FC2ブログ

古内 一絵 「きまぐれ夜食カフェ」

無題

4つの短編集。

それぞれの人が持つ悩み・迷いを
「マカン・マラン」のお店のオーナー「シャールさん」が
食事で前向きにしてくれるお話しです。

70歳過ぎのおばあちゃんの比佐子さんのお話が
身近に感じ、ほんわかしました。

年齢的に近いからか(笑)

比佐子さんは終活の準備を始めていました。

終活ノートに書き込んで行くうちに
小さい頃からを回想して行くのですが、
時代が時代だった事で、
幼い頃から結婚するまで
自分を出せなかった比佐子さん。

中でも悔しい思いをした
お見合い結婚生活は他人の中の自分でした。

昔はそんな結婚生活を我慢しましたもんねぇ・・・

結婚して三年過ぎても子供が出来ない事で、
病院へ行くよう勧められるのですが、
夫と二人で受診するのかと思ったら比佐子さんだけで、
夫は「バカにするな!」と激怒するんですねぇ。

しかも義父母たちからは、
比佐子さんが嫁に来た事を
「外れくじを引いた」と言われてしまいます。

我慢が出来ず嫁ぎ先から逃げ出した
比佐子さんの味方になってくれたのはただ一人「祖父」でした。

「どこへもいく必要はない。
比佐子はここにいればいい」

比佐子さんは終活ノートを作る事で
自分の人生の整理をしようとしますが、
マカン・マランのオーナー「シャール」が言います。

「いくら準備をしたところで、
なにもかもが計画通りにいくわけじゃないわ。
それが人生ってもんじゃないかしら」

そして一つ一つの素材を活かしたお料理を
比佐子さんに食べさせます。

今を大切に・・・
一日一日に喜びと感謝を持って過ごす事の大切さを
お料理を通して励ますんですねぇ。

この物語にキジトラ猫ちゃんが登場するのですが、
比佐子さんは猫の事をこんな風に表現しています。

「この世のすべての可愛らしさを集めて毛糸を作り、
編み上がった個体にほんの一滴 
“陰湿” を垂らすと猫になるのではないかと思う」

おぉ~!言い得て妙であります!(^^)

またシャールさんの人間の再生については・・・

「人間を素粒子レベルで考えると、
一年間で、人ってまったく新しい素粒子に入れ替わるんですって。
そう思うと誕生日っていくつになってもすごいわねぇ」

シリーズになっているこちらの物語は、
いろいろな人の物語が描かれているので、
読み手の年代や状況で琴線に触れる事と思います。

表紙の絵も素敵ですねぇ。



いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1315位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント