き付きそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・

「この兵器で貴様達を死なせることに

本当に意味はあるのか?」

「たとえどんな死に方であろうと、

自分の死に意味が持てるかどうかは個人の問題に過ぎません。

ここで命を燃やします」

「何のために?」

「俺自身の人生を俺のものにするためです」

・・・・・・・・・・・・・・・

主人公の渡辺。

まだ10代の若者が直面する生と死の意味。

回天特攻隊員達が遺した遺書の中に

渡辺の遺書もあります。

しかし渡辺の遺書は艦長に宛てたものでした。

「本土基地隊の皆様に伝えて下さい。

基地隊の皆様、

どうか生きて帰った者を温かく迎えてやってください…

涙を呑んで帰るのです…

どうか温かく迎えてやってください。

先に逝く私には、

このことだけが、ただ一つの心配事なのです。」

・・・・・・・・・・・・・・・

1〜9巻までの表紙の絵の渡辺の変遷は、

最後の最後に分かります…

生きて生還した艦長が

渡辺の遺した自分を描いたスケッチブックを

一ページ一ページめくりながら渡辺への思いを語ります…

そして…

この漫画の最後のページに

作者佐藤秀峰さんの一番言いたかった言葉が

大きく描かれています。

圧倒的な画力でリアルに描かれた特攻の島。

普段漫画は読みませんが、

この特攻の島だけは新刊を待ちわびました。



いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2570位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント