FC2ブログ

藤原 緋紗子 「番神(ばんじん)の梅」

FullSizeRender (17)
桑名藩から飛び地・越後柏崎へ赴任してきた若い夫婦。二人を待っていたのは、厳しい陣屋の暮らし、海鳴り止まぬ過酷な環境だった。勘定や検見の仕事に忙殺される夫、渡部鉄之助。そして古着の着物さえ買う余裕のない妻、紀久。桑名に長男を残してきた夫婦は、故郷から持ち込んで番神堂に植えた梅の苗木に望郷の念を募らせていく。子を想いながら、日々を懸命に生きた女の一生が胸を衝く!

・・・・・・・・・・・・・・・・

感動と言うよりもあまりに過酷で切なすぎて

ホロホロと泣けました・・・

ジ~ンとした寂しく哀しい物語です・・・

史実を基に実際に存在した

幕末の下級武士家族をモデルにした物語だそうです。

・・・・・・・・・・・・・・

女性の視点から描かれた困窮する生活ぶりが

大変リアルに描かれています。

妻「紀久」の苦労は物質的な事もさることながら、

幼い長男を夫の実家に預けて

柏崎陣屋へ移り住まなければならなかった事で

毎日毎日長男を思っては胸を痛めます。

日々の長男の成長ぶりは義父と夫の手紙だけで知り、

何度も何度も読み返し励みにするんですねぇ。

長女で赤ん坊だった娘の世話や日々の苦しい暮らしぶりに

紀久はだんだんと体も心も弱って行きます。

・・・・・・・・・・・・・・

女性にとって古着一枚・下着一枚買えないと言うのは

大変な恥ずかしさと辛さがあります。

嫁入りの時に持参した外着1枚の他は

一年中、色あせた綻びのある古着で過ごす紀久。

自分より夫と子供達の為に我慢し続ける紀久に

そこだけ読んでも涙が込み上げます。

紀久は気丈に家族を支えますが

次男が生まれてまもなく疱瘡にかかり、

季節をまたいでの看病の日々は、

寝る時間もなく風呂にも入らず

髪をとかす事もせず、

自らの身だしなみも出来なくなり、

看病と暮らしの苦しさから

紀久はやせ細り起き上がれない程衰弱してしまいます。

・・・・・・・・・・・・

夫の鉄之助が大変真面目で誠実な人格なので

妻がほとんど起きられなくなった時期を

鉄之助は仕事に家事に看病にと全てやる所が

単なる亭主関白の時代の夫とは違う素晴らしい夫です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

次男の病気が完治し、

紀久も起き上がれるようになると

弱い体ながら内職を続けます。

苦しい日々に耐えながら夫と子供達の為に

頑張る紀久。

・・・・・・・・・・・・

その後、次女「りん」が生まれます。

ところが「りん」は生まれてほどなく亡くなってしまいます。

紀久にのしかかる不運と苦労は果てがない・・・

紀久は身も心も押しつぶされてしまいます・・・

・・・・・・・・・・・・

桑名から柏崎へ赴任する時に持ち込んだ

梅の木を移植した紀久。

梅の花が咲いたら桑名藩の実家に戻れると願をかけ

毎年咲く事を願った紀久でしたが

梅の花は翌年も更に翌年も咲きませんでした・・・

・・・・・・・・・・・・・・

長男にも会えず、娘を亡くし、

日々の暮らしに苦労し続けた紀久。

・・・・・・・・・・

紀久の命がほとんど絶えようとしていた矢先・・・

夫である鉄之助が昇進し、家禄も加増される事を

言い渡されました。

鉄之助は急ぎ紀久の為に着物を用意させます。

梅の花が描かれた美しい着物を紀久に渡します・・・

・・・・・・・・・・・・

紀久にとっての梅の花とは希望であり

望郷であり自分の人生への

投映だったのではないでしょうか。

紀久は女性として最後の最後まで

凛として生きました。

女として妻として母として

紀久の命は梅の花のように美しかった・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

紀久と夫の最後の場面・・・

ここからが感動と涙でした・・・

夫鉄之助への最後の言葉・・・

感謝の言葉で締めくくる紀久に、

読後手を合わせしみじみとしました・・・。

大変心に残る素晴らしい物語。

ぜひお読み頂きたい作品と思いました。。




いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1315位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント