fc2ブログ

小林 多喜二 「蟹工船」

蟹工船

オホーツク海で操業する蟹工船「博光丸」では、

会社が国策の名のもと暴利をむさぼる一方、

労働者たちが過酷な労働を強いられていた。

やがて、彼らは団結して闘争に立ち上がる。

・・・・・・・・・・・・・・

やっと読む気になりまして

電子書籍で読みました。

・・・・・・・・・・・・・

昔で言うところの百姓一揆のような集団行動の実践と結果。

主役になる一人がいるのかなと思いましたが

漁夫・雑夫・火夫・監督・船長・・・

などという特定人物ではない描き方が

この労働者の中の一人として読み手が

参加しているように感じました。

・・・・・・・・・・・・・・

どんな最低な労働環境もこれ程ではないのでは・・・

あまりに過酷で理不尽で

労働者の命を「物」扱いしている。

・・・・・・・・・・・・・

共産主義とか資本主義とか

ワタクシには不勉強で理解出来ていない所が

多々ありますが、

労働組合なる組織作りのハシリになった

影響ある作品である事は理解出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・

そして「ブロレタリア文学」と言う言葉も知りました。

「虐げられた労働者の直面する厳しい現実を描いたもの」との事。

プロレタリアと言う意味は「貧乏人の俗称」との事。

まさしく時代を描く事は作家小林多喜二さんの

人生そのものも描いていたのだなぁと痛感・・・

・・・・・・・・・・・・・

現在の労働環境にしましても

忸怩たる思いで働いている人々も多いと思います。

しかし、その場のその立場になった人でなければ

同じ思いで行動は出来ません。

・・・・・・・・・・・

今はすぐに辞める方向で自分を守っていけば良い。

昔の学生運動なる行動は今はありえない日本人。

環境改善の為の集団行動は、大きな犠牲を覚悟。

蟹工船の時代の人々は

実践し勝ち取ったのだと思います。

・・・・・・・・・・・

冒頭の・・・

「おい地獄さ行ぐんだで!」が

物語の全てを語っている名文だと思いました。

・・・・・・・・・・・・

「マグロの刺身のような労働者の肉片が、

坑道の壁を幾重にも幾重にも丈夫にして行った。」

この文章が印象に残りました。






いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3041位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1262位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント