FC2ブログ

水上 勉  「父と子」

水上勉父と子上




水上勉父と子下



高校で担任教師を小刀で刺してしまった息子と

児童本販売商売が

うまくいかない父親との二人旅を通して、

学校とは、社会とは何か、

そして現代の人間の生き方を問う物語。

物語は東北訛りで語られています。

父親竹一の育った環境は

「オンボー」と言われた

世間から格下に見られる仕事をしていました。

竹一の両親は、

今で言う所の「焼き場」いわゆる「火葬場」で

遺体を焼く仕事をしていた事で、

差別に遭います。

時代は約半世紀前の田舎の価値観。

人の嫌がる仕事を

貧しいながらも必死に全うした両親の元を

弟に任せて逃げるように東京に出て来た竹一。

結婚生活もうまくいかない中、

息子が担任の先生を刺してしまったと

連絡が入ります。

平謝りに謝る父親竹一ですが、

息子高志の言い分を聞くと、

理不尽な担任と校長の教育方針に、

無理に学校へ行かなくて良いと、

その日から息子と車での旅に出ます。

心を閉ざす息子高志と、

父親竹一の生まれ故郷で過ごす事で、

お互いの殻を破り男同士として語り合います。

父親竹一の弟妹達それぞれの人生を聞く事、

故郷で暮らす人々との触れ合いで教えられる事で、

息子高志は自分が犯した事件に対して向き合い

逃げる事なく将来の思いを決めます。

また父親竹一への苦労が理解できた事で

男として父親として尊敬するのでした。

作中、父親竹一の姉の百合が言います。

「親ってものは、

親の建前だけで苦しむ馬鹿なもんだ。

本音を言えばさっぱりするものを、

子供の年ごろは、お父やお母に反抗してたくせに、

自分のことは棚にあげて、

都合の良い建前で、

子を引き寄せようとしたって、

子はごまかしは見抜くだべさ…」

今の教育は、

聞き分けの良い子を育てようとしている。

上に立つものが役に立たない者だったら

どうするのか。

そんな役立たず者の為に

言いなりになる教育は間違いである。

自分をしっかり見つめ、

自分のやりたい本当の姿で

自立すべきだと語っています。




いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
958位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント