fc2ブログ

宇江佐 真里 「日本橋本石町やさぐれ長屋」

IMG_6238.jpg

日々カツカツ暮らしの長屋の住民達の物語。

6つの長屋の面々に起こるお話。

①時の鐘
②みそはぎ
③青物茹でて、お魚焼いて
④嫁が君
⑤箕屋町の旦那
⑥店立て騒動

特に
③の青物茹でて、お魚焼いてが好きです。

錺職人の亭主が浮気しちゃって、

家に戻らなくなり離縁の危機・・・

女房の「おとき」が飲み屋で働くようになり、

常連のお店勤めの手代に言い寄られ、

江戸から上方へ行こうと誘われる・・・

口車に乗せられた「おとき」は、

手代のつてで、

幼い息子と娘を奉公に出してしまい

身軽になります・・・

帰らぬ亭主にも見切りをつけ、

邪魔な子供たちもいなくなり、

手代と上方へ行く夜明け近くの朝・・・

奉公先から逃げて来た息子「作次」が

母親の後を付け、

体を張って母親「おとき」を止めます・・・

手代は息子に対して手を上げ罵り、

邪険にする姿を見た「おとき」は、

手代の下心がはっきり見え、

目を覚まします・・・

「おとき」は息子と娘を奉公先からつれ戻し、

今まで通りの暮らしをします。

息子は錺職人として

亭主の親方に住み込み、

亭主はその姿に

浮気相手の女と縁を切り、

「おとき」に詫びて家に戻る事になります。

「おとき」は

今までの当たり前の暮らしに感謝します・・・

亭主の好きな青物茹でて、

お魚焼いての暮らしが

どんなにか幸せであるか・・・

宇江佐さんの言葉や情景や心情表現が

目に見え、心に響くんですよねぇ。

息子「作次」が

母親を上方へ行かせないと

手代は歯向かう場面が泣けます。

親が子を想う気持ちと、

子が親を想う気持ちの深さに、

しみじみと感動しました。

これまた大好きな作品です!




いつもありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

cn7145

Author:cn7145
生れも育ちも仙台。外見も性格もとても地味。物があふれているのが苦手。食べ物の好き嫌いほぼ無し。本と猫好き。好きな言葉「喫茶喫飯」。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
7730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2815位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント